« 2012年7月22日 - 2012年7月28日 | トップページ | 2012年8月5日 - 2012年8月11日 »

2012.08.04

【第20節 FC東京戦】

Jリーグ第20節 vsFC東京(レッズオフィシャル)

8月4日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第20節 vsFC東京の試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ DIVISION1 第20節
浦和レッズ vs FC東京
2012年8月4日(土)18:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-2(前半2-0)FC東京
得点者:11分 宇賀神友弥、35分 マルシオ リシャルデス、60分 椋原健太(FC東京) 、72分 長谷川アーリアジャスール(FC東京)
入場者数:34,267人
試合速報


「不在」

前半から2得点。ここ最近形となって表れはじめた緩急をつけた攻撃で相手を翻弄し、リードをうけて折り返すも、相手が後半から3バックに変えてくると様相一変。中盤を厚くされると、ボールをキープできなくなり、前線への繋ぎが分断されてしまった。

特に中村、梶山と相次いで投入し、前線に上がったルーカスの懐深くに楔を入れられると、止めるだけでもやっとのところで、あっさりと2列目のからの飛び出しを許してしまっては、修正の余地も無かったのではないかと思う。

レッズは相手に押される時間帯が長ければ長いほど、反撃の機会が少ないように感じる。それは自分達の形を作らせてもらえないというのもあろうかと思う。それが後半のシュートがわずか3本という結果にも表れていた。

やはり痛感したのは柏木の不在だった。今日は梅崎がその任を努め、しっかり得点に絡んで結果を出した事は大きいが、やはり通常のポジションと異なるゆえ、守備のポイントをなかなか掴みきれなかったのではなかろうかと感じた。

それゆえいくつかのエクスキューズもあるが、今日の勝点1は致し方ないと割り切るしかないと思う。

今後も累積や怪我などで主力が欠場する可能性も十分ありうる。だからこそ攻守両面での共通意識というのはとても重要になってくるだろう。

Cimg9022 Cimg9040 Cimg9045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.03

第20節 FC東京戦プレビュー

英国からU-23代表やなでしこ達の活躍が報じられる中で迎える第20節。明日はホーム埼玉スタジアムにFC東京をむかえ対戦する。


FC東京は現在、9勝1分9敗の勝点28で第10位。前節はホームで新潟と対戦。

ミッドウィークにアウェーでナビスコカップを戦った影響か、開始から新潟のプレスに苦しみなかなか攻撃のリズムを組み立てられない。32分に中盤でインターセプトされると、三門、ミシェウの2人であっさり崩されて、最後は再び三門に決められ先制点を許してしまい前半を折り返す。

後半開始から元レッズのエジミウソン、さらに途中から梶山を投入し、ルーカス、渡邉千真らと共に攻撃の活性化を図るも、相手の堅い守備に攻めあぐねなかなかゴールが遠い時間帯が続いた。そして67分に自陣スローインからボールを奪われ、カウンターから追加点を許してしまった。夏場の連戦も続き動きが重い中、流れを替えることができず結局0-2で敗戦。リーグ戦連敗を喫してしまった。


一方のレッズは前節はホームで磐田と対戦。

暑さの残るピッチゆえ、お互い様子見の状態であったが、相手が思いのほか高いプレスを仕掛けてこず、逆にレッズはそのギャップを衝いて攻撃を仕掛けた。1点目はカウンターから柏木、原口、マルシオと絡んで最後は柏木が決め先制点を奪った。

後半に入ると相手もしっかり修正して前線からプレスをかけてきたが、レッズは複数の選手がしっかりボールに絡む事で、試合の主導権を握っていた。54分に原口の怪我、さらにマルシオのPK失敗という事態もあったが、78分にシュートのこぼれ玉を阿部が決めて貴重な追加点を挙げ結局2-0で終了。3位4位の直接対決を制して、上位2チームとの勝点差を縮めた。

明日の最大の懸念材料は柏木の欠場である。これまでリーグ戦全試合に出場しレッズ躍進の原動力となっていたが、今シーズン初のサスペンションでピッチを離れることになった。その役を担うのは梅崎が有力との事。そして彼のポジションに宇賀神が入り、右サイドは平川が復帰戦となる予想だ。

もちろん柏木が抜けるというのは大きいが、今シーズンはピッチに立つ選手全員が攻守に奮闘し、仮に誰かが入れ替わったとしても、それをカバーできる素地はできていると思う。あとはしっかり体現しさらに得点に結び付けられるかが勝負の分かれ目になるのかもしれない。

明日は梅崎自身のプレーの幅もそうだが、今季ミシャが積み上げてきた浦和のサッカー全体のプレーの幅も求められる試合になる。レッズにとっては試金石となるが、もちろん相手もルーカスを中心に攻撃的な人材は揃っているゆえ油断は禁物だ。特に埼スタに帰ってくるエジミウソンには要警戒だろう。

夏場の連戦ほど厳しいものはない。そんな中でも選手達は指揮官のサッカーにしっかりついていける自信を持ち始めている。それゆえ今節のようにメンバーが変わっても、そこに新たな変化がチームに生まれることを期待したいと思う。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第19節 (対磐田 ○2-0)
【FC東京】 Jリーグ第19節 (対新潟 ●0-2)

☆今季対戦
Jリーグ第13節(5/26) FC東京1-1浦和 【FC東京】【浦和

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.02

1位通過

スペインの不甲斐なさ?によって、順位決定戦となったホンジュラス戦。

こちらは女子と違い、負けると決勝トーナメント初戦をブラジルと戦うことになるわけで、選手を入れ替えながらも、負けない戦い方を実践することになりました。

やはりなかなか選手間の息が合わず、うまく試合運びができない時間帯がありました。後半に入ってからは日本がペースを握って攻勢を強めるものの、ゴールは遠く結果はスコアレスドロー。

しかしグループリーグ1位という結果を引っさげて、いよいよ「オールド・トラッフォード」で準々決勝に臨みます。

そういえば、試合開始は日本時間の土曜日の20時。ということは完全に「J1」と被っちゃうんですよね・・・。あ、でもうちの試合は試合終了後なので大丈夫ですが(笑)


ロンドン五輪 男子サッカー 1次リーグ第3戦
日本 0-0 ホンジュラス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.08.01

2位通過

グループリーグ最終戦。何かと物議を醸した結果でしたが、流れから言えば無難ではないかと・・・。

最初はメンバーを入れ替えても勝ちに行く姿勢を示していたのは事実でしたが、早々にスウェーデンがリードしていましたからねぇ・・・。

で、その後カナダが追いついて、その情報を知った日本ベンチが引き分けにスイッチしたという事なので、まあ先々を考えればそうなるだろうな・・・と。

なでしこゆえ注目されるのは致し方ないとしても、報道の手法によっては、受けとらえ方も違ってくるんだなぁ・・・と感じました。


ロンドン五輪 女子サッカー 1次リーグ第3戦
日本 0-0 南アフリカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.31

決勝T進出

女子は第2戦のスウェーデン戦をスコアレスドロー。他のチームの結果によって決勝トーナメント進出が決まりました。グループリーグ最大の“ヤマ”とされていましたが、とかく負けなかったのは大きかったと思います。

そして男子はモロッコに勝利し2連勝。シドニー以来3大会ぶりに決勝トーナメント進出が決まりました。相手はラマダンの影響があったとはいえ、一進一退の状況。終盤の84分にDFラインの裏に飛び出した永井の技ありのループシュートは絶妙でしたね。

正直このグループリーグは、女子は通過点、男子は山場と思っていましたが、特に男子は予想以上の活躍でこちらも反省しなくちゃいけませんね(笑)

男女共あと1試合を残して決めましたが、3戦目はそれぞれどう臨むのか。いろんな意味で注目したいですね。


ロンドン五輪 女子サッカー 1次リーグ第2戦
日本 0-0 スウェーデン

ロンドン五輪 男子サッカー 1次リーグ第2戦
日本 1-0 モロッコ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.07.29

8連敗

先週23日の記事の続きです。

前節首位に立ったヴェルディは、今節はアウェーで甲府との対戦でしたが、結果は1-3の完敗。これで首位チームの次節での結果は「8連敗」と記録を伸ばしました(苦笑)。

この結果、今節首位に立ったのは、千葉、ヴェルディと2試合連続で首位を倒した甲府。どうやらクラブ史上初の首位だそうです。

次節はアウェーで草津との対戦。果たしてどうなるのか。注目ですね。

第25節終了時首位:東京V ⇒次節●(vs甲府) 1位→3位
第26節終了時首位:甲府  ⇒次節?(vs草津) 1位→??
J2第26節終了時順位(Jリーグオフィシャル)


☆「新潟遠征あれこれ」、ようやくアップしました。お待たせしました~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月22日 - 2012年7月28日 | トップページ | 2012年8月5日 - 2012年8月11日 »