« ACLツアー | トップページ | 天皇杯準々決勝 »

2012.12.22

皇后杯準決勝

第1試合は、伊賀と千葉との対戦。
1-1で90分、そして延長戦でも決着がつかずPK戦にもつれ込みましたが、これも最後の最後まで気が抜けない展開でいい試合でした。

そして第2試合は、INACとレッズレディースとの対戦。
開始わずか7分の失点は、痛恨のミスからでしたけど、それ以外はINACのパスサッカーを封じて最後の最後までチャンスを伺っていましたが、その1点の壁が大きかったですね。

今シーズン限りでレディースの村松監督が退任。リーグ戦、カップ戦となかなか思うような結果が出ませんでしたが、若い選手達が躍動したシーズンだと感じました。来シーズンは新たな指揮官で、タイトルへ向けて頑張ってほしいですね。

<第34回皇后杯全日本女子サッカー選手権大会 準決勝>
伊賀 1(PK3-4)1 千葉
INAC 1-0 浦和

皇后杯準決勝 vsINAC神戸レオネッサ
レッズレディース 村松 浩監督 退任のお知らせ(いずれもレッズオフィシャル)

|

« ACLツアー | トップページ | 天皇杯準々決勝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/56387532

この記事へのトラックバック一覧です: 皇后杯準決勝:

« ACLツアー | トップページ | 天皇杯準々決勝 »