« 武者修行 | トップページ | 土日 »

2012.07.19

ノッティンガムの憂鬱

国際親善試合といっても、ロンドン五輪へ向けての調整試合。

ベラルーシとの対戦は、開始からお互い決め手に欠ける展開。大半の選手はわずか4日前にJリーグに出場していた選手が多かったため、渡英してからもベストメンバーを組めず様子見といったところで、結果的にゴールが遠く突破口を見出せない状況で折り返し。

後半に入ると開始から6人。そして途中から3人交代して調整を図りつつ、ようやく81分に杉本がゴールを奪い先制。結局そのままの1-0で終了し、五輪代表としては久々の勝利となりました。

この試合でのポイントとしては、OA枠で起用される吉田の怪我の具合。ようやく復帰を果たし中継を見る限り要所要所でリーダーシップを図っていましたが、試合勘という点からするとまだまだでしょうか。

大会まで1週間となり、調整試合は週末のメキシコ戦を残すだけですが、選手の大量起用については、指揮官はもうベストメンバーを決めたのかそれとも・・・。メキシコ戦も要チェックになりそうですね。


国際親善試合
U−23日本 1-0 U−23ベラルーシ
(スポーツナビ速報)

|

« 武者修行 | トップページ | 土日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/55270362

この記事へのトラックバック一覧です: ノッティンガムの憂鬱:

« 武者修行 | トップページ | 土日 »