« 第17節 鳥栖戦プレビュー | トップページ | 移籍 »

2012.07.07

【第17節 鳥栖戦】

Jリーグ第17節 vsサガン鳥栖(レッズオフィシャル)

7月7日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第17節 vsサガン鳥栖の試合結果をお知らせいたします。

2012Jリーグ DIVISION1 第17節
浦和レッズ vs サガン鳥栖
2012年7月7日(土)18:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ4-3(前半1-0)サガン鳥栖
得点者:7分 梅崎 司、50分 平川忠亮、52分 原口元気、54分 原口元気、67分 トジン(鳥栖)、67分 藤田直之(鳥栖)、71分 藤田直之(鳥栖)
入場者数:30,047人
試合速報


「呼び水」

試合開始から降り続いている雨が、後半に入ると視界が遮られるほどの豪雨に気候が変化。それが高速カウンター発動への呼び水となった。

確かに相手のハイプレスには苦しんだが、それはすでにナビスコカップで予習済。落ち着いていなしつつも、両サイドを基点に縦への攻撃の意識が高くもって、相手ゴールへ迫った。

ひとまず課題だった複数得点が奪えたことは大きい。今日のスコアラーが原口の2得点の他が両サイドアタッカーという点を踏まえても、攻撃のバリエーションに変化が見られたことは良かったと思う。

ただ、4-0からの3失点は結果的に勝点3を奪ったとはいえ看過できない。特に2、3失点目への一連の流れは集中力が途切れていたとっても過言ではない。それは鳥栖の選手達の諦めない気持ちにも起因するし、レッズとしては豪雨でピッチの状況が刻々と変化する中で、ミスが焦りを呼んでしまい自分達のペースが作れなかった。指揮官はその変化にいち早く気づいていたようだが、それは今後に向けての新たな課題だと思う。


ひとまず「30」という一つの節目まで勝点を積み上げてリーグ戦を折り返す形になった。後半戦は特殊なミシャスタイルのサッカーを打ち破るべく他のクラブも対策を練ってくるだろう。さらにこれまで苦手としてきた夏もやってくる。

それを乗り切ってこそ“その先”が見えてくるのかもしれないが油断は禁物。今宵の結果はその忠告だったのかもしれない。

Cimg8713 Cimg8733 Cimg8742

|

« 第17節 鳥栖戦プレビュー | トップページ | 移籍 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/55142404

この記事へのトラックバック一覧です: 【第17節 鳥栖戦】:

« 第17節 鳥栖戦プレビュー | トップページ | 移籍 »