« 第11節 新潟戦プレビュー | トップページ | 奇跡 »

2012.05.12

【第11節 新潟戦】

Jリーグ第11節 vsアルビレックス新潟(レッズオフィシャル)

5月12日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第11節 vsアルビレックス新潟の試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ・ディビジョン1 第11節
浦和レッズvsアルビレックス新潟
2012年5月12日(土)16:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-1(前半1-1)アルビレックス新潟 
得点者:11分 マルシオ リシャルデス、29分 ブルーノ ロペス(新潟)
入場者数:31,818人
試合速報


「底上げ」

前半14分。負傷した平川に代わり投入された宇賀神がそのまま右サイドの位置でプレー。それ以降チャンスの機会が見られたのは左サイドが中心だったのは気のせいだったか。

もちろんなかなかボールが回ってこないということもあったが、選手間のコンビネーションの重要さというのを感じた。それは逆に言うと選手起用における固定化もそうだが、リザーブの選手達との力量差、さらに途中から流れを変えるいわゆるス-パーサブの不在というのを改めて痛感した。それは今季初出場を果たしたセルヒオしかり、ランコしかりでもある。

主力の選手達は、どの流れでボールを捌いて動かして最後まで持っていくかという一連の流れを実戦で鍛え、いわばインスピレーションを交えてプレーの質を高めてきた。それゆえ戦力の底上げというのは一概に難しいかもしれないが、こればかりは練習だけでは完成できないものであると思う。

そして、後半33分のビックチャンスもそれを表したものだと思う。勝負なのか確率を高めるのか・・・。パスを出す側受ける側双方に交錯するものがあっただろう。

それゆえ今日は、前半で試合を決められなかったというのもあるし、しっかり守備ラインを敷いてレッズの肝となる縦パスを入れさせない新潟の守備能力の高さ、さらに一気に襲いかかるカウンターに苦しめられた感もあった。もちろん相手の精度の低さに助けられたのもあったが、全てを勘案するならば勝点1も残念であるが致し方ないと思う内容だった。それはチームの成長を支える上で今後に向けての高い授業料を払ったと言っても過言ではないだろう。

やはり選手層を底上げするためには実戦経験が必要だ。だからこそミッドウィークに行われるナビスコカップがとても重要になってくるのである。

Cimg8142 Cimg8153 Cimg8156

|

« 第11節 新潟戦プレビュー | トップページ | 奇跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/54693180

この記事へのトラックバック一覧です: 【第11節 新潟戦】:

« 第11節 新潟戦プレビュー | トップページ | 奇跡 »