« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »

2012.03.24

【第3節 札幌戦】

Jリーグ第3節vsコンサドーレ札幌(レッズオフィシャル)

3月24日(土)に札幌ドームで行なわれました、Jリーグ第3節 vsコンサドーレ札幌の試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ・ディビジョン1 第3節 
コンサド-レ札幌vs浦和レッズ 
2012年3月24日(土)16:03キックオフ・札幌ドーム
試合結果
コンサド-レ札幌 1-2(前半1-1)浦和レッズ
得点者:32分 山本真希(札幌)・45+1分、63分 柏木陽介
入場者数:20,192人
試合速報


「我慢強く忍耐強く」

前半32分にCKから山本真希のゴラッソなゴールで先制点を奪われると、札幌はさらに守備的になりゴール前にブロックをかけた。

しかしレッズは中央から左右へ何度もロングパスを配給し、両サイドからの攻撃を幾度となく仕掛けて“その時”を待った。

それが功を奏したのは前半のアディショナルタイム。平川がサイドラインぎりぎりからクロスをあげたボールは相手DFをかすめ柏木の前に到達。一旦間を置いてからシュートを放ちゴールへ叩き込み同点に追いついた。札幌の選手達はゴールが決まった直後、もう試合が終わったかのごとく膝から崩れ落ちたが、それだけダメージが大きかったゴールだったのかとうなづける。

さらに柏木は、63分にポポが体を張って奪ったFKを鮮やかに決め、この日の主役に躍り出た。もちろん結果としては、彼の2ゴールで試合を決めたが、そこにつながるプロセスが結果を左右した。

比較的早い時間に失点を喫し、その後も何度となく高い位置でプレッシャーを掛けられボールを失うことがあったが、選手達は落ち着いて我慢強くそして忍耐強く後方からチャンスを伺った。闇雲に攻撃を仕掛けるのではなく、じっくりと相手の動きそして味方の動きを見て展開できたのは、ここまで学んできた証だと感じる。

それゆえ、今日の試合こそ得点につながる展開は少なかったものの見応えは十分あったし、その証で掴んだ勝点3はとても大きいと思う。

P1030150 P1030165 P1030187

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012.03.23

第3節 札幌戦プレビュー

カップ戦から中3日。明日はアウェー札幌ドームにのりこみ、コンサドーレ札幌と対戦する。

札幌は、ここまでリーグ戦2試合を終えて1分1敗の勝点1。20日のカップ戦ではホームに新潟をむかえ対戦。

中2日の日程を考慮してか、直近リーグ戦のスタメンを全員入れ替えて試合に臨んだ。ミスが目立つ中なんとか粘っていたが、38分に中央からパスで崩され最後はアランミネイロに決められ先制を許してしまう。

この日は90分間通して18本ものシュートを放ったが、枠には遠く結局0-1で敗戦を喫した。


一方のレッズはカップ戦ではホームに仙台をむかえ対戦。

こちらも日程を考慮してリーグ戦から9人先発を入れ替えた。試合勘の差も見られたが、それ以上に開始わずか27分で負傷で2人交代を余儀なくされ、試合の主導権を握れなくなった。

しかし、交代で入った峻希、野崎が突然の投入ながら十分とはいえないながらも集中して乗り越えることができたと思う。

試合も後半開始早々にCKから永田がヘディングで先制点を決め、最後はスピラノビッチが退場で欠くも槙野を投入し、1-0で逃げ切った。


明日は、再び柏戦の選手起用になるかと思われる。それゆえ主力組を温存させる事ができたのは大きいが、原口がケガで帯同から外れたという事で若干のメンバー変更があるだろう。また、リーグ戦を含めフル出場し攻守に奮闘した柏木の状態が気になるところである。

後方でボールを繋ぐサッカーを展開していく中で、阿部の存在は大きいがそれ以上にここ2試合リベロで奮闘している永田の存在も大きい。彼ら2人とシャドーに配する柏木の縦のラインが今のミシャサッカーの重要な幹を形成していると思う。そしてそこから派生する両ワイドの攻撃。そして1トップへの繋ぎが勝点3への重要なポイントになるだろう。

ある程度引いてくる相手に対し、仙台戦同様に我慢の時間が多くなることが予測される。また、常々言われている高い位置でボールを奪われカウンターを狙ってくるリスクに対し、どう往なすのかも見所になると思う。

新たなサッカーへの構築が続く中で、ここに来て怪我人が多くなっている。しかし逆に考えると他の選手達も十分にポジションを奪うチャンスがあるということだ。柏戦での勝利がフロックと言われないためにも、遠き北の大地でアウェー初勝利を挙げ、勝点3を手土産にしたい。


☆前試合の結果
【浦和】 ナビスコ予選第1節 (対仙台 ○1-0)
【札幌】 ナビスコ予選第1節 (対新潟 ●0-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.21

左膝前十字靭帯損傷

最初は何が起こったのかわからなかったが、すぐに「×」のサインが見えて、容易な状況ではないことを感じた。

診断結果は「左膝前十字靭帯損傷」。とても残念であるが、プレーの最中で起こった事ゆえ致し方ないと思わないといけない。

一生に一度のチャンスであろう五輪出場は叶わなくなったが、ミシャの言うようにW杯を目指して、じっくりあせらず治療に専念してほしい。


山田直輝の負傷について(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.20

【ナビスコ杯予選第1節 仙台戦】

ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第1節vsベガルタ仙台(レッズオフィシャル)

3月20日(火・祝)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグヤマザキナビスコカップ第1節 vsベガルタ仙台の試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグヤマザキナビスコカップ・予選リーグ、第1節 Aグループ
浦和レッズvsベガルタ仙台 
2012年3月20日(火・祝)15:00キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-0(前半0-0)ベガルタ仙台
得点者:49分 永田充
入場者数:23,076人
試合速報


「リスクマネジメント」

3日前の柏戦から中2日。週末のリーグ戦を考慮してか、指揮官は土曜日から先発を9人入れ替えて試合に臨んだ。

起用された選手達は、なかなか試合感を掴むまでに時間がかかる中、わずか27分で岡本、山田直輝が相次いで負傷により交替を余儀なくされるアクシデントに見舞われてしまう。代わりに入った高橋、野崎も十分なアップもないまま投入されたゆえ、最初は動きが鈍かった。それだけ急な交代だったことが伺いしれる。

ただ、そういうアクシデントに対しても、ピッチの選手達は動揺する事なく集中できたと思う。内容的はなかなか指揮官が納得するようなものには程遠かったのかもしれないが、後半早々に永田が奪った先制点をしっかり守りぬいて勝点3を得たという結果は評価に値するだろう。

負傷と退場で選手交代枠を使い切る試合というのはなかなかない事であるが、しっかりとリスクマネジメントすることで、その危機を最小限に食い止めることができる。その手腕を指揮官が発揮し、選手達も目の前の危機を共有して勝利を手繰り寄せる事ができたのは、わずかながら成長の証なのかもしれない。

Cimg7639 Cimg7666 Cimg7668

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.19

ナビスコ予選第1節 仙台戦プレビュー

明日からヤマザキナビスコカップが開幕。予選リーグの初戦は、ホーム埼玉スタジアムにベガルタ仙台をむかえ対戦する。

昨年は、東日本大震災の影響でH&Aのトーナメント戦に変更。レッズは決勝へ駒を進めたが、鹿島に敗れ準優勝という成績だった。


仙台はリーグ戦では2戦2勝。前節はアウェーで横浜FMと対戦。

昨シーズンリーグ最少失点だった堅守は変わらず、この日も横浜の攻撃に対し、水際で防ぐものの決してそれは危ういものではなく、全員の守備の意識が高くことごとくピンチを切り抜ける。

そんな中、前半終了間際の43分にCKから赤嶺が決めて先制し前半を終える。後半も一進一退の攻防を繰り広げるも、時折中盤で相手のミスを誘い一気にカウンターを狙う。しかしながら追加点が奪えなかったが、アディショナルタイムにPKを得てそれを太田が決めて試合終了。結局2−0で勝利し、2試合連続完封を果たした。

この試合で仙台はCB2人が負傷交代するも、チームコンセプトがはっきりしているゆえの完封という結果であり、それだけ守備力には自信を深めている。


一方のレッズは前節はホームで柏と対戦。昨年の王者を相手にレッズはキーマンとなるレアンドロ・ドミンゲスとジョルジワグネルを封ずることに注視し、それを実行するために阿部をボランチに、そして柏木をシャドーにそれぞれ配置した。選手達はしっかり自陣でリトリートするも、フリーであればするすると上がり両サイドへ効果的なパスを供給し何度もチャンスを伺った。

それが功を奏したのは36分。ボールを追うジョルジワグネルのもたつく動きをランコが逃さず猛然とアタックをしボールを奪取。すぐさま体勢を崩さずにシュートを放ち待望の先制点を奪った。

後半は終始柏のペースで何度もピンチを迎えるも、守備陣が体を張ってゴールを守り結局1−0で勝利し、2試合目にして今シーズン初勝利を飾った。


前節から中2日。窮屈な日程を考慮してか、明日はお互いメンバーを変えてくる可能性が十分予測される。もちろん何かと話題にある「ベストメンバー規定」も問題がないようある。

シーズンが始まって3試合目。前年王者である柏に勝ったものの、それが全てではなくまだまだ不安材料が多い。しかし逆に勝ったからこそ、これから構築するサッカーへの自信が深まったという好材料もある。

堅守仙台に対しカウンターに気をつけつつも、レッズはどこで攻撃のスイッチを入れフィニッシュに持ち込むことができるのか。さらにこれまで苦しんできた“引いた相手”対しにどう挑むのか。ある意味楽しみな90分間でもある。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第2節 (対柏 ○1−0)
【仙台】 Jリーグ第2節 (対横浜FM ○2−0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.03.18

20年目の聖杯

20日から「ヤマザキナビスコカップ」が開幕。

今大会のキャッチコピーは「激闘よ。20年目の聖杯を彩れ。」

大会の規模は小さくとも、やはりリーグカップ戦。

ずっとスポンサーを続けてくださるヤマザキナビスコ様に感謝しつつ、昨年久々に戻ってきたファイナル国立の舞台は忘れられないですね。


いよいよ3月20日(火・祝)より予選リーグ開幕!(Jリーグオフィシャル)

Cimg6726_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »