« 2011年11月6日 - 2011年11月12日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »

2011.11.19

【第32節 仙台戦】

オフィシャルより

11.11.18
Jリーグ第32節 vsベガルタ仙台
11月19日(土)に埼玉スタジアムにて行なわれました、Jリーグ第32節vsベガルタ仙台の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第32節 
浦和レッズvsベガルタ仙台 
2011年11月19日(土)14:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-0(前半0-0)ベガルタ仙台
入場者数:30,891人
試合速報


「安全運転」

大雨のせいか、ピッチが予想以上に水分を含み、所々でボールの回転が不規則になる。そのおかげでチャンスを迎えることもあったし、逆にピンチを招くこともあった。

しかし選手達は慌てる事なく、“安全運転”で試合運びをしていたように感じた。無理に深入りすることなく、そこからの無用なボールロストを防ぐために選んだ手法。それは決して悪くはないし、結果的に完封できたのだから、守備についてはこれまでよりはある程度改善できていると思う。そんな中でも久々に起用されたDF坪井のプレーには頭が下がる想いである。

一方で、リーグ戦最小失点を誇る堅守の壁を打ち破るには、縦へボールを入れた後が勝負所となるのだが、リスク回避のせいかなかなか縦に入れるチャンスが少なく、サイドからの攻撃に終始していたように思えた。案の定その機会が増えると、逆にバイタルエリアからのチャンスが激減し、ゴールに結びつくプレーが少なくなった。

ただ、そんな展開でも達也が体勢を反転させシュートを放ったり、柏木がミドルシュートを放ったりと、少ないチャンスの中でも得点を奪おうという気持ちが随所に表れていた。


お互い決め手を欠く中で奪ったのは「勝点1」。しかし同時刻KOの甲府が敗れた事で、この「勝点1」が次節へ向けての大きな上積みとなった。これで勝点差が“3”に広がったが、最後まで何が起こるかわからないのがサッカー。それゆえまだまだ油断は禁物なのである。

Cimg6860 Cimg6864 Cimg6871

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.18

第32節 仙台戦プレビュー

およそ半月振りにリーグ戦再開。明日は、ホーム埼玉スタジアムにベガルタ仙台をむかえ対戦する。

仙台は現在、13勝13分5敗の勝点52で第5位。前の試合は水曜日に天皇杯3回戦でアビスパ福岡と対戦。

週末のリーグ戦を控え、お互いメンバーを入れ替えて臨んだが、右サイドバックに入った田村が果敢に前線に上がり攻撃の核となり、18分、22分と立て続けに得点を奪い主導権を握る。

後半に連係ミスから1点を失うも、太田に変わって起用された中島が、入った直後に得点を奪い試合を決定付けた。結局3-1で勝利し、4回戦へ駒を進めた。


一方のレッズは、前の試合は埼玉スタジアムで東京ヴェルディと対戦。こちらも週末を控え、大幅にメンバーを変えて試合に臨んだ。しかし前線からアタックをかけてくる相手になかなか打開できずスコアレスで前半を終える。

後半に入り56分に小島から矢島、そして原へパスがつながり、最後は左足で放ったグラウンダーのシュートがゴールに吸い込まれ待望の先制点を奪うが、64分に青山が負傷交代した直後に守備の乱れを衝かれ、カウンターからアポジに同点ゴールを奪われてしまう。

しかしレッズは、ペナルティエリア手前の位置でマゾーラがファールを受けると、86分にそれで得たFKを原が早い弾道でゴールに突き刺し勝ち越し。結局2-1で勝利し、こちらも4回戦へ駒を進めた。


仙台は、今シーズンリーグ戦でわずか24失点と、リーグ最小失点の堅守を誇る。特段目立つ選手はいないが、チームとしてこれまで築き上げた強い組織力で、相手の攻撃を抑えサイド攻撃を武器に素早いカウンターから得点を奪い勝利に結び付けている。また、スカウティング能力にも長けており、明日は常に相手の出方を伺いながらの展開になろうかと思う。

レッズは濱田水輝、山田直輝がU-22代表に招集され今後2試合を欠く。しかし代表帰りの原口、そして怪我からマルシオ・リシャルデスが復帰する模様で、戦力アップに期待がかかる。

レッズとしては、この中断中に「4-1-4-1」のメリット、デメリットを再確認し、その対応に時間を費やしたようだ。前節磐田戦で露呈してしまったアンカーの孤立にどう対応するか。そしてこれまで懸案である得点へのアプローチに対し、堅守を誇る仙台相手にどう攻撃を組み立ててフィニッシュに持ち込みゴールを割る事ができるか・・・。それが最大のポイントであり、今シーズンの大きなターニングポイントになる。

もちろん仙台も、他力本願とはいえACL出場の可能性がある4位を狙うために負けられない一戦。一瞬の動きで得点を狙える赤嶺をはじめ、右サイドバックの菅井がラインを見極めてゴールを虎視眈々と狙っている。またセットプレーには強い印象があるゆえ、その対応には十分に気をつけたいところだ。


明日から最後の3試合。もう泣いても笑っても、レッズに残された時間はあと270分間だけだ。

残留争いのライバルはほぼ甲府に絞られたが、もうレッズは下を伺う余裕は無い。1試合1試合闘い抜いて勝点3を積み上げる事が相手への強いプレッシャーとなる。ただ、それが逆に自らへのプレッシャーになりかねないか不安はあるが、それを乗り越えなければJ1残留を果たすことができないだろうと思う。

浦和の敵は浦和。どこかで聞いたようなフレーズだが、今の心境を例えるならばそれが妥当だろう。


☆今季対戦
4/29 リーグ第8節(ユアスタ) 
仙台1-0浦和 【仙台】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 天皇杯3回戦 (対東京V ○2-1)
【仙台】 天皇杯3回戦 (対福岡 ○3-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.16

【天皇杯3回戦 東京V戦】

オフィシャルより

11.11.16
第91回天皇杯3回戦vs東京ヴェルディ 11月16日(水)に埼玉スタジアムにて行なわれました、第91回天皇杯全日本サッカー選手権・3回戦vs東京ヴェルディの試合結果をお知らせいたします。

第91回天皇杯全日本サッカー選手権、3回戦(マッチナンバー68)
浦和レッズvs東京ヴェルディ
2011年11月16日(水)19:00キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-1(前半0-0)東京ヴェルディ
得点者:56分・86分原、64分アポジ(ヴェルディ)
入場者数:7,427人
試合速報
公式記録】(JFA(PDFファイル))


「Bチームの意地」

スタメンとリザーブに、来季トップ昇格を含めたユースの選手達が4人名を連ねた。

これも土曜日からのリーグ戦を見据えた選手編成。U-22代表で明日チームを離れる濱田水輝、山田直輝を起用したところでも、ほぼBチームで臨んだと言っても過言ではない。

そんなレッズに、敵将から「なめてるのか」と言われ、選手達も一泡吹かせようと前線から果敢にプレスをかけ、そこを起点にカウンターを発動させたりと、守勢に回る時間帯こそあったものの、起用された選手達はできうる力を発揮。それが原一樹の2ゴールという結果に結びついたのだと思う。

彼の1点目のミドルシュートしかり、2点目のスピードあるFKしかり、前を向いたプレーゆえの結果で、地道に努力し続けた表れであり、彼以外にも矢島や途中から出場した西袋らユースの子達も必死にプレーして、なんとしてもチームの勝利に貢献しようという強い意地を感じた。


先にも書いたが、今日はリーグ戦を見据えた選手構成。それゆえ結果を出しても直接土曜日に繋がるとは言い難い。ただ、どこかで観ていたであろう主力の選手達はこの結果、内容に何か感じとっただろうか。

内容こそ別にしても、意地で勝利を呼び込んだ流れは、絶対に次に繋がなくてはならない。その答えは3日後の彼らのプレーにきっと表れるだろうと期待したい。

Cimg6815 Cimg6821 Cimg6844

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.15

天皇杯3回戦 東京V戦プレビュー

およそ2週間ぶりの公式戦。明日は埼玉スタジアムで天皇杯3回戦。東京ヴェルディと対戦する。

ヴェルディは現在、J2で14勝10分11敗の勝点52で第7位。前節はアウェーで京都と対戦。試合前に昇格争いの核となる上位チームが勝ち、首の皮1枚残している状況でプレッシャーの懸かる立ち上がりだったが、相手の中盤を攻略し、チャンスも与えず前半をスコアレスで折り返す。

後半は逆に何度か決定機を作るものの、決めきることができず時間が過ぎてゆく。そして終了間際の86分に工藤からのパスを中村に決められ万事休す。0-1で敗戦を喫し、J1昇格争いから完全に脱落してしまった。

しかしヴェルディの攻撃力はハンパない。今シーズンはここまで64得点と首位のFC東京を凌ぐリーグ戦最多。チームトップスコアラーの阿部拓馬は16得点で2位。さらに、菊岡、マラニョンが8得点ずつと続き、河野が7得点と、FWに限らずどのポジションからでも得点が奪えるという強みを持っているが、逆に失点数が42と上位陣では一番多く、攻撃に主を置くチームスタイルとなっている。


一方のレッズは前節はホームで磐田と対戦。

1週前にナビスコカップ決勝を120分間闘い抜き、心身ともに疲労が見え隠れする中で、相手はレッズの新システムである4-1-4-1のアンカーの位置を狙い続け、ミスを誘発した。

レッズもそれに対応できれば良かったのだが、いかんせん急造では選手間の距離も保てず、アンカーに起用された小島が孤立してしまう場面が何度か見られ、そこを起点に攻撃を展開されていた。

セットプレーで先制を許してしまうのだが、とかく悲惨だったのは、個々での競り合い、局面での勝負にことごとく敗れた事。指揮官は急造システムでのリスクはそれなりに想定していたようだが、選手の能力が高いのに個々の局面で負けてしまうようでは勝負にもならない。

結局、磐田の能力の高さに成す術なく0-3で敗れてしまったが、甲府も敗れた事で何とか15位を死守した形となった。


レッズとしては、日本代表に原口、U-22代表に山田直輝、濱田が招集される中、チーム構成に苦慮している。とかく週末からのリーグ戦に集中するためには、明日は選手を入れ替えて臨むことが考えられる。

情報によると、田中達也、マルシオ・リシャルデスの復帰も予想される中、指揮官の構想の枠に選手達をどう当てはめることができるのかがポイントになるだろう。もちろんシステムを構築する中、磐田戦で明確になったウィークポイントを改善できるか、そして得点を奪えるかが勝負の分かれ目、そして残留への突破口になる。

現状を憂うならば、いろんな意味で明日は厳しい試合。ただもちろん負けていい試合などない。天皇杯も立派なタイトルで、優勝すればACLへの最短距離となる。公式戦の狭間ではあるが、今のやり方で結果が出るのならばそれに越したことはない。

まずは結果を出して、最後のリーグ3連戦に繋げたい。


☆前試合の結果
【浦和】 J1リーグ第31節 (対磐田 ●0-3)
【東京V】 J2リーグ第35節 (対京都 ●0-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮戦

控え組との力量差というか、北朝鮮とのモチベーション、フィジカルの差が如実に表れた試合。

とかく、未知の国であった北朝鮮でのスタジアムの雰囲気に押し込まれ、決してミスが多かったわけではなかったけど、相手の勢いにズルズルと下がってしまったのかな・・・という感じですね。

ここまで、ザッケローニが就任して無敗でしたが、なんと北朝鮮の地で初黒星。

指揮官の言うとおり、すでに最終予選進出というミッションを果たしているわけなので、淡々とインタビューを受けていたのが印象的でしたね。

これでアウェー2連戦は終了。ひとまず選手スタッフの無事の帰国を祈るばかりです。お疲れさまでした。


2014年ワールドカップ アジア3次予選 第5戦
北朝鮮1-0日本(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.14

足止め

明日の試合を控え、北朝鮮へ入国した代表選手一行でしたが、どうやら入国審査に4時間近く費やされ、前日練習もままならなかったとの事。

また、後発のサポータツアー一行も、厳しい入国審査に足止めをくらい、さらに停電も相まって大変だったようです。

とかく未知の国である北朝鮮。これが過去の対抗措置とみられても、しょうがないんでしょうね。


アウェーの洗礼!日本の入国審査に4時間
停電3度、真っ暗な空港…ザックもNO!(いずれも日刊スポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.11.13

清武の乱

野球の清武さんの話。


ここまで言った言わないの暴露合戦になってくると、もうどっちもどっちっていう感じですな。

清武代表も「プロ野球のファンのため」といってるならば、何も日本シリーズ開幕の前日に会見しなくてもいいんじゃないかと。

一番の被害者はそのプロ野球ファンの人達だと思うんですがね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月6日 - 2011年11月12日 | トップページ | 2011年11月20日 - 2011年11月26日 »