« 第28節 札幌戦プレビュー | トップページ | 天皇杯3回戦 讃岐戦プレビュー »

2012.10.06

【第28節 札幌戦】

Jリーグ第28節 vsコンサドーレ札幌(レッズオフィシャル)

10月6日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第28節 vsコンサドーレ札幌の試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ DIVISION1 第28節
2012年10月6日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-2(前半0-0)コンサドーレ札幌
得点者:50分・74分 古田寛幸(札幌)、86分 梅崎 司
入場者数:30,692人
試合速報


「浦和の現在地」

前後半何度か訪れたビックチャンスを決めきれず、逆に速攻から相手に決められ万事休す・・・という典型的な負けパターンに陥った手痛い敗戦。

上位定着を狙う上で、特に下位との対戦での取りこぼしは許されない中で、試合の入りこそ悪くはなかった。ただし若手主体に切り替えた札幌に対し、自分達のサッカーを貫き徹底的にプレッシャーを掛けられたのか・・・というと自らのミスも目立ったせいかそこまではいかず、逆にカウンターという武器を与えてしまったように見えた。

また、河合と山本の両ボランチはガッツリとレッズのDFラインにプレッシャーをかけ、ビルドアップのチャンスをことごとく潰してミスを誘発。それを起点にカウンターの餌食になることがしばしばあり、攻撃の組み立てをしっかり研究されてしまった。ただ今のレッズにはそれを打ち破る術が足りず、この日の攻めは後手後手にならざろう得なかったように感じた。

つまりそれが今の浦和の現在地であり、一つタスクをこなせたとしても、必ずといっていいほど相手は研究し、次の一手を打ってくるのである。その術を身につけてこそ初めて上への挑戦権を得ることになるのだと思う。

指揮官は試合後「我々は敗戦の後、必ず強く帰ってきた」と話す。そう、レッズは足踏みしてもしっかり修正し連敗を喫することなくここまで勝点を積み上げてきた。大事なのは敗戦した次の試合。もちろん次のリーグ戦は2位仙台戦であるが、それ以前に4日後に控えている天皇杯讃岐戦も大事だということである。

Cimg9729 Cimg9741 Cimg9745

|

« 第28節 札幌戦プレビュー | トップページ | 天皇杯3回戦 讃岐戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/55827472

この記事へのトラックバック一覧です: 【第28節 札幌戦】:

« 第28節 札幌戦プレビュー | トップページ | 天皇杯3回戦 讃岐戦プレビュー »