« 第5節 鹿島戦プレビュー | トップページ | 鹿島遠征あれこれ »

2012.04.07

【第5節 鹿島戦】

Jリーグ第5節 vs鹿島アントラーズ(レッズオフィシャル)

4月7日(土)、カシマサッカースタジアムにて行なれました、Jリーグ第5節 vs鹿島アントラーズの試合結果をお知らせいたします。
2012Jリーグ・ディビジョン1 第5節 
鹿島アントラーズvs浦和レッズ 
2012年4月7日(土)17:04キックオフ・カシマサッカースタジアム
試合結果
鹿島アントラーズ1-3(前半1-3)浦和レッズ
得点者:2分 興梠慎三(鹿島)・3分、25分 マルシオ リシャルデス、5分 ポポ
入場者数:23,507人
試合速報


「成長の証」

開始わずか2分で失点。早々に追う展開になり難しい試合に持ち込まれるのか・・・と思っていたが、再開直後からプレーが止まることなく素早いパス交換からマルシオの同点ゴール。さらにその2分後にも速攻からポポの逆転ゴールが決まり、一気に試合の形勢が変わってしまった。

アウェー鹿スタでの独特な雰囲気。それは選手達もそうだが観ている側も力が入ってしまう。それゆえどことなく浮き足立ってしまう感は否めなかったが、彼らは立ち上がりの失点に臆することなく速攻という武器を生かし、相手ディフェンスを慌てさせそれに見合う得点を挙げた。

そして3点目のPKの起因となったプレーも速攻から。ボールを奪い一気に相手ゴールに押し上げる動きは何度かあったが、これだけ“ハマった”ものはなかった。

しかしピンチもたくさんあった。やはり試合巧者の鹿島ゆえ、ジュニーニョやドゥトラなど攻撃的な選手を次々と投入し、追い上げるべくさらなる攻撃の活性化を図ろうとしたが、起点となる選手が不在で単発に終わることが多かった。

相手がリーグ戦未勝利ゆえ、逆にプレッシャーがあったと思うが、それを跳ね除け厳しいアウェーの地で逆転できたのは大きい。ただ選手達は勝利への喜びの裏でもう次へ向けて気持ちを切り替えている。それが何よりもミシャサッカーの成長の証だと感じた。

Cimg7822 Cimg7828 Cimg7844

|

« 第5節 鹿島戦プレビュー | トップページ | 鹿島遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/54413695

この記事へのトラックバック一覧です: 【第5節 鹿島戦】:

« 第5節 鹿島戦プレビュー | トップページ | 鹿島遠征あれこれ »