« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »

2012.08.25

【第23節 清水戦】

Jリーグ第23節 vs清水エスパルス(レッズオフィシャル)

8月25日(土)にエコパスタジアムにて行なれました、Jリーグ第23節 vs清水エスパルスの試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ・ディビジョン1 第23節 
清水エスパルス vs 浦和レッズ 
2012年8月25日(土)18:04キックオフ・エコパスタジアム
試合結果
清水エスパルス0-2(前半0-2)浦和レッズ
得点者:11分 梅崎 司、20分 阿部勇樹
入場者数:23,188人
試合速報


「15分間の集中」

指揮官はハーフタイムに「後半最初の15分、とくに集中すること。」と言って選手達を送り出した。それもそのはずであり、敗戦を喫した神戸戦を除いては、FC東京戦、鹿島戦に続いて前半を終えて2-0というスコア。そのいずれも開始15分以内に失点を喫しており、口酸っぱく言いたくなるも頷けた。

清水は守備が不安定だったDF犬飼からFW高原を投入。システムを2トップ気味に替え攻撃のスイッチを入れた。レッズにとっては、下がってボールを受けにくる高原の動きを捕らえるのにいささか難儀であったように見えたが、時間が経つごとに相手はサイドからの個の突破による展開が増えてくる。

レッズとしては対面の選手との間合いをとる中で、しっかり中央の守備網を引くことで決定的な場面を許すことなく、逆にカウンターの機会を伺う時間が増えたように見えた。

もちろん何度かカウンターで3点目を奪う機会もあった。後半のシュートが1本だけというのは、最後に打てない・・・という裏返しでもある。「奪えればもっと楽になる」というコメントにもあるように、選手達もそれは十分に分っているのであるから、疲労もあろうがもう少し突き詰める必要があるのかもしれない。

ただ選手達は指揮官の激に応え、後半の立ち上がりをしっかり集中して完封勝利という結果を残した。それはスコアや内容からも成長の証ととらえてもいいだろう。特に苦手である夏場での連勝は勝点6以上の価値があると思う。

これでエコパスタジアムでは実に2008年4月の磐田戦以来、約4年ぶりの勝利でようやく鬼門を打ち破った。そして次節は「さいたまダービー」。言わずもがな残暑とともに厳しい闘いはまだまだ続くのである。

Cimg9385 Cimg9397 Cimg9410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.24

第23節 清水戦プレビュー

8月のリーグ戦も最後。明日はアウェーエコパスタジアムにのりこみ、清水エスパルスと対戦する。

清水は現在、10勝4分8敗の勝点34で第8位。前節はアウェーで鳥栖と対戦。

前半こそ相手のハードワークに苦しめられスコアレスで終えるものの、後半に入ると両サイドを使ったパスワークから徐々に相手陣内へ切り込んでゆく。そして20分にCKから村松が押し込んで先制。その後も運動量の落ちてきた相手に対し主導権を握るも追加点が奪えず結局1-0で勝利。これでカップ戦を含む公式戦4連勝と調子を上げてきた。


一方のレッズは前節はホームで鹿島と対戦。相手の出方の拙さもあってか、レッズは前を向いて縦パスを供給できる時間帯が多く、前半で挙げた2得点はいずれもそれが起点となって奪ったものだった。特に2点目の原口のゴールはそれ自体も美しかったが、そこに到るまでのパスの繋ぎが秀逸で、相手を揺さぶってゴールを奪ったのは大きい。

前半を終えて2-0は、FC東京戦に似たような状況となり、案の定セットプレーから1点こそ失うものの、終わってみればしっかり守りきって2-1で勝利。ジュニーニョや興梠など“クセ”のある選手に対し、レッズはDF陣をはじめとして選手達が体を張って動きを封じたことは、前節の敗戦をしっかり修正した結果だと思う。ただ後半のシュートは開始早々の原口のシュート1本のみで、試合展開のよってチームとしての色を変えてしまうという懸念もある。


前回対戦時に敵将に戦い方を揶揄されたレッズであったが、それは猛烈な悔しさの裏返し。それだけレッズの5枚掛けた守備網に驚いたのだろう。ただそれをシーズン当初から実践しここまで勝点を積み上げてきたのはレッズであり、それを高らかに打ち破るべく宣言されたところで、とやかく言われる筋はない。レッズは相手の出方をしっかりスカウティングした上で、それに自らの戦い方をはめ込んで突き詰めるだけだ。

ただ今のレッズにとって心配のタネは、選手達の疲労である。夏場の試合が続く中でいくら戦術が備わっていても、パフォーマンスがついてこなければ結果もついてこない。柏木の状態が微妙であるが、梅崎も宇賀神も調子が良く、マルシオや原口と共にうまくパスワークに絡めるかがポイントになるだろう。もちろん相手もパスワークを得意とするが、主導権争いをする中での我慢比べも見所になると思う。


明日は相手が清水というのもしかり、「エコパスタジアム」という場所自体もレッズにとって相性は決してよくない。前々節の神戸戦では打ち破れなかった“鬼門”を突破できるのか。いろんな意味で重要な8月最後の試合となるだろう。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第22節 (対鹿島 ○2-1)
【清水】 Jリーグ第22節 (対鳥栖 ○1-0)


☆今季対戦
Jリーグ第12節(5/19) 浦和1-0清水 【浦和】【清水

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.22

ヒートアップJ2 第30節

J2はミッドウィークとなる今夜、第30節が行われました。真夏に中2日の試合というのは各チームとも厳しいもの。それゆえ上位陣はなかなか勝ちきれない結果となりました、

特に千葉はここ3試合は下位3チームとの対戦でしたが、結果は1分2敗と自動昇格ラインから一歩後退。毎年夏場は厳しいと言われている千葉は巻き返すことができるのでしょうか。

J2リーグは、ほぼ4分の3を消化し、残りは12試合。2位以内の自動昇格枠さらに6位以内のプレーオフ出場に向けていよいよ佳境に入ってきました。

第30節を終えての順位は以下の通りです。

1位 甲府 勝点58 得失差19 総得点42
2位 京都 勝点55 得失差12 総得点43
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
3位 湘南 勝点54 得失差17 総得点47
4位 大分 勝点54 得失差15 総得点45
5位 東京V 勝点53 得失差19 総得点51
6位 山形 勝点52 得失差12 総得点41
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
7位 千葉 勝点51 得失差21 総得点41
8位 横浜 勝点50 得失差12 総得点45
9位 栃木 勝点49 得失差06 総得点35


☆「神戸遠征あれこれ」アップしました。お待たせました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.21

経営情報開示

今日、Jリーグより2011年度のクラブ別経営情報開示のリリースがありました。

全体的に収入減の中、震災の影響で鹿島が赤字というのは理解できますが、横浜FMの5億円の損失っていうのが何かな・・・と思っていましたが、中村俊輔の移籍関係ですかね。

入場料収入は、他に比べてうちだけが桁が違うっていうのはうれしいやらなんやらですが、去年より減っているのは事実。でもしっかり収入源があるというのは大きいという事でしょうか。

やはり赤字経営は「クラブライセンス制度」にも影響してくるので、“身の丈経営”っていうのが大事になってくるんでしょう。そういえば岐阜の話もちょっと気になりますね・・・。

2011年度Jクラブ経営情報開示(Jリーグ)
経営難のJ2岐阜、審査通過困難か クラブライセンス申請(産経新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.20

アジアシリーズ

たまには野球の話でも・・・(笑)

日本シリーズ優勝チームが出場する「アジアシリーズ」の開催要項がリリースされました。

今年は韓国の釜山での初開催。しかも出場枠が増えたようで6チームを2グループに分けて、それぞれの勝率1位同士で決勝戦と行うという方式。

一昨年まで途中の「日韓クラブチャンピオンシップ」を挟んで、日本チームがずっと優勝してきましたが、去年初めて逃したんですよね。

ただ、今年のNPBはどこが強いのかあまり見る機会がないので、日本シリーズが始まらないと分かりませんね(笑)

アジアシリーズ2012(NPBオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.19

U-20女子W杯開幕

今日から開幕。日本代表は、初戦は宮城スタジアムでメキシコ代表と対戦。

グループ最大のライバルと言われていた相手ですが、結果は4-1の圧勝。W杯仕様の広いピッチで躍動し、好スタートを切りました。

第2戦は22日(水)。同じ宮城スタジアムでニュージーランドと対戦します。

FIFA U-20女子W杯 ジャパン 2012 
グループA 第1戦 日本4-1メキシコ
(スポーツナビ)

Cimg9303 Cimg9305

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »