« 第25節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 横浜遠征あれこれ »

2012.09.15

【第25節 横浜FM戦】

Jリーグ第25節 vs横浜F・マリノス(レッズオフィシャル)

9月15日(土)に日産スタジアムにて行なわれました、Jリーグ第25節 vs横浜F・マリノスの試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ DIVISION1 第25節
2012年9月15日(土) 19:03キックオフ・日産スタジアム
試合結果
横浜F・マリノス1-2(前半1-1)浦和レッズ
得点者:5分 マルキーニョス(横浜FM)、23分 柏木陽介、64分 槙野智章
入場者数:34,954人
試合速報


「次の1点」

開始わずか5分。簡単にドリブル突破されたサイドからのクロスに対し、マーキングミスからあっさりとマルキーニョスにヘッドで決められ先制点を許してしまう。

これまで先制パンチを相手に見舞わせて逃げ切る試合が多いレッズにとって、先週の天皇杯同様早々に追いかける展開となってしまったが、選手達は慌てずじっくりと相手の出方を見ていた。

最初のシュートこそ23分の柏木の美しい同点ゴールであったが、指揮官のコメントにもあるようにその前後から後方の選手がドリブルで仕掛け数的優位の展開を作り、中盤を制圧する相手に対し風穴を開け始めた。

そしてこの日最大の収穫だったのは、“次の1点”をレッズが奪ったということであろうか。これまで勝ち試合の中でも常々課題とされていたが、相手のミスをしっかり衝いて、ショートカウンターから原口のシュートこそ相手に阻まれたが、槙野が詰めてこぼれ玉を押し込んだ。

やはり中村俊輔、マルキーニョスと一撃を持っている選手は脅威であり、またチームとしてしっかり戦略を立ててレッズを苦しめた。しかしそういう中で自分達で修正し展開を作り得点を呼びこんだ力は大きいと思う。これが継続の証だろう。

まだまだ厳しく苦しい試合展開があろうかと思うが、選手達も言っているようにまずは1試合1試合の積み重ねが大事なのだと思う。

Cimg9580 Cimg9596 Cimg9602

|

« 第25節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 横浜遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/55666208

この記事へのトラックバック一覧です: 【第25節 横浜FM戦】:

« 第25節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 横浜遠征あれこれ »