« 2011年12月4日 - 2011年12月10日 | トップページ | 2011年12月18日 - 2011年12月24日 »

2011.12.17

【天皇杯4回戦 愛媛戦】

オフィシャルより

11.12.17
第91回天皇杯vs愛媛FC
12月17日(土)に熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行なわれました、第91回天皇杯4回戦vs愛媛FCの試合結果をお知らせいたします。

第91回天皇杯、4回戦
愛媛FCvs浦和レッズ
2011年12月17日(土)15:04キックオフ・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
試合結果
愛媛FC1-3(前半0-2)浦和レッズ
得点者:9分 マルシオ リシャルデス、38分 原一樹、77分 柏木陽介、90+4分 福田健二(愛媛)
入場者数:9,234人
※浦和レッズが準々決勝進出
試合速報


「セットプレーと縦への意識」

2週間ぶりの公式戦。

強風と逆光、そして相手の強いプレッシャーから、難しい立ち上がりとなったが、9分にマルシオの直接FKが決まり早々に先制すると、その後はしばしレッズのペース。38分にもCKから山田暢久が競り合いに勝ち、最後は原が押し込み追加点。これまでほとんど機会がなかったセットプレーからの2点で試合を優位に進め前半を終える。

後半に入り、やや膠着した状態が続くが、その中で目立っていたのが“縦への意識”である。特に柏木や濱田にその意識が強く、事あるごとにチャンスがあるとみるや縦パスを何度も前線に入れてきた。なかなか受け手に繋がらなかった場面も多々あったが、何とか打開しようする動きは決して無駄ではなかったと思う。

それが実を結んだのが77分。啓太を起点に何人もパスに絡み、最後は柏木がGKとの1対1を冷静にゴールに沈めダメ押しとなる3点目を決めた。

最後のアディショナルタイムの失点は、何とも言い難い残念な失点だったが、アシストが元レッズの三上ならば苦笑いをせざろうえないだろう。結局3-1で勝利し、2大会連続で準々決勝へ駒を進めた。


今シーズンは、なかなか第2第3の動きが少なく、ボールホルダーにとっては難しい選択を迫られることが多かったと思う。本来は3点目のような動きが頻繁に見られるようなシーンを数多く想定していたが、それはあまりにもハードルが高すぎるものだった。

それゆえ、これを実現させるには、技術もそうだが選手達の動き、そして何よりも個々の意識が真っ先に反映されるべきものだと思う。

この日観戦した新監督ミハイロ・ペトロヴィッチは、今の浦和に何を感じただろうか・・・。

そして、次の相手は久々のFC東京。満身創痍のシーズンだった今の力を推し量るには良い相手ではなかろうかと思う。

Cimg7271 Cimg7275 Cimg7283

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.16

天皇杯4回戦 愛媛戦プレビュー

リーグ戦が終わってから2週間あまり。元日決勝へ向けて新たな闘いがはじまる。明日は天皇杯4回戦。熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で愛媛FCと対戦する。

愛媛は、リーグ戦は10勝14分14敗の勝点44、第15位で終了。先月行われた天皇杯3回戦では、広島を相手に押し込まれる展開が続いたものの、相手の退場を機に流れが変わり、終了間際の86分に石井の得点で先制。その1点を守りきり、4回戦に駒を進めた。

一方のレッズは、リーグ戦では8勝12分14敗の勝点36、第15位で終了。最終節までもつれ込んだた「残留争い」を何とか逃げ切りJ1残留を果たした。特にリーグ戦最終節はホーム埼スタで柏との対戦だったが、FW不足により山田直輝を1トップで起用したが、地力で上回る相手に手も足も出ずに結局裏目に出てしまい、1-3で敗れた。

2年前に続き、相手の優勝を目の前で見てしまうという厳しい現実を突きつけられて以降、レッズを取り巻く環境がまるでジェットコースターのように目まぐるしく事態が動いた。

新監督人事、選手間のいざこざなどと不安定要素があった中で、監督人事は水曜日に何とか決着し、さっそく明日は御前試合となるとの事。もちろん選手達にとっては格好のアピールの場になるかもしれないが、逆にそれがプレッシャーになりかねない事もある。


「残留争い」という、とかく厳しい戦いから解放された選手達は、明日はどのようなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみ反面、不安反面である。そして堀体制では始めて謹慎処分中である原口を欠いて試合に臨むことになる。

もちろん相手との力量差はあるにしても一発勝負のトーナメントであるし、現状においてレッズの力はJ1に残ったクラブとしては弱小であるという事を忘れてはならない。

元日へ向けての挑戦は、来季への新たな挑戦への始まりでもある。


☆前試合の結果
【浦和】 J1リーグ第34節 (対柏 ●1-3)
【愛媛】 J2リーグ第38節 (対鳥取 ○4-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.15

横浜国際総合競技場

アルサッド-バルセロナ戦に行ってきました。寒かった~。

P1010004 P1010008 P1010050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.14

新監督決定

先週から紆余曲折していた監督人事は、今シーズンまで5年半広島を率いていた、ミハイロ・ペトロヴィッチ氏に決まりました。

何かと騒がれていましたが、西野氏に断られてからの速攻はビックリしました。

ただ、ここまでに辿った人選は、いずれもサッカーの考え方が異なる人達であり、果たしてクラブは今後のレッズについて何を伝え何を託そうとしていたのか、ちょっと考えてしまうところもあります。

でも、それはいずれ分かる事でしょうから、クラブはこれまでの失敗をしっかりと認め、今後はしっかりとクラブとサポーター一丸となって、ミシャを支える体制を整えて、来るべき新シーズンに臨んでほしいと思います。


新監督にミハイロ ペトロヴィッチ氏
ミハイロ ペトロヴィッチ氏と合意(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.12

検証と総括

いろいろ突っ込むところはありますが、その内容はこれまで分かりきってる事。

チーム作りが難しいことは百も承知なんだけど、これだけクラブとしてのビジョン(レッズスタイル)が年々ずれていると、検証も何もなくなってしまうんですね。

クラブのこれまで行った事は、財政面では黒字化になり良かったのかもしれませんが、その分これまで培ってきた大きな財産をいくつも失ったと感じます。クラブフロントはそれを真摯に受け止めているのか真意の程はわかりません。

今後もどれだけ「我慢」が必要なのか。そして浦和レッズは何を目指そうとしているのか・・・。

どうやら新監督人事も白紙に戻ったようで、果たして今年中に決まるのかわかりませんが、しっかりと来季の体制が整った上で、再度クラブ代表の口からしっかりと“クラブビジョン”とやらを聴いてみたいものです。

浦和レッズ 2011シーズンの総括(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.11

謹慎

なんとも呆れた話。

じゃれあった中の経緯とはいえ、ケガをさせてしまっては言い訳無用。しかもプロ選手というか日本代表選手なのだから、事の重大さをどう考えていたのだろうか。

謹慎処分の内容は別にしても、原口にとっては地元開催の天皇杯出場のチャンスを失い、岡本も今シーズン復帰のメドが消え、お互いに大きな代償を払うことになってしまいました。

反省するのは誰でも出来る事。彼らにとって“その後”が大事なんだろうと思います。

原口元気に謹慎(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月4日 - 2011年12月10日 | トップページ | 2011年12月18日 - 2011年12月24日 »