« 【第6節 神戸戦】 | トップページ | ナビスコ予選第3節 C大阪戦プレビュー »

2012.04.16

ベストメンバー規定

水曜日はナビスコカップが開催されますが、何かと問題となるのが「ベストメンバー規定」。

これはJリーグ規約第42条、及び別に定められた補足基準において定義されるものとなっており、『当該試合直前のリーグ戦5試合の内,1試合以上先発メンバーとして出場した選手を6人以上含まなければならない。』と規定されています。

これまでリーグ戦は6試合消化されており、すなわち水曜日のナビスコカップ第3節からこの規定に準じなければいけない事になります。

まず直前5試合のリーグ戦ですから2節から振り返ると、先発メンバーとして出場したのは、
GK:18
DF:2、17、20、26、
MF:7、8、10、13、14、22
FW:11、16、21、22、24、26、29、
なお、直輝が怪我で離脱しているので除外しました。

つまりこの中から6人以上起用しなければならないという事ですね。何とも悩ましいというか難しいというか・・・。

今の状況で、あまり試合出場に恵まれていない選手達の唯一の活躍の場となるのは、このナビスコカップのみ。だからこそ決して「軽視」しているわけではないんですよね。もちろん以前あった「サテライトリーグ」が復活できたらいいんでしょうけど、財政面からいってもそう簡単な話ではないです。

これがベストメンバーだ・・・とJリーグがいろいろと難癖つけるのもどうかと思うわけで・・・。まあこれも以前のサッカー協会会長さんのご提案でしたからね・・・(笑)

しかもナビスコカップといえば、「ニューヒーロー賞」という若手発掘の賞もあるわけですから、ものすごい矛盾しているんですよね。

とにもかくにも、育成の場をもっと設けたいのならば、こういう規定は今すぐにでも廃止にしても誰も文句はないかと思いますがね。

|

« 【第6節 神戸戦】 | トップページ | ナビスコ予選第3節 C大阪戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/54489952

この記事へのトラックバック一覧です: ベストメンバー規定:

« 【第6節 神戸戦】 | トップページ | ナビスコ予選第3節 C大阪戦プレビュー »