« 2011年12月11日 - 2011年12月17日 | トップページ | 2011年12月25日 - 2011年12月31日 »

2011.12.24

【天皇杯準々決勝 FC東京戦】

オフィシャルより

11.12.24
第91回天皇杯、準々決勝vsFC東京
12月24日(土)熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて行なわれました、第91回天皇杯、全日本サッカー選手権、準々決勝vsFC東京の試合結果をお知らせいたします。

第91回天皇杯、全日本サッカー選手権大会、準々決勝
FC東京vs浦和レッズ   
2011年12月24日(土)13:04キックオフ・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
試合結果
FC東京1-0(前半1-0)浦和レッズ
得点者:20分 石川直宏(FC東京)
入場者数:11,612人
※浦和レッズの2011シーズン全日程が終了となりました。
試合速報


「必然の終戦」

試合が終わると、青赤に染まったFC東京サポから歓喜のクリスマスソングが歌われる。そんな熊谷の地で今シーズンのレッズの闘いが幕を閉じた。

開始早々から、高い位置でプレッシャーを掛けてくる相手に押し込まれ、なかなかボールを前線に運ぶことができない。後方から縦へボールを繋ごうと意識しても、受け手との呼吸がまったく合わずミスが重なり、それを起点に逆襲を喰らう・・・。そんなやきもきした展開が続く中で、中盤からパスで翻弄されて最後は石川直宏のゴラッソなゴールが決まり先制点を奪われてしまった。

相手選手が「真ん中に人数がすごいいたけど、逆にトップに人がいなかった。」とコメントしていたように、レッズは仕掛けが単発で迫力がなく攻め手に欠いていた。しっかり要所要所で封じられ、攻撃が分断されてしまった。ただそれは今に始まったことではない。

後半こそサイドを起点に攻め立てているように見えたが、相手は守備に自信を持っており、1点を奪うと深追いはぜず、むしろレッズの出方をしたたかに見据えつつ最後まで守り切った。

厳しいJ2で揉まれた中で戦い方が確立された相手に対し、最後の最後まで迷走し続けたレッズ。その差は明らかで敗戦は必然だったのかもしれない。

自信もプライドも何もかも失ってシーズンが終わったが、それは補強や育成だけで解決できるものではない。それを痛切に感じた1年であったと思う。

Cimg7412 Cimg7414 Cimg7427

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.12.23

天皇杯準々決勝 FC東京戦プレビュー

年の瀬も迫り天皇杯も大詰め。明日は準々決勝。熊谷スポーツ文化公園陸上競技場でFC東京と対戦する。

FC東京はリーグ戦では、23勝8分7敗の勝点77でJ2リーグ優勝。先週は4回戦で水戸と対戦した。

開始早々の8分に、相手のクリアミスからオウンゴールを誘い先制するも、その後は相手の体を張った守備になかなかゴールをこじ開けられない。後半に入るとサイドを起点に攻め上がる相手に防戦一方となったが、最後まで守りきり結局1-0で勝利し、準々決勝へ駒を進めた。

一方のレッズは、4回戦は愛媛と対戦。ジャイアントキリングを起こすべく、早々から相手のプレッシャーに苦戦するものの、わずか9分にマルシオの直接FKが決まり先制しリズムを掴み始めた。さらに38分にCKの流れから原が追加点。今シーズン懸案だったセットプレーからの2得点をあげ前半を終える。

後半も縦へボールを繋ぐ意識が何度も見られ、77分にそれが実を結び鮮やかなパスでの崩しから柏木が3点目を決めた。アディショナルタイムに失点を喫したものの、結局3-1で勝利し、2大会連続の準々決勝進出を決めた。

FC東京は、今年は圧倒的な攻撃力が目立つ一方で、守備もわずか22失点と堅守でJ2を戦いぬいた。それはJ2特有の単発なサッカーに染まることなく、自分達で主導権を握り試合運びをしてきた結果でもある。それが来シーズンもJ1で通用するのか、そして普段通りのサッカーで柏のような旋風を巻き起こせるのか。彼等にとってはレッズと対戦することは、試金石といっても過言ではないだろう。

レッズはJ1リーグ戦15位という成績が示すように、確立した戦い方が成されないままかろうじてJ1残留を果たした。しかしここにきてセットプレーからの得点や、FWとして起用されている原一樹の活躍、そしてDF坪井の奮闘もあり、これまでになかったチームとしての変化がそれとなく見られ始めてきたように感じる。

明日は“J1下位”と“J2上位”との対戦という、これまで以上に相手の勢いに警戒する難しい試合になろうかと思う。ただ落ち着いて局面を往なし、セットプレーなどのチャンスをしっかり決めきれる事ができれば、“その先”が見えてくるだろう。

来シーズンは再び同じ舞台で戦う相手。だからこそ、明日勝つ意味はとても大きいと思う。


☆前試合の結果
【浦和】 天皇杯4回戦 (対愛媛 ○3-1)
【FC東京】 天皇杯4回戦 (対水戸 ○1-0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.21

PK戦

柏にとっては、クラブW杯を含めて今月3試合目のPK戦なんですね。

それにしても10人目までいったPK戦は久々に見応えがありました。もちろんやってる選手達やサポーターにとっては観てて胃が痛くなる思いだったでしょうが・・・。

第91回天皇杯4回戦
名古屋3(PK9-8)3柏(JFAオフィシャル(PDF))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.20

代表スケジュール

来シーズンの代表日程がJFAからリリースされました。

その中で、来年6月からのW杯最終予選でのホームが埼スタ開催ということで、ちょっとビックリ。

ザックは埼スタがお気に入りなんですかね(笑)

2012年 日本代表スケジュール(JFAオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.19

2012シーズン日程概要

来シーズンの日程概要がJリーグからリリースされました。

J1の開幕は3月10日(土)。月単位の大きな中断もなく、ほぼ毎週リーグ戦が行われることになります。

そしてJ2は松本山雅と町田の2チームが増え、計22チームでのリーグ戦となり、最後にはプレーオフが新設されることに。

ただ個人的に微妙に感じたのは、J1の土曜日、J2の日曜日の固定開催ですかね。万人には日程が分かりやすいという反面、数多くの観戦機会を失う人もいるわけで、これまでのように柔軟に日程を土日に振り分ける事がなくなったのはちょっと残念ですね。

2012Jリーグ J1リーグ戦/J2リーグ戦 大会方式および試合方式について
2012Jリーグヤマザキナビスコカップ 大会方式および試合方式について
2012Jリーグ J1昇格プレーオフ 大会方式および試合方式について
Jリーグ年間日程(いずれもJリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.18

祭りのあと

今年のクラブワールドカップも3位決定戦と決勝戦が行われ、3年ぶりの日本開催が幕を閉じました。

3位決定戦は、アジア同士の戦い。お互い連戦が続く中で終始柏が試合を優位に進めるもゴールが遠く、スコアレスで90分を終えて大会規定によりPK戦へ。

先攻のアルサッドが全員決める中、柏は林が止められ万事休す。アルサッドがアジア代表の面目を保ち3位に輝き、一方の柏は最後は連敗を喫しながらも、出場国枠で4位という成績で大会を終えました。

決勝戦はバルセロナの独壇場。選手個々の力は当然の事でしたが、それ以上にパスワークでの崩しに見応えがありました。

これだけ面白いサッカーを魅せてくれた後の、日テレのグダグダな演出はどうも残念だった感じもするわけで・・・。


FIFAクラブW杯ジャパン2011 3位決定戦
柏0(PK3-5)0アルサッド
FIFAクラブW杯ジャパン2011 決勝戦
サントス0-4バルセロナ(いずれもスポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊谷遠征あれこれ(愛媛戦編)

天皇杯といえば地方遠征ですが、今回は熊谷。というわけで振り返ります~。


出発はいつもの新鎌ヶ谷。8:57発東武野田線船橋行きに乗車。
Cimg7192 Cimg7195 Cimg7196

9:10船橋駅着。そして9:15発の総武線各駅停車に乗り換え。
Cimg7198

9:44秋葉原駅着。ここまでは定期券を持っているので一旦下車。そして熊谷駅までの乗車券を購入。
Cimg7199


続きを読む "熊谷遠征あれこれ(愛媛戦編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月11日 - 2011年12月17日 | トップページ | 2011年12月25日 - 2011年12月31日 »