« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »

2012.03.31

【第4節 川崎戦】

Jリーグ第4節vs川崎フロンターレ(レッズオフィシャル)

3月31日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第4節 vs川崎フロンターレの試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ・ディビジョン1 第4節 
浦和レッズvs川崎フロンターレ 
2012年3月31日(土)15:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-1(前半1-0)川崎フロンターレ 
得点者:10分 ポポ・59分 矢島卓郎(川崎)
入場者数:25,743人
試合速報


「明と暗」

阿部と槙野が立て続けに退場処分を受けてから、試合はまだ残り10分以上。

ピッチに立つ9人は、体を張ってゴールマウスを守り抜き「勝点1」をもぎ取った。いやもぎ取ったと言うより、勝点を落とさなかった・・・というのが妥当だろうか。

開始わずか10分で先制。その後もカウンターで何度か追加点のチャンスがあったが、それを奪えなかったことで自らを苦しめてしまったといっても過言ではないだろう。また後半における相手の戦い方の変化に翻弄され、基点を封じられるとレッズの攻撃はなかなか展開されず厳しい時間帯が続いた。

特に自陣の低い位置で猛然とプレッシャーを掛けられ、下げるのではなく無用に横パスをつないでしまう機会がみられ、それこそ相手の思うツボでボールはサイドに流れるものの、低い位置ゆえ攻撃の迫力は薄れ、むしろ相手の圧力に負けてしまう印象があった。

その中で起こった退場劇。特に阿部の2枚目は、ルーズなボールロストからキャプテン自ら退場を覚悟してのプレーゆえ致し方ない・・・という書き方は難しいが、その意は十分汲み取ることができた。

ミシャサッカーを習得する上でこういうリスクは十分考えられる事。もちろんこの日は暴風雨に見舞われ、想定外のプレーもあったが、やはり枚数を掛けられると心許ないプレーが時折目立つ。

もちろん早い時間に追加点を奪えればこういう心配をする必要もない。だからこそまだまだ課題は残る。明と暗に分かれた内容だったが、むしろ勝点1で終えることができたのは、いい方に捉えた方がいいのかもしれない。

そして開幕月の4試合を勝点7で乗り越えたことは悪くない。

Cimg7680 Cimg7690 Cimg7695

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.30

第4節 川崎戦プレビュー

今月最後の公式戦。明日はホーム埼玉スタジアムに川崎フロンターレをむかえ対戦する。

川崎は現在、2勝1敗の勝点6で第8位。前節はホームにC大阪をむかえ対戦。

降雨のせいか開始からお互いに探りあいの様相であったが、時間の経過とともに攻撃という持ち味を出し始める。特に川崎は新加入のレナトそして中村を中心に試合の主導権を握り試合を組み立てていくものの、最後が決まらずスコアレスで前半を終えた。

後半に入り試合が動いたのは75分。これまでリーグ戦において失点しなかった堅守が一種の隙を見せてしまう。リスタートのプレーを起点にバイタルエリアを空けてしまい、最後はキムボギョンに決められ先制を許す。

その後は1点を追い、矢島、楠神らと次々と攻撃に圧力ある選手を投入するも、ゴールが遠く結局0-1でリーグ戦初黒星。さらにカップ戦とあわせ公式戦連敗を喫してしまった。


一方のレッズは前節はアウェーで札幌と対戦。

ドーム独特の雰囲気になかなか試合に入れず、相手のハイプレッシャーにも苦しめられなかなかボールを前へ運び出すことができなかった。この日原口に代わり起用された矢島が所々でチャンスメイクするもなかなかゴールに結びつかない。

そんな中で32分にCKからバイタルエリアへボールがわたり、最後は山本真希がゴラッソなミドルシュートが決まり貴重な先制点を挙げた。

時間の経過と共に相手がリトリートし、ゴール前を絞ってくるも、レッズは落ち着いてボールを回し、ここぞというときに左右へロングボールを配給しチャンスをうかがった。それが実ったのはアディショナルタイム。永田からのロングボールを平川がサイドラインギリギリに受け、すかさずファーサイドにロングボールを入れる。それをフリーで受けた柏木がすかさずシュートを放ち同点に追いついた。

残りワンプレーで同点に追いつかれた相手の選手達のショックは大きく、うなだれる選手もいた事からそれだけダメージは大きかったと思う。

後半に入っても相手のハイプレッシャーにあうものの、それほど時間は長くなく徐々にレッズが攻撃の主導権を握っていき、63分にポポが得たFKを柏木が華麗に決め逆転。その後もチャンスを伺うも、逆に相手の猛攻にさらされたが最後まで踏ん張り、結局2-1で勝利しリーグ戦連勝。そして公式戦3連勝を果たした。


これまで指揮官は広島時代相手の研究をしてこなかったらしいが、最近は研究に余念がないようだ。特にそれが発揮したのは柏戦。相手のキーマンをしっかり封じることで、チャンスの芽を潰し逆にワンチャンスを決め勝点3をもたらした。明日もキーとなるであろうレナト、中村、さらに山瀬という昨年同様に早い攻撃を主とする相手に対しどう立ち向かうのか注目である。

レッズの生命線はバックラインからの攻め。特に永田、阿部、柏木の縦ラインを形成する幹から両ウィングへの攻撃が肝となる。落ち着いてボールを回し、機を見てサイドを押し上げて攻撃のチャンスを作ってはいるが、まだまだ発展途上であるのは見て明らかである。

共にこれまで得点が少ない同士の対戦。何度か訪れるであろうチャンスをしっかり決めきれるかが勝敗を分けるポイントなるだろう。王者柏に対峙し、堅守仙台を破り、さらに札幌に逆転勝ちと結果を積み上げて自信を深めているが、勢いだけでは続かない。驕らずあせらず自分達のサッカーを展開できるのか。本当に大事なのはこれからである。

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第3節 (対札幌 ○2-1)
【川崎】 Jリーグ第3節 (対C大阪 ●0-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.29

集団感染

クラブでも対策は施してきたんでしょうけど、水際で防げず一気に蔓延しちゃったんでしょうかね・・・。

関係各位に対し、お見舞い申し上げます。

選手・スタッフの インフルエンザ発症について(ガイナーレ鳥取オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.28

カワサキ流改築

この話題を聞いたとき、「やっぱり川崎らしいなー」と感じたのは自分だけではないはず。

川崎フロンターレといえば、これまでフロントの企画力や実行力が注目されてきました。その行き着く先がホーム等々力のスタジアム改築計画に盛り込まれるのですから、やっぱりその規模は違うなぁ・・・と。

たくさんの夢と期待に満ちたスタジアム改築工事は、今シーズン末からスタートとの事。

いちおう予断ですが、レッズってリーグ戦に限れば等々力で負けてないんですよね。このジンクスも改築後もずっと生かしてほしいですよね(笑)

等々力を遊園地型“ドラえもんスタジアム”に改築へ(デイリースポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.26

メッセージ

先日の札幌戦の試合後。ゴール裏に来る選手達が、戦線離脱してしまった直輝へ向けてのメッセージを掲げていました。

直輝にとってこれからがもっともっと大変だろうと思うけど、特に同じ経験をした梅崎からの言葉というのが、とても大きいと思うんですよね。

直輝。(梅崎司オフィシャルブログ)
フォトニュース(J’sGOAL)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.25

札幌遠征あれこれ

4年ぶりの札幌遠征を振り返ります~。

久々の北の大地での試合。本当だったら、もう1日ぐらい余裕を持って行きたかったけど年度末ゆえなかなか都合がつかず結局1泊2日での参戦。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。6:00発の野田線船橋行きに乗車。
P1030054 P1030053 P1030055

6:12船橋駅着。6:22発総武線快速逗子行きに乗換。
P1030057 P1030058


続きを読む "札幌遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »