« 第23節 清水戦プレビュー | トップページ | エコパ遠征あれこれ »

2012.08.25

【第23節 清水戦】

Jリーグ第23節 vs清水エスパルス(レッズオフィシャル)

8月25日(土)にエコパスタジアムにて行なれました、Jリーグ第23節 vs清水エスパルスの試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ・ディビジョン1 第23節 
清水エスパルス vs 浦和レッズ 
2012年8月25日(土)18:04キックオフ・エコパスタジアム
試合結果
清水エスパルス0-2(前半0-2)浦和レッズ
得点者:11分 梅崎 司、20分 阿部勇樹
入場者数:23,188人
試合速報


「15分間の集中」

指揮官はハーフタイムに「後半最初の15分、とくに集中すること。」と言って選手達を送り出した。それもそのはずであり、敗戦を喫した神戸戦を除いては、FC東京戦、鹿島戦に続いて前半を終えて2-0というスコア。そのいずれも開始15分以内に失点を喫しており、口酸っぱく言いたくなるも頷けた。

清水は守備が不安定だったDF犬飼からFW高原を投入。システムを2トップ気味に替え攻撃のスイッチを入れた。レッズにとっては、下がってボールを受けにくる高原の動きを捕らえるのにいささか難儀であったように見えたが、時間が経つごとに相手はサイドからの個の突破による展開が増えてくる。

レッズとしては対面の選手との間合いをとる中で、しっかり中央の守備網を引くことで決定的な場面を許すことなく、逆にカウンターの機会を伺う時間が増えたように見えた。

もちろん何度かカウンターで3点目を奪う機会もあった。後半のシュートが1本だけというのは、最後に打てない・・・という裏返しでもある。「奪えればもっと楽になる」というコメントにもあるように、選手達もそれは十分に分っているのであるから、疲労もあろうがもう少し突き詰める必要があるのかもしれない。

ただ選手達は指揮官の激に応え、後半の立ち上がりをしっかり集中して完封勝利という結果を残した。それはスコアや内容からも成長の証ととらえてもいいだろう。特に苦手である夏場での連勝は勝点6以上の価値があると思う。

これでエコパスタジアムでは実に2008年4月の磐田戦以来、約4年ぶりの勝利でようやく鬼門を打ち破った。そして次節は「さいたまダービー」。言わずもがな残暑とともに厳しい闘いはまだまだ続くのである。

Cimg9385 Cimg9397 Cimg9410

|

« 第23節 清水戦プレビュー | トップページ | エコパ遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/55505447

この記事へのトラックバック一覧です: 【第23節 清水戦】:

« 第23節 清水戦プレビュー | トップページ | エコパ遠征あれこれ »