« 第15節 仙台戦プレビュー | トップページ | スタジアム募金 »

2012.06.23

【第15節 仙台戦】

Jリーグ第15節 vsベガルタ仙台(レッズオフィシャル)

6月23日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第15節 vsベガルタ仙台の試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ DIVISION1 第15節
浦和レッズ vs ベガルタ仙台
2012年6月23日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-0(前半0-0)ベガルタ仙台 
入場者数:39,545人
試合速報


「消し合い」

首位仙台との攻防戦。

結果こそスコアレスでだったが、お互いのストロングポイントを消し合い、守備に奮闘した結果ゆえホームながらの勝点1はポジティブに捉えていいと思う。

レッズとしては、中央からの縦への展開を臨んでいたが、相手の柳沢、中原の両FWが高い位置でプレッシャーをかけ、どうしてもサイドからの攻撃に偏ってしまうが、そういう中でも何とか事態を好転させるべくサイドチェンジのパスを何度か繰り出し、攻撃の糸口を模索していた。

一方守備陣も仙台のキーマンといえる、梁勇基や太田、さらに駆け上がってくる菅井をしっかりマークし、これまでウィークポイントとされたサイドから攻撃に対してしっかり対処できたのではなかろうか。

特に終盤にかけての守備意識はとても高く、相手はなかなかボールを中に入れられずに難儀していたように感じた。安易な失点を防ぐべくしっかり集中して首位相手に守りきったと思う。

ただこういう膠着した状況になると、攻めの打開策が必要性を強く感じるところ。特に1トップを担った原口がシュート0だったというのはモノ足りないが、この日ばかりは相手の守備に奔走したゆえ、2シャドーやサイドアタッカーとの連係が少なかったのは致し方なかったのかな・・・と振り返る。

だからこそまだまだ課題は多いのだが、今は1つ1つタスクをこなして勝点を積み上げることが大切なのだと痛感する。それは昨年を振り返るならば当然の帰結だと思う。

Cimg8452 Cimg8467 Cimg8476

|

« 第15節 仙台戦プレビュー | トップページ | スタジアム募金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/55035056

この記事へのトラックバック一覧です: 【第15節 仙台戦】:

« 第15節 仙台戦プレビュー | トップページ | スタジアム募金 »