« 第16節 C大阪戦プレビュー | トップページ | 大阪長居遠征あれこれ »

2012.06.30

【第16節 C大阪戦】

Jリーグ第16節 vsセレッソ大阪(レッズオフィシャル)

6月30日(土)に大阪長居スタジアムで行なわれました、Jリーグ第16節 vsセレッソ大阪の試合結果をお知らせいたします。

2012Jリーグ DIVISION1 第16節
セレッソ大阪 vs 浦和レッズ
2012年6月30日(土)19:03キックオフ・大阪長居スタジアム
試合結果
セレッソ大阪1-1(前半0-1)浦和レッズ
得点者:20分 鈴木啓太、90+1分 柿谷曜一朗(C大阪)
入場者数:36,723人
試合速報


「記録と記憶」

前半20分に鮮やかに中央を崩し先制。それ以降も警戒しラインを下げてくる相手に対し、押し込むチャンスはあったが、時間が経つごとに勝利の女神は浦和から遠ざかっていった。

それは記録が物語っており、前半こそ7本シュートを放ったが、後半はわずか1本のみ。ただこれも宇賀神が自陣右サイドから中へスライドしながらのシュートでこれといって勢いがないものだったと記憶する。それだけレッズの攻撃は尻すぼみだったことが伺われ、これでは攻めのスタイルを標榜しても何の説得にもならない。

とかく前半の終盤からはサンドバック状態で、幾度となく加藤の好セーブに助けられた。もちろん相手のシュートミスもあったが、全体にズルズルと下がってしまい何度もバイタルエリアを空けてしまった。逆にカウンターのチャンスも何度かあったが、ボールが収まりきれずミスも目立ち、クリアボールも競り負けてしまう事もしばしばあった。

流れを変えるべく、後半36分に原口からランコに交代したが、相手は播戸、ブランキーニョと次々と攻めのカードを切った事を考えるのであれば、あえて逃げ切る姿勢をとる事も必要だったのかもしれない。だがそれは指揮官の思うところであり何とも言えない。

ただ、今シーズンリーグ戦6分3敗の中で、終了間際に勝ち越し弾や同点弾を奪われたのは、マリノス戦、FC東京戦に続いてこれで3度目。今日はドローという記録が残っても、後味悪い記憶はなかなか払拭できないものである。

今シーズンは課題と修正を繰り返して成長している事実は変わらない。だが最後はチームとしての意思統一が大事なのだと思う。

Cimg8626 Cimg8634 Cimg8640

|

« 第16節 C大阪戦プレビュー | トップページ | 大阪長居遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/55087654

この記事へのトラックバック一覧です: 【第16節 C大阪戦】:

« 第16節 C大阪戦プレビュー | トップページ | 大阪長居遠征あれこれ »