« 第12節 清水戦プレビュー | トップページ | 英姿颯爽 »

2012.05.19

【第12節 清水戦】

Jリーグ第12節 清水エスパルス戦(レッズオフィシャル)

5月19日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第12節 vs清水エスパルスの試合結果をお知らせいたします。

2012Jリーグ・ディビジョン1 第12節
浦和レッズvs清水エスパルス
2012年5月19日(土)15:34キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-0(前半1-0)清水エスパルス 
得点者:42分 阿部勇樹
入場者数:35,877人
試合速報


「頭脳戦」

開始から相手は浦和対策よろしく前線の高原、大前、高木を中心に守備陣のボールホルダーに対し、猛然とフォアチェックを行ってきた。

レッズもそのチェックを往なして攻撃に転ずるも、なかなか縦にボールが入らずチャンスを伺う展開がしばし続いたが、30分を過ぎると相手はフォアチェックをやめて、中盤で網を張ってボールを奪うという戦術に切り替えると、何度かその網にかかってしまいショートカウンターを受けることもあった。

しかし逆にロングパスいう武器を生かせる形となり、そこから得たCKを阿部が決めて貴重な先制点を奪った。

後半早々に相手はアレックスが退場となり10人での戦いを強いられるも、数的不利も感じさせず両サイドからの仕掛けに何度となく手を焼いた。だがレッズもカウンターからのチャンスもあったがそれを生かしきれず、指揮官の言うように攻め急ぐ必要はまったく無かったように思う。

敵将ゴトビ監督は、浦和の変則システムに対し自慢である多様な攻撃の形で崩そうと指示を出し続けた。それに対しレッズは相手の出方を見極めるといういわば“頭脳戦”と言ってもおかしくない試合展開だったと思う。選手達はこれまでの失点パターンの反省を生かして体を張ってゴールを割らせなかったのは大きい。

久々の埼スタでの勝利もそうだが、ホームでの清水戦勝利は6年ぶりとの事。難しかった壁を1つずつ乗り越えて、チームは成長し続けるのだと思う。

Cimg8245 Cimg8257 Cimg8266

|

« 第12節 清水戦プレビュー | トップページ | 英姿颯爽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/54747605

この記事へのトラックバック一覧です: 【第12節 清水戦】:

« 第12節 清水戦プレビュー | トップページ | 英姿颯爽 »