« 2011年11月13日 - 2011年11月19日 | トップページ | 2011年11月27日 - 2011年12月3日 »

2011.11.26

【第33節 福岡戦】

オフィシャルより

11.11.26
Jリーグ第33節vsアビスパ福岡
11月26日(土)レベルファイブスタジアムで行なわれました、Jリーグ第33節vsアビスパ福岡の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグディビジョン1 第33節
アビスパ福岡vs浦和レッズ
2011年11月26日(土)17:33キックオフ・レベルファイブスタジアム
試合結果
アビスパ福岡 1-2(前半1-1)浦和レッズ
得点者:32分 岡本英也(福岡)・45+2分 柏木陽介・63分 マルシオ リシャルデス
入場者数:17,177人
試合速報


「強い執念」

今シーズン初めてといっていいほど痺れる試合。マルシオのPKがゴールに収まるまでの時間がどれだけ長く感じただろうか・・・。

試合開始からこそアグレッシブに前へ突き進むも、相変わらずゴールが遠く、徐々にアビスパの時間帯になっていく。セルヒオが負傷交代し、達也が入ってもなかなかリズムがつかめない中で喫した先制点は、まるで蜂に刺されたかのごとく選手達の足が止まりボールウォッチャーと化していた。

しかし、前半終了間際のゴールで同点とすると、後半はロングボールからの裏を取る動きが増え、それが功を奏し62分に末吉のPA内での一発退場から得たPKをマルシオが決め、ついに逆転を果たした。

それからの時間は10人対11人であっても、前線からプレスを掛ける相手に手を焼きながら、DF陣が踏ん張り何度も相手ボールを跳ね返した。

アディショナルタイムに入り、梅崎も柏木も脚を気にしながらも最後まで走りきった。またようやく復活の兆しが見え始めたマルシオも攻守に大きく貢献した。

最後の最後で勝利への強い執念をみせ、J1残留を“ほぼ”確定させたレッズ。ただリーグ戦はあと1試合残っている。今度は優勝阻止へ向け、もう1度その執念をホーム埼スタでみせてほしい。

Cimg7077 Cimg7079 Cimg7088

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.25

第33節 福岡戦プレビュー

いよいよリーグ戦もあと2試合。明日はアウェーレベルファイブスタジアムにのりこみ、アビスパ福岡と対戦する。

福岡は現在、6勝4分22敗の勝点22で第17位。前節はアウェーで山形と対戦。共にすでに降格が決まってしまった同士の対決だったが、福岡は勝つと最下位を脱出できるという高いモチベーションでこの試合に臨んだ。

開始2分の鈴木の先制ゴールでその幕が開くと、11分に松浦、36分に高橋と浮き足立ったままの山形の選手達を往なし、ゴールを積み重ねて前半を終える。

とかく前線からのプレスが効いており、奪うと速攻でカウンターに切り替わり、後方からの押し上げも効果的だった。

その流れは後半も変わらず、88分とさらにアディショナルタイムには、牛之濱がダメ押しの2得点。すでに大勢決して崩壊寸前の山形守備陣であったが、トドメを刺すには十分すぎる結果。結局5-0で圧勝し開幕以来の最下位を脱出した。


一方のレッズは、前節はホームでベガルタ仙台と対戦。

濱田水輝、山田直輝がU-22ロンドン五輪予選に招集される中、その穴をケガから復帰したマルシオ・リシャルデス、坪井が埋めた。特に坪井はベテランらしく、危なげなく確実に相手と対峙し、特に仙台の攻撃の要となる赤嶺を見事に封じ込んだ。その脚力と危機管理能力の高さ、そして久々のスタメンに賭ける思いには頭が下がった。

またマルシオも、柏木と共に「4-1-4-1」のウィークポイントである啓太のポジションのフォローに回り、かつ献身的にプレーに徹していた。

無用な失点を避ける意図からか、しっかりと守備は修正されたが、一方で攻撃となるとカウンターも不発で、なかなか最後が決まらないというお約束の展開。サイドからチャンスを作っても、中の人数が足りず相変わらずヤキモキする時間が続いた。

交代策も効を奏さず、終わってみればスコアレスドロー。5位の仙台相手にしっかりとDF陣がゴールに鍵をかけ無失点に抑えたが、再び無得点というジレンマに陥りながらも貴重な勝点1を奪取。甲府が敗れたため、次節で勝点3を奪えば、残留を大きく手繰り寄せられる状況になった。


明日はすでに降格が決まり、失うものが何もない福岡との対戦。やはり前節5得点のイメージが強烈の残るが、下位同士での得点という事と、大半は相手のミスによる失点ゆえあまり参考にならないと思う。ただ福岡にとってホーム最終戦ということから、無様な試合は見せられないゆえ、前線から猛然とアタックをかけてくるであろう相手のプレッシャーに、打ち勝つことが出来るかがポイントになる。また、レッズにとっては、勝てば残留をほぼ手中にできるという思いが強くなるゆえ、プレーが硬くならないかが心配のタネである。

勝点3差とはいえ、まったく予断を許さない状況。もちろん相手の結果如何というのもあるが、自力で決められるのならば、早く決めて落ち着きたいところ。それはレッズに関わるもの全ての想いでもある。

レッズに与えられている時間はあと180分間あるが、やはり明日の90分間がとても重要になる。全力で闘い抜いて、勝点3を浦和に持ち帰ってほしい。


☆今季対戦
6/22 リーグ第17節(埼スタ) 
浦和3-0福岡 【浦和】【福岡

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第32節 (対仙台 △0-0)
【福岡】 Jリーグ第32節 (対山形 ○5-0)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.24

新聞辞令

週明け月曜日に紙上を賑わせた「浦和 西野監督浮上」記事。

その後、西野監督退任の報が出た途端、昨日は「浦和 岡田氏招聘へ」の記事。どちらも同じ新聞社の記事というのが疑わしき100%なんですが・・・(笑)

まあオフシーズンが近づいてくると、こういう人事関連の記事がチラホラと出てくる季節となります。

でも誰が監督をやるにしても、チームとしてのコンセプトがはっきりしないと就任要請を出しても、受けてくれないんじゃないですかね。

それをクラブのトップはどう考えているのか、甚だ心配であるわけで・・・。


浦和、来季西野監督浮上 G大阪指揮官(11/21 日刊スポーツ)
浦和が接触!岡田監督招聘へ 来週成立も(11/23 日刊スポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.23

U-22バーレーン戦

やはり中東の地。厳しい試合となりました。

そんな中で、前半終了間際の大津の先制ゴールは大きかったと思います。

後半に入っても直輝のシュートのこぼれ玉を東が押し込み追加点。その後80分に直輝が流血の負傷でヒヤリとしましたが、すぐさま交代で事なきを得て、結局試合は2-0で勝利。アウェーで貴重な勝点3を奪いました。

次は、わずか5日後にホームでのシリア戦。1位通過を目指すには負けられない試合となりますね。


ロンドン五輪 アジア最終予選 第2戦
バーレーン0-2日本(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月13日 - 2011年11月19日 | トップページ | 2011年11月27日 - 2011年12月3日 »