« 2011年10月16日 - 2011年10月22日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »

2011.10.29

【ナビスコ杯決勝 鹿島戦】

オフィシャルより

11.10.29
ヤマザキナビスコカップ決勝vs鹿島アントラーズ

10月29日(土)に国立競技場で行なわれました、Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝vs鹿島アントラーズの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグヤマザキナビスコカップ・決勝
浦和レッズvs鹿島アントラーズ
2011年10月29日(土)13:10キックオフ・国立競技場
試合結果
浦和レッズ0-1(前半0-0・延前0-1・延後0-0)鹿島アントラーズ
得点者:105分 大迫勇也(鹿島)
入場者数:46,599人
試合速報


「新たなURAWAの始まり」

120分間の激闘。

お互い退場者を出してしまうというアクシデントにもかかわらず最後まで闘いを挑んだが、戦力差しかりファイナルの戦い方を知り尽くしている鹿島の前に屈してしまった。

厳しい内容だった事は否めない。ただし懸命に守備に奔走し、最後の最後まで鹿島の圧力ある攻撃を最小限に食い止めた事は大きいが、その分攻め手に転ずる機会は乏しかったし、チャンスも数少なかった。

勝者の表彰式をしっかり目に焼き付けたであろう若き選手達。この悔しさは次への新たなURAWAの始まりだと思いたい。

「負けて悔いなし」なんてことはない。悔しいのは当たり前だ。再び鹿島と相対し雪辱を果たすべく、リーグ戦残り4試合に全力を傾ける事に集中して、J1残留を目指して闘ってほしい。

Cimg6740 Cimg6748

Cimg6764 Cimg6778

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.28

ナビスコ杯決勝 鹿島戦プレビュー

明日はナビスコカップ決勝戦。国立競技場で鹿島アントラーズと対戦する。

鹿島はリーグ戦では、12勝9分9敗の勝点45で第6位。前節はホームで神戸と対戦。

開始から相手の守備ブロックをなかなか崩すことができずに逆にカウンターを浴びてしまう時間帯もあったが、凌ぎ切って前半をスコアレスで終わる。

後半も攻勢をかけるが、54分にカウンターからポポに先制点を奪われてしまう。しかし63分に田代がエリア内でPKを獲得。それを野沢が決め同点に追いつく。その後も逆転を狙うべく攻め続けるも、決めきることができず結局1-1の引き分けに終わった。


一方のレッズは、前節はアウェーで横浜F・マリノスと対戦。堀体制の初戦は4-1-4-1というシステムで臨んだものの、開始わずか4分で失点を喫してしまう。前半こそバランスを保つことでいっぱいで、なかなか攻撃のチャンスを生み出せなかったが、後半に入ると一変。

2列目の4人が攻撃に絡み始め、縦への展開が増えてきて、ゴール前でのチャンスが増えてきた。そんな中でクロスボールから山田直輝がPKを獲得。自ら蹴りGK飯倉に弾かれるものの、原口が押し込み同点に追いつく。その後も攻勢を強め、61分にクイックリスタートから3対3の状況を作り、最後は梅崎が左足一閃。一気に逆転に成功する。

マリノスも中村俊輔のFKを最大限に生かし、キム・クナンや栗原を最前線に配置するも、何とか凌ぎ切って結局2-1で勝利。リーグ戦9試合ぶりに勝点3を得て、翌日の甲府の敗戦により15位に順位を上げた。


何より堀監督に代わり、選手達が今まで以上に生き生きとプレーしていたのが印象的であり、残留争いというプレッシャーを抱えつつもこの勝利が新たな一体感を生んでいると感じた。

そんな厳しい戦いの中で迎えるナビスコカップ決勝戦であるが、相手との力量差を考えるとまさしくレッズは挑戦者である。それゆえ準決勝後に選手達が述べたように自分達には失うものがない。だからこそ逆にタイトルに執心する鹿島と比べると変に気負うことなく、まずは決勝戦の舞台に立つことができるという誇りを持って、試合に臨むことが彼等にとって何よりの発奮材料になるのかもしれない。

浦和レッズというクラブ自体が試行錯誤している中で迎えるタイトルへのビックチャンス。余計な小細工はいらない。今の出しうる力を存分に発揮して、今季2戦2分と決着がつかなかった鹿島に対して、堂々と挑んで欲しい。


☆今季対戦
5/21 リーグ第12節(埼スタ) 
浦和2-2鹿島 【浦和】【鹿島
9/24 リーグ第27節(カシマ)
鹿島0-0浦和 【鹿島】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第30節 (対横浜FM ○2-1)
【鹿島】 Jリーグ第30節 (対神戸 △1-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.25

新スタジアム建設

3年前ほどから構想されていた、ガンバ大阪のホーム「万博記念競技場」に代わる新スタジアムが、建設に向けてようやく現実性のある動きがあったようです。

まだまだ資金の調達、議会の承認、入札など、超えなければならないハードルはありますが、3万人規模と現実性あるスタジアムで興味がありますね。

G大阪、新スタジアムは日本初の民間募金で…サポーターからの寄付も募る(デイリースポーツ)
首長や議員の力関係に翻弄 G大阪の新スタジアム(産経新聞)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.24

オレオとリッツ

いつの間にか、お菓子プレゼントが決勝戦のみになったんですね。

でも、これも決勝戦に進出したからこそのお楽しみ。土曜日にありがたく頂戴いたします。

【2011Jリーグヤマザキナビスコカップ】決勝
来場者全員にヤマザキナビスコ製品をプレゼント
~今年はオレオ ハンディパックとリッツチーズサンド ハンディパック!~
(Jリーグオフィシャル)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月16日 - 2011年10月22日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »