« 第14節 G大阪戦プレビュー | トップページ | 大阪万博遠征あれこれ »

2012.06.16

【第14節 G大阪戦】

Jリーグ第14節 vsガンバ大阪(レッズオフィシャル)

6月16日(土)に万博記念競技場にて行なれました、Jリーグ第14節 vsガンバ大阪の試合結果をお知らせいたします。

2012Jリーグ・ディビジョン1 第14節 
ガンバ大阪 vs 浦和レッズ 
2012年6月16日(土)19:03キックオフ・万博記念競技場
試合結果
ガンバ大阪1-2(前半1-1)浦和レッズ
得点者:15分 佐藤 晃大(G大阪)、29分 原口元気、90+2分 梅崎 司
入場者数:14,977人
試合速報


「豪雨の中の歓喜」

勝点に飢える相手に対し、前半15分にCKからあっさり競り合いに負けて失点。

相手は主力である今野や遠藤がリザーブスタートとなり、逆にキーマンが不在で攻撃の芽を摘めきれず両サイドからサンドバックのごとく仕掛けられて何度もピンチを招いてしまったが、加藤やゴールポストの好セーブ(?)がなければ、敗戦も覚悟したといっても過言ではない不甲斐ない前半の内容だった。

ただ、そんな内容であっても、29分に柏木のスルーパスから原口がグラウンダーの早いシュートでゴールを決めてしまうのだからサッカーはわからないものである。

後半から相手は遠藤を投入し、巻き返しを図るも一進一退。むしろガンバの決定力の低さに助けられた感もあった。レッズも矢島を投入しようやく1トップを担う原口との距離を保ち、何度かチャンスをつくるもゴールが遠く引き分けを覚悟していたが、アディショナルタイムも終わる寸前に山田を起点に柏木のサイドチェンジから梅崎が得意の切り返しからこれもグラウンダーのシュートがゴール右隅に決まり逆転。最後の最後で勝点+2を積み上げ、万博で6年ぶりのリーグ戦勝利を飾った。

終始劣勢であってもそのまま結果に直結しない時もある。1つのプレーが試合を決め、1つの判断ミスが敗戦への引き金を引いてしまう事もある。だからこそ指揮官がこの日の勝利を「幸運だった」と語ったのは頷ける。

それゆえ内容だけを鑑みれば、満足とまではいかないが、豪雨の中で最後まであきらめずに闘いぬいて奪った勝点3は素直に受け入れていいだろう。しっかり修正することも大事だが、この状況下での歓喜をさらなるステップアップにつなげてほしいと思う。

Cimg8405 Cimg8422 Cimg8427

|

« 第14節 G大阪戦プレビュー | トップページ | 大阪万博遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/54981001

この記事へのトラックバック一覧です: 【第14節 G大阪戦】:

« 第14節 G大阪戦プレビュー | トップページ | 大阪万博遠征あれこれ »