« 準優勝 | トップページ | 【第1節 広島戦】 »

2012.03.09

第1節 広島戦プレビュー

いよいよ2012シーズン、20年目の開幕を迎える。
そして、明日はアウェー広島ビッグアーチに乗り込み、サンフレッチェ広島と対戦する。

広島は、今シーズンからOBであり、昨年まで新潟のHCを務めた森保氏を招聘。退任した前監督のサッカーに守備意識を植え付けさらなる攻守に磨きを掛けてシーズンに臨む。

しかし、攻撃のキーマンとなっていた李がイングランドへ。そして長く広島を支えてベテランの服部や高柳が移籍したものの、大宮から石原を獲得、そして平繁が復帰と決して層の薄さは感じられない。

当然ながら1トップを務めるのは、エースであり広島の顔といっても過言ではない佐藤寿人。そしてシャドーには高萩と移籍した石原というテクニックを伴う選手を配置し、その連動ある動きに手を焼きそうだ。そんな中、特に右ウイングに鎮座するミキッチの存在がポイントになると思う。

右サイドで上下動たる激しい動きから攻撃を展開するセンスは類まれで、これまで何度となく破られた印象が強い。特に彼を起点としたサイドからの攻撃を封じることができれば、チャンスがあるかもしれない。


一方のレッズは、昨シーズンは前監督であるゼリコ・ペトロビッチ氏の攻撃サッカーが定着せず、迷走し低空飛行を続けたまま降格圏を彷徨い、最後の最後で15位と残留を果たすという屈辱的な1年だった。

シーズンが終わってからもフロントは迷走し続け、紆余曲折がありながら前広島監督のミハイロ・ペトロヴィッチ氏を新監督に招聘しチームの建て直しが図られた。補強も神戸からポポを獲得。ドイツのケルンから槙野をレンタル。そしてこれまでレッズの屋台骨を支えたといっても過言ではない阿部勇樹がレスターシティから復帰を果たし、顔ぶれが揃った。

これまで宮崎、鹿児島とキャンプを敢行する中で、指揮官はシステムを3-4-2-1とこれまで指揮を執った広島と変わらない配置を敷く。PSMも行われず、A代表や五輪代表で選手が入れ替わる中で、徐々に選手構成が見えてきた。

懸案なのは1トップの起用。ポポ、デスポトビッチ、田中達也と候補がいる中でなかなか決まらないようであるが、指揮官の意図とすれば、1トップと2シャドーの連動がこのサッカーの肝となるので、特段重要視する必要はないかと思う。

そして阿部は本職のボランチではなくリベロでの起用が濃厚。正確なキックとカバーリング能力の高さはリーグ屈指。そして今シーズンはキャプテンとしてチームを牽引していく。

しかしながら、チーム力が植えつけられたかといったらまだまだ発展途上。良い所もあれば悪い所もある。特にここ数年はクラブや指揮官の方針がブレまくり、一番被害を被っているのはピッチで闘う選手達ゆえ、再び軌道修正するのは並大抵のことではない。だからこそ見ている自分達がどれだけ見守ることができるかも今シーズンもポイント言っても過言ではないと思う。


明日は、ペトロビッチ、槙野、柏木が広島凱旋と、相手にとって見れば因縁この上ない試合。もちろん相手から厳しい声もあろうかと思うが、それをバネに闘えるかどうかが勝負の分かれ目になるかもしれない。

レッズはこれまで開幕戦といえば、あまりというかほとんど勝利に恵まれていないが、シーズン最初の試合ゆえ、これがミシャのサッカーだという方向性が見られれば、それに越したことはない。もちろんその中で勝点を持ち帰ることができればもっといいのであるが果たしてどうなるのか。まずは初陣をじっと見据えたい。

|

« 準優勝 | トップページ | 【第1節 広島戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/54181147

この記事へのトラックバック一覧です: 第1節 広島戦プレビュー:

« 準優勝 | トップページ | 【第1節 広島戦】 »