« 第21節 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ »

2012.08.11

【第21節 神戸戦】

Jリーグ第21節 vsヴィッセル神戸(レッズオフィシャル)

8月11日(土)にホームズスタジアム神戸で行なわれました、Jリーグ第21節 vsヴィッセル神戸の試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ DIVISION1 第21節
ヴィッセル神戸 vs 浦和レッズ
2012年8月11日(土)19:04キックオフ・ホームズスタジアム神戸
試合結果
ヴィッセル神戸1-0(前半1-0)浦和レッズ
得点者:23分 大久保嘉人(神戸)
入場者数:14,161人
試合速報


「繋ぐ意識の難しさ」

攻める浦和、守る神戸という構図の上で、決して互角とはいえない試合内容。神戸の選手達も試合後一応に口にしたコメントは、「相手は繋ぐ意識が高くて、守備に奔走して疲れた」との事。

前半は相手の深い守備に苦しみ、何とか打開すべくロングフィードのパスを左右に散らし攻撃を展開するもなかなか最後まで持ち込む事ができなかった。22分に野沢の絶妙なパスから大久保にPKを与えてしまい失点を喫するも、後半に入ると相手の運動量が落ちてきて、次第にパスが回るようになってきたが、63分の小川の退場がターニングポイントになってしまう。

レッズは残り30分余りを数的優位の状況で戦うことになったが、4-4-1とさらに守備に枚数を掛けてきた神戸に何度かゴール前に迫るも、ラストの精度が乏しくこの日は14本シュートを放つも迫力に欠いていた感は否めなかった。

ピッチコンディションの悪さ、夏場の疲弊もあろうが、それは相手も同じ条件。ただそういう状況下でパスを繋ぐという高い意識で試合をコントロールするのは難しい。現に時間が残りわずかと限られた中で1点を追う展開であっても、ロングボールで相手の守備ラインを下げるという武器を使えないのは戦術的に厳しいと思う。

結果的に自分達で試合を難しくしてしまったように思えた昨夜の試合。これでホムスタでのリーグ戦は4シーズン連続で勝ちなしと相性の悪さも解消できなかった。

ただ、ここまで引き分けと勝ちが続く中で、久々に味わった敗戦の厳しさ。むしろこれを糧としてしっかり修正して次に臨んでほしいと思う。

Cimg9160 Cimg9165 Cimg9176

|

« 第21節 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/55401286

この記事へのトラックバック一覧です: 【第21節 神戸戦】:

« 第21節 神戸戦プレビュー | トップページ | 神戸遠征あれこれ »