« 2012年4月22日 - 2012年4月28日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »

2012.05.05

第10節 磐田戦プレビュー

連戦もいよいよ大詰め。明日はアウェーエコパスタジアムにのりこみジュビロ磐田と対戦する。

磐田は現在、4勝2分3敗の勝点14で第7位。前節はアウェーで川崎と対戦。

この日は前田と山崎の2トップで2列目に山田と菅沼実を配し試合に臨んだ。開始から主導権を握るものの30分に先制点を許し、2試合続けて追う展開となってしまった。その後も優位に進めるもののゴールは遠く前半を終えた。

後半に入っても早々の53分にPKから失点。さらにその2分後の55分に守備陣のミスからさらに追加点を奪われ3失点を喫してしまった。

しかしあきらめない磐田は、わずか4分後の59分に駒野のクロスから山本がシュートを放ち1点を返すが、62分に中盤でボールを奪われカウンターから失点。だが67分に山本が2得点目を奪い2点差に追い上げる。さらに78分に相手のハンドからPKを獲得するもエース前田が相手GKに阻まれ失敗。この試合の勝負の分かれ目となってしまった。

その後、アディショナルタイムに入ってから、阿部が奪い1点差まで追い上げるも万事休す。結局3-4で敗れリーグ戦連敗となってしまった。


一方のレッズは前節はホームで横浜F・マリノスと対戦。

開始早々にCKの流れから失点を喫し、巻き返しを図ろうとするも攻撃の要となる柏木のコンディションが不調でかつ相手の余裕ある守備になかなかゴールが遠かった。

後半にその柏木から原口に交代するも、前線の選手が“渋滞”を起こしてセットプレーを奪うのが精一杯だったが、そのセットプレーも精度に欠いていた。

78分に槙野の迫力ある個人技から同点に追いつくものの、相手のカウンターに苦慮しコーナーに逃げるのが精一杯で、終了間際の88分に中村の放ったCKから途中出場のマルキーニョスに鮮やかにヘディングで決められてしまい結局1-2で敗れた。

やはり連戦が続く中、選手達のコンディション調整は難しいところ。その中で梅崎が前節の試合の影響から負傷し明日の欠場が決まった。おそらく宇賀神の起用が予想される。

また柏木の状態が気になるところ。彼がチームの命運を握っていると言っても過言ではないが、今後の事を考えるのならば控えている選手達の起用も十分考えられる。果たして指揮官はどう決断するのだろうか・・・。

相手も連敗している中で、前節2得点を挙げた山本が累積による出場停止で台所事情は厳しいだろうが、4月にナビスコカップで対戦した時の勢いを見る限りその力は本物だと思う。特に決定力の高い前田や質の高いクロスをあげてくる駒野、さらに勝負強い山田に注意を払いたい。またレッズは特にクロスを簡単に放り込まれて失点を喫する場面が多く見られるだけに、その対応には十分気をつけたいところである。


明日はGWの連戦最後の試合。選手達は疲労の蓄積に伴うコンディション調整が難しいところであろうが、相手も同じ条件だ。連敗は避けたいところであるが、再び自分達のサッカーを展開できるかが勝負の分かれ目になるだろう。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第9節 (対横浜 ●1-2)
【磐田】 Jリーグ第9節 (対川崎 ●3-4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.03

【第9節 横浜FM戦】

Jリーグ第9節 横浜F・マリノス戦(レッズオフィシャル)

5月3日(木・祝)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第9節 vs横浜F・マリノスの試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ・ディビジョン1 第9節
浦和レッズvs横浜F・マリノス
2012年5月3日(木・祝)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-2(前半0-1)横浜F・マリノス 
得点者:12分 齋藤 学(横浜FM)、78分 槙野智章・88分 マルキーニョス(横浜FM)
入場者数:44,422人
試合速報


「好不調の波」

前半の早い時間帯にCKの流れから先制点を許してしまう。

ただ、まだ早かったせいか、相手はガチガチに引いてくることはなかったが、ある程度余裕を持って守備に徹し攻撃の肝となる縦パスの懐を封じられた。そのせいもあってか得点へのアプローチが少ないように感じた。

レッズはセットプレーからのチャンスが何度かあったが生かす事ができず、それ以上に相手はカウンターを狙っていた。特に同点に追い付いてからの時間帯は押せ押せムードだったが決め切れずに逆にボールを拾われカウンターを食らう場面が多く見られた。

その勢いにようやくコーナーに逃げるのが精一杯で、CKから最後にマルキーニョスに鮮やかに勝ち越し点を奪われてしまったのは残念だった。

また、ケガをおして出場した柏木が万全でなかったゆえ、攻撃の厚みが半減してしまった事は否めない。ただこれまで彼がチームを牽引してきたのだから多くは責められないだろう。


今後こういう展開の試合しかり、選手達の好不調の波は必ずやってくる。大事なのは厳しい流れの時にいかに自分達のペースをつくりだせるかが新たな課題となる。

そして次節はもう3日後。ウダウダしている暇はない。

Cimg8110 Cimg8123 Cimg8126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.05.02

第9節 横浜FM戦プレビュー

GWの連戦真っ只中。明日はホーム埼玉スタジアムに横浜F・マリノスをむかえ対戦する。

横浜は現在、1勝4分3敗の勝点7で第15位。前節はホームで神戸と対戦した。

公式戦初勝利を挙げるべく、開始早々から優位に試合を進める。特に大黒と小野の2トップと2列目に起用された齋藤を中心にボールを展開し、ゴールに襲い掛かった。しかし何度か決定的なチャンスが訪れるも決めきれず前半をスコアレスで終えた。そして後半に入ると、流れは相手に傾き57分にセカンドボールを拾われるとそこを起点に攻め込まれ失点を喫してしまう。

その後ケガから復帰した谷口を投入すると流れが一変。71分に谷口→小林を繋ぎ最後は小野が頭で決め同点。さらに2分後の73分に小野のクロスから谷口がこちらも頭で決めついに逆転に成功した。そしてさらに4分後の77分にFKから中澤が決めてダメ押し。結局3-1で勝利し、今シーズン公式戦初勝利を飾った。


一方のレッズは前節はアウェーで名古屋と対戦。

瑞穂の気温は27.5℃を指し、日差しが厳しい中での試合だったが、選手達は開始から動いて個の力に優れている相手に対し序盤から押し気味に試合を進める。特に相手が3バックを敷きレッズとほぼ同じ局面での対峙となったが、中央から相手の裏にパスを何度も供給しサイドからのチャンスメイクを図った。

それが功を奏したのが23分。梅崎からのリターンパスをマルシオがペナルディエリア付近で受け、ダニエルのチェックをかわすとすかさず右足を一閃。放ったシュートはGK楢崎の脇をくぐりぬけゴールが決まり、待望の先制点を奪った。

しかしその4分後に、高さを生かされて最後は金崎に決められ同点に追いつかれる。その後は一進一退の攻防が続いて前半を1-1で終えた。

後半に入ると“攻める名古屋”“守る浦和”という構図が出来つつある中、67分にカウンターから左サイドの梅崎が放ったクロスがペナルティエリア内の田中隼麿のハンドを誘いPKを得た。そしてこれをマルシオが決め再び勝ち越した。

PKを与えた田中隼磨が2枚目の警告で退場処分となるが、以降は10人相手に防戦一方の展開。特に闘莉王を最前線に配置し、ロングボールからの攻めを多用されるも選手達が体を張ってゴールを守りきり結局2-1で勝利し、公式戦での連敗を止めた。


連戦が続く中で選手達のコンディションも気になるところ。特にこれまで攻守に奔走した柏木や平川がここまで別メニュー調整という事で、明日は場合によっては原口や峻希の先発起用も予想される。特に原口はここ数試合は途中出場が多い。柏木とプレースタイルは異なるが、与えたれた役割をしっかりこなせれば、ポポやマルシオのフォロー次第でチャンスはあると思う。しっかりプレーでアピールして欲しい。

Fマリノスは前節初勝利を挙げ、これまでの重い雰囲気から一変して新たな気持ちで臨んでくるだろう。またこれまでの懸念材料であったFWマルキーニョスが遠征に帯同するのでは・・・との情報もあり、モチベーションはさらに高いものと思われる。さらに埼スタでの対戦成績も相手の方が分が良いので、レッズにとって闘いづらいといっても過言ではないだろう。

しかし、今レッズは結果が勝ち負けどうであれ、しっかりと反省と修正を繰り返して次に反映させている。対策を施した上でやるべきサッカーに自信を持って臨むからこそ、ここまでに結果も内容もついてくるようになってきた。明日はほぼ半月ぶりの埼スタでの試合。雨中の闘いが予想されるが、選手達のハードワークに注目して最後は勝点3を呼び込みたい。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第8節 (対名古屋 ○2-1)
【横浜】 Jリーグ第8節 (対神戸 ○3-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.29

名古屋遠征あれこれ

さっそく振り返ります~。

試合は瑞穂で13時試合開始ということでいろいろ検討した結果、日帰りで向かうことに。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。
P1040143

8:06発、東武野田線船橋行きに乗車。
P1040144


続きを読む "名古屋遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月22日 - 2012年4月28日 | トップページ | 2012年5月6日 - 2012年5月12日 »