« ナビスコ予選第4節 川崎戦プレビュー | トップページ | 等々力遠征あれこれ »

2012.05.16

【ナビスコ杯予選第4節 川崎戦】

ヤマザキナビスコカップ予選リーグ第4節 vs川崎フロンターレ(レッズオフィシャル)

5月16日(水)に等々力陸上競技場で行なわれました、Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグAグループ第4節・川崎フロンターレ戦の試合結果をお知らせいたします。

2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグAグループ第4節
川崎フロンターレvs浦和レッズ 
5月16日(水)19:00キックオフ・等々力陸上競技場
試合結果
川崎フロンターレ0-3(前半0-1)浦和レッズ
得点者:32分 柏木陽介 、57分・82分 宇賀神友弥
入場者数:13,608人
試合速報


「意図を汲んで」

敵将の風間監督は、試合後の会見で“致命的なミス”と繰り返し発言するほど、自陣のミスが目立った事を振り返った。

ミッドウィークの試合、そして“ベストメンバー規定”という規則に縛られつつも、通常のメンバーから数人入れ替えてきたのはお互い同じ条件であり、前半を見る限りでは、やはり戦術の浸透度合いの差はそれなりにあったように感じた。

指揮官の意図を選手達がどれだけ理解し、それをピッチで体現するというのが一つのポイントであったが、レッズの選手達は、これまで反省と修正を繰り返して次に臨んでおり、得点シーンはそれがしっかり形として表れているように思えた。後半こそ押し込まれる時間帯が多少あったものの、これまで悪い癖だった“つまらない失点”がなくしっかりとアウェーの地で完封を果たし勝点3を奪取した。

サブメンバーを多く起用し、その連動性や体力面を危惧したがそれは杞憂だった。もちろん相手の出方の悪さもあったが、それを差し引いても納得の試合内容だったと思う。

今後、夏場の試合や出場停止などで、ベストメンバーが組めない事態が起こりうる事もある。その中で昨夜ケガから復帰したスピラノビッチはしっかりと役割をこなし、欠かせない戦力の一員としてようやく戻ってこれたのは大きい。

今週はカップ戦を挟んで少々厳しい日程になるが、4試合ぶりの勝利を良薬に週末の清水戦に向けてこの勢いを持続させていってほしい。

Cimg8185 Cimg8189 Cimg8196

|

« ナビスコ予選第4節 川崎戦プレビュー | トップページ | 等々力遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/54726776

この記事へのトラックバック一覧です: 【ナビスコ杯予選第4節 川崎戦】 :

« ナビスコ予選第4節 川崎戦プレビュー | トップページ | 等々力遠征あれこれ »