« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »

2011.03.05

第1節 神戸戦プレビュー

19年目のJリーグがいよいよ開幕。

明日はアウェー、ホームズスタジアム神戸にのりこみ、ヴィッセル神戸と対戦する。


神戸は昨シーズンはリーグ戦第15位。わずか3ヶ月前、埼スタでレッズを相手に「奇跡の残留」を果たした記憶はまだ新しい。今季は目立つ補強は少なく、堅守速攻を持ち味とした現有戦力の上積みに留めた。

あの試合は特別・・・という見方もあるかもしれないが、一瞬のボール奪取からワイドに展開するカウンターには気をつけたいところ。ケガから復帰したエース大久保や吉田、さらにボッティらテクニシャンが前線に揃い、和田監督の下、チームワークは全く崩れていない。


一方のレッズは、指揮官が変わり昨年までのパスサッカーをベースに…と謳っているものの、これまで3試合行われたPSMでは、その雰囲気を感じる事は少なかった。

DFラインに長身の永田を据え、守備に安定感が出てきたが、司令塔にマルシオ・リシャルデスを擁した攻撃陣はチグハグさが拭えないまま、開幕を迎える事になった。

特にエジミウソンの1トップは昨年と変わらないものの、その様相は全く異なり孤立のエースとなりつつある。その苦境を打開すべく、柏木を中心に幾度となく解決策を模索しているようだ。

攻撃のスタイルが変わるのだから、壁にぶち当たるのは当たり前だと思う。あとはその状況をどう打ち破るかが問題になるが、個々のパフォーマンスは高いのだから、こればかりは1試合1試合の積み上げが大事になると思う。


開幕戦こそどうしても敗戦の印象が強いが、新たな“URAWA”のサッカーへの期待を込め、さらに弾みをつけるために、選手達と共に闘い勝点3を持ち帰りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.04

4.5

2014年、ブラジルW杯のアジア連盟からの出場枠が、南アフリカ大会同様、「4.5」枠に決定したとの事。

まあ、日本にとっては朗報と言えるのではないでしょうか。

でも油断は禁物ですな・・・。

W杯出場枠、アジアは4.5を維持(ロイター)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.02

ACL2011 Match1

いよいよACL2011が開幕。

特にクラブワールドカップが再び日本開催となり、スポンサードとなるTOYOTA関係、つまり名古屋の動向には要注目ですね。

火曜日、水曜日に行なわれた結果、そして順位表は以下の通りです。

注目のJ王者名古屋、そして鹿島が共に中国勢にアウェーで未勝利に終わった事が、後々のJリーグやグループステージにどう響くでしょうか。

Match2は、15日(火)、16日(水)にそれぞれ行なわれます。


グループE G大阪5-1メルボルン・ビクトリー
グループF 杭州緑城2-0名古屋
グループG C大阪2-1アレマ・インドネシア
グループH 上海申花0-0鹿島

ACL順位表(スポーツナビ)

Img_9467 Img_9472

Img_9485 Img_9490

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.28

宇都宮遠征あれこれ

PSMの鳥栖戦は欠席。大宮戦は遠征の部類としては別にすると、この栃木戦が今シーズン初の遠征記となります。今シーズンもよろしくお願いします。ということで、さっそく振り返ります~。


宇都宮のグリーンスタジアムといえば、1996年天皇杯以来15年ぶり。いやはや年とりました(笑)。

13時試合開始ということで、早めの出発。いつもの新鎌ヶ谷駅から、5:52発の野田線柏行きに乗車。
Img_9326 Img_9327 Img_9330

続きを読む "宇都宮遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.27

【プレシーズンマッチ 栃木戦】

オフィシャルより

11.02.27
プレシーズンマッチvs栃木SC 27日(日)に栃木グリーンスタジアムで行なわれました、プレシーズンマッチvs栃木SCの試合結果をお知らせいたします。

Jリーグ・プレシーズンマッチ
栃木SCvs浦和レッズ
2011年2月27日(日)13:03キックオフ・栃木県グリーンスタジアム
試合結果
栃木SC0-1(前半0-0)浦和レッズ 
得点者:74分高崎(レッズ)
試合速報


「手探り」

ボールは回っているのだが、VTRの繰り返しのような展開。早春の陽気と相まって、まるで眠くなるような内容だった。

開幕直前のプレシーズンマッチも最後の3試合目となり、ようやく「勝利」という結果だけ得て、リーグ戦に突入する。

指揮官が目指すべきものはそれとなく分かる。ただそこに嵌めるべきピースとなる選手達の動きが今一つ、いや今二つぐらい足りないように感じた。まだまだミスも目立つように思える。

指揮官が唱える「闘争心が足りない」、「覇気がない」というだけで片付けるのは簡単だ。ただ、今はスタイルの構築を図るという時間を考えると、大宮戦同様まだまだ手探り段階と言わざろう得ないだろう。

不安はある。しかしその材料だけ並べたところで何も始まらない。もう1週間後から長いシーズンが始まるのだから、ともかく前を向いて選手達と共に立ち向かっていきたい。

Img_9398 Img_9407 Img_9410

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月20日 - 2011年2月26日 | トップページ | 2011年3月6日 - 2011年3月12日 »