« 2012年11月4日 - 2012年11月10日 | トップページ | 2012年11月18日 - 2012年11月24日 »

2012.11.17

【第32節 広島戦】

Jリーグ vsサンフレッチェ広島(レッズオフィシャル)

11月17日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第32節 vsサンフレッチェ広島の試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ DIVISION1 第32節
2012年11月17日(土)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0(前半1-0)サンフレッチェ広島
得点者:41分 梅崎司、61分 鈴木啓太
入場者数:41,296人
試合速報


「精一杯の抵抗と意地」

やはり広島の選手達は、どこか動きに固さが見られていた。両サイドの攻防しかり、相手のエースストライカー佐藤寿人をしっかりマンマークで封じるレッズの選手達の意地と埼スタという独特の雰囲気に彼らは普段のプレーができずにいたように感じた。そしてレッズもここ数試合勝点3から遠ざかっている中で迎える広島とのリターンマッチは、ミシャサッカーの現在地を確認する上で負けられない一戦だった。

とかくレッズは、広島を徹底的にスカウティングしていた。共に師は同じゆえ、どこがウィークポイントでどこがストロングポイントなのかお互い分かりきっている中でも、相手より出足を早くすることで、ボールの出所を捉え相手の動きを封じ攻撃の目を摘んでいた。

しかしシステムの経験値は広島の方が上。レッズがサイドチェンジを多用し攻撃に転じようにもしっかりスライドして守備の枚数を増やしてゴール前での攻防を避けていたが、一瞬の閃きと判断の差が2ゴールに繋がったものだと思う。いずれも決して守備を崩したものではなかったが、それはこれまで混沌としていた鬱憤を晴らすかのような鮮やかなものだった。


ほぼ優勝争いから脱落し、3位死守も危うい中で迎えた一戦。とかく難しい試合だったが、選手達はこの1年ミシャの教えをしっかり吸収し、開幕戦で敗れた首位広島を相手に積み上げてきた成果を如何なく発揮した。たとえ優勝争いがどうであってもレッズは精一杯の抵抗と意地を見せた。さらにこれはお世辞だったのかもしれないが、ミシャサッカーの“先輩”でもある敵将にその成熟度の高さを認めさせた。

この勝利がこれまで苛まれてきた内容と結果のジレンマから解き放たれるのか・・・。それはACL出場を懸けたこの先の闘いに繋がっていると言っても過言ではないと思う。

Cimg9946 Cimg9961 Cimg9975

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.16

第32節 広島戦プレビュー

前節から中9日。W杯最終予選を挟んで、いよいよJ1は佳境に入る。明日はホーム埼玉スタジアムにサンフレッチェ広島と対戦する。

広島は現在、17勝7分7敗の勝点58で首位。前節はホームで札幌と対戦。この時点で仙台と同勝点だったゆえ、優勝には勝点3が絶対条件というプレッシャーがかかる中での試合だったが、17分に獲得したPKを森崎浩司がきっちり決めるとさらに31分、青山からのロングパスを受けた佐藤寿人がしっかりと決めて追加点。勢いをさらに加速していった。

後半に入っても相手を圧倒。シュート数が19対4にも表れているようにしっかりと攻めきり相手にペースを握らせることはなかった。86分にもCKから水本が頭で決めて結局3-0での圧勝。まさに首位という自信に満ち溢れた内容と結果だった。


一方のレッズは、前節はアウェーで川崎と対戦。相手の不慣れな3バックに対し、しっかり丁寧に中央から崩し、19分に柏木が先制点を奪うも、そのわずか3分後に自陣PA手前でFKを与えると、レナトが放ったキックはマルシオに当たりコースが変わってそのままゴールに吸い込まれてしまい同点。さらにその6分後の28分にまたしてもレナトのFKがゴール右隅に突き刺さりあっという間に逆転されてしまった。

追いつくべく前へボールを繋いでいくが、中盤で不用意なパスカットされる場面も目立ち、そこから一気にカウンターを浴びせられる場面も見られた。そんな中で34分にもレナトの個人技についていけずさらに失点を重ね前半を折り返した。

後半に入るとレッズはDF槙野が積極的に攻めあがるシーンが見られ、58分にようやく2点目を奪うものの72分に再びカウンターから山瀬に決められて万事休す。結局2-4で大敗しながら3位はキープしているものの、首位戦線はおろかACL圏内さえも危うい状況となった。


リーグ戦では9月末に柏に勝ってからは1分3敗。ここにきて足踏みが続いている。相手に対策を立てられるとそれを打ち破れないジレンマに苛まれているようにみえる。しかし選手達はミシャのサッカーに自信を深めており、それが結果と内容のアンバランスを生んでいる。そこにきて明日はそのお手本ともいえる広島との対戦というのは、ある意味運命的といっても過言ではない。

お互い同じシステムゆえ良くも悪くもミラーゲームの展開も予想されるが、経験値では広島のほうが一枚も二枚も上手であるのは間違いのない事実であり、順位がそれを反映している。開幕戦こそ結果は0-1だったが、選手達はその完成度の差を目の前で見せ付けられてからミシャの下でじっくりそのサッカーに取り組んでここまできた。明日は順位こそ1位と3位で離れているが、その差をどこまで埋められるのかじっくり注目したい。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第31節 (対川崎 ●2-4)
【広島】 Jリーグ第31節 (対札幌 ○3-0)

☆今季対戦
Jリーグ第1節(3/10) 広島1-0浦和 【広島】【浦和
ナビスコカップ予選第7節(6/27) 浦和3-0広島 【浦和】【広島

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.13

煽り

某所から教えてもらった「J1昇格プレーオフの煽り?PV」ですが、クオリティー高くてビックリ!

ちなみに公式はこちら。
「日本一残酷な、歓喜の一戦」というキャッチコピーもゾクゾク!?きますねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.12

入会と喪失

今日、Jリーグの臨時理事会で「V・ファーレン長崎」のJリーグ入会と、「FC町田ゼルビア」の会員喪失によるJFL降格が決まりました。

今シーズンからJ2とJFLの入れ替え制度実施により行われた措置ということで悲喜こもごもありますが、この制度によって22クラブという大所帯のJ2であっても、“中だるみ”みたいなものもなくなったように感じました。

Jリーグ昇格決定のご挨拶(長崎オフィシャル)
FC町田ゼルビアを支えて頂いているすべての皆様へ(本日のJリーグ臨時理事会を受けてのご報告)(町田オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.11.11

歓喜と悲劇

J2はいよいよ最終節。各地で全11試合が13時同時キックオフとなりました。

注目の昇格争いは、2位京都△(73→74)、3位湘南○(72→75)、4位大分△(70→71)、5位横浜FC○(70→73)、6位千葉○(69→72)で、結局自動昇格枠の2位は湘南。陥落の京都は3位となりプレーオフにまわることになりました。大分も痛恨の引き分けでプレーオフはアウェーでの初戦となりました。

そして来週からの「J1昇格プレーオフ」は、「京都-大分」、「横浜FC-千葉」との対戦となりました。

一方、残留争いは自動昇格に沸く湘南に敗れた町田が最下位決定。この日の夜にJFL2位の長野が藤枝に敗れてV・ファーレン長崎の優勝が決まりました。正式には明日のJリーグ臨時理事会にて決まりますが、これで初のJ2とJFLの入れ替えが実施されることになりそうです。

J2最終順位(Jリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月4日 - 2012年11月10日 | トップページ | 2012年11月18日 - 2012年11月24日 »