« 天皇杯4回戦 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 熊谷遠征あれこれ »

2012.12.15

【天皇杯4回戦 横浜FM戦】

天皇杯4回戦 vs横浜F・マリノス(レッズオフィシャル)

12月15日(土)に熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行なわれました、第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 4回戦 vs横浜F・マリノスの試合結果をお知らせいたします。
第92回天皇杯全日本サッカー選手権大会 4回戦
2012年12月15日(土)16:02キックオフ・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
試合結果
浦和レッズ0-2(前半0-1)横浜F・マリノス
得点者:28分 兵藤慎剛(横浜FM)、48分 狩野健太(横浜FM)
入場者数:12,634人
試合速報
JFA公式記録】(PDFファイル)


「さらなる高みへ」

昨年に続き県北熊谷の地で敗戦を喫し、2012シーズンの公式戦が終わった。

レッズはリーグ戦を3位で終え、すでに1つの目標であった来シーズンのACL出場権を確保。この天皇杯へ臨むモチベーションが懸念されたが、チームを離れる達也やポポへの想いから1試合でも多く・・・という気持ちがプレーに現れていた。

しかしそれは相手も一緒。なおかつ「天皇杯制覇=ACL出場」という大きな目標を掲げて臨んだ相手の方がむしろ試合へのモチベーションは大きく、プレーの端々にその想いが現れていたように感じた。特にベテランの域に入る中村俊輔の動きが活発で、彼自らがレッズのバックラインにプレッシャーを懸けることで、その後ろに控える中盤の選手達の動きが活発化し攻撃を展開していた。

さらにリーグ最小失点の守備が発揮されし、前半に1点を奪うとしっかり網をかけ、攻撃の要である縦への攻撃を封じられた。そして後半開始早々の追加点が、レッズにとって大きなダメージになってしまったと言っても過言ではない。

リーグ戦から2週間。とかく消化不良だったと思われても致し方ない試合内容であったが、一発勝負の短期決戦においては、力量差以上にモチベーションが勝負を左右するゆえ、それが結果に現れてしまったのだから、致し方ない敗戦だったと思う。

今シーズンのレッズは指揮官が変わり、劇的な復活というか大きな変貌を遂げた。しかしこの力が本物かどうかと問われると決してそうではないと思う。来シーズンは上位だったゆえ狙われる対象でもあり、そこにACLという新たなステージでの闘いも早々に控えている。それゆえ若い選手達らの戦力も底上げも必要だし、補強も必要だと思う。

さらなる高みへ向けて、ミシャレッズのさらなる飛躍に期待したい。

Cimg0382 Cimg0391


Cimg0399 Cimg0410

|

« 天皇杯4回戦 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 熊谷遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/56324847

この記事へのトラックバック一覧です: 【天皇杯4回戦 横浜FM戦】:

« 天皇杯4回戦 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 熊谷遠征あれこれ »