« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »

2011.10.08

ナビスコ杯準決勝 G大阪戦プレビュー

明日はナビスコカップ準決勝。ホーム埼玉スタジアムに、ガンバ大阪をむかえ対戦する。

ガンバは準々決勝はホームでジュビロ磐田と対戦。

代表で遠藤、イ・グノ。そしてケガで加地が欠場。さらにボランチの明神が試合直前のケガで離脱し、急遽復帰したばかりの橋本が先発に名を連ねた。

開始早々に失点を喫するも、前半終了間際に同点に追いつく。その後は久々にボランチ起用となった武井と橋本の2人がしっかり守備の修正を図り、67分にラフィーニャの逆転ゴールを呼び込む。

さらに76分にオウンゴールにて追加点。主力の大半を欠くも3-1で勝利。チームとしての成熟をみせつけてベスト4に駒を進めた。


一方のレッズは、準々決勝はアウェーでセレッソ大阪と対戦。

惨敗だったガンバ戦の後、システムをデスポトビッチとセルヒオの2トップに変更し、中盤の山田直輝、梅崎がボランチの柏木と共に動き中盤を支配した。また守備陣には五輪代表の濱田が今季初先発を果たした。

この日は、2トップへの楔のパスからの動き出しがこれまでになく良化され、ダイレクトでボールを繋ぎゴール前へ展開する流れが何度も見られた。

また高い位置からのプレスが効いて、先制点も直輝のプレスを起点にオウンゴールを誘った。しかしそこから追加点を奪えずに前半を終えると、後半は一転して相手のペースになってしまう。

村田、播戸を投入し守備がややルーズになったところを衝かれ、73分に同点に追いつかれてしまうが、ここからのレッズが崩れなかったのが大きく、その10分後となる83分に、梅崎の絶妙なクロスからデスポトビッチが豪快にヘディングで叩き込み勝ち越しを決める。

その後は守備陣が守りきり、結局2-1で勝利。6年ぶりの準決勝進出を果たした。


明日は、先制点の立役者となった山田直輝が累積警告による出場停止。おそらく準々決勝が出場停止だったマルシオがそのまま起用されるだろう。

指揮官の理想と選手達の個性を操れない狭間で、結果が出ず残留争いに巻き込まれる状況下において、ようやく最後の可能性が見えきたのが、前線のターゲットを増やした2トップである。もちろんそれ以上に中盤の連動とピッチに立つ選手達の意識の共有が勝負のポイントになろうかと思う。

代表選手を欠く中での連戦は厳しいかもしれないが、むしろその中で結果を積み上げることで、調子を上げているという事もあろう。ただし相手は飛車角抜きであろうとも、百戦錬磨のガンバゆえ決して油断はできない。特に二川や橋本らの技巧派には遠藤不在であろうともやはり怖いものがある。

わずか1週間前には、万博の地でサッカーの質の違いをまざまざとみせつけられた。ただし戦いの場は違っても同じ相手に立て続けに負けるわけにはいかない。

現在、リーグ戦では難しい立ち位置にいる。しかし明日は1発勝負のトーナメントゆえ、結果が出なければそこで終わり。だからこそさらなる自信を持ってようやく光の見え始めたシステムで答えを出して、ファイナルへのチケットを掴んでほしい。


☆今季対戦
7/2 リーグ第2節(埼スタ) 
浦和1-1G大阪 【浦和】【G大阪
10/2 リーグ第28節(万博)
G大阪1-0浦和 【G大阪】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 ナビスコカップ準々決勝 (対C大阪 ○2-1)
【G大阪】 ナビスコカップ準々決勝 (対磐田 ○3-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.07

ベトナム戦

後半からの原口の出場は嬉しいかぎりでしたが、内容としては難しいものでしたね。

3-4-3のシステムもなかなか機能せず、後半もベトナムのプレスに苦しんだり、パスミスが目立っていたように感じます。

相手の力量差、ケガへの懸念もあるかもしれませんが、強化試合としてはやや迫力不足は否めなかったかなぁ・・・と。

とにもかくにも大事な予選は火曜日。しっかり調整して臨んでほしいですね。


キリンチャレンジカップ2011
日本1-0ベトナム
(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.06

大阪長居遠征あれこれ(カップ戦編)

一発勝負のカップ戦。2回目の長居遠征を振り返ります~。

前の試合のガンバ戦から3日後。チームは大阪に留まって合宿をしたようですが、一般人はそうはいかず、一度戻って仕事をこなすのが精一杯。この日も午後お休みをもらって再び大阪へ向かいます。

出発は職場近くの東京駅。13:50発「のぞみ111号」に乗車。
Cimg6355 Cimg6359 Cimg6361

遅めの昼食は、新丸ビル地下にある「成城石井」で牡蠣フライ弁当と3%引きだったプリン。
Cimg6364 Cimg6367

雨が降るどんよりとした天候の中、新幹線は西へ進みます。
Cimg6369 Cimg6372 Cimg6375


続きを読む "大阪長居遠征あれこれ(カップ戦編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.05

【ナビスコ杯準々決勝 C大阪戦】

オフィシャルより

11.10.05
ヤマザキナビスコカップ準々決勝vsセレッソ大阪 10月5日(水)に長居スタジアムにて行なわれました、ヤマザキナビスコカップ・準々決勝vsセレッソ大阪の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグヤマザキナビスコカップ・準々決勝 
セレッソ大阪vs浦和レッズ 
2011年10月5日(水)19:04キックオフ・長居スタジアム
試合結果
セレッソ大阪1-2(前半0-1)浦和レッズ
得点者:9分 オウンゴール、73分 ファビオ ロペス(C大阪)、83分 デスポトビッチ
入場者数:6,736人
試合速報


「きっかけ」

2005年シーズン以来、6年ぶりのナビスコカップ準決勝進出。

残留争いが厳しい中での一発勝負という難しい状況下での試合だったが、久々の痺れる試合だった。

オウンゴールながら早々に先制できたのは大きかった。そして全体的に選手間のパスがダイレクトで展開されることで、個々の動き出しが良化され、スペースを十二分に使うことができたのと、トップで張ったランコやセルヒオがボールを足元で収め、これもダイレクトで預けて抜け出すという一連の流れができたのは良かったと思う。

また、常に縦への意識が強く、何度も楔を入れるパスがあったことが印象に残った。

そして守備陣も今季初先発の濱田がフル出場。五輪代表で培った力をチームに還元してくれ、DF永田やGK加藤ら周りも彼をしっかりフォローし、自身もプレーに専念できたのではないか。


今日勝ったことで、次は中3日で準決勝。久々の埼スタで相手はわずか3日前に苦汁をなめられたガンバ大阪との対戦となる。あの時は全く歯が立たず敗れ去っただけに、今日のようなやり方がそのまま通用できるかどうか未知数だと思うが、先日のような消極的なプレーを払拭できれば、一発勝負ゆえ千載一遇のチャンスはあるかもしれない。

週2試合の連戦が続き、選手達の疲労が心配ではあるが、ここまで上手く選手を入れ替えたりできたのもそうだが、今シーズンはフィジカルトレをあまりしていなかったいう話を聞く限り、むしろコンスタントに実戦をこなすことで、調子を維持できるのではないかと思う。

今、残留争いの渦中において、チームの士気が下がり気味の中でのこの勝利はとても大きい。そしてこれが上昇へのきっかけになってくれたら・・・と強く願いたい。

Cimg6421 Cimg6424 Cimg6443

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.04

ナビスコ杯準々決勝 C大阪戦プレビュー

明日はナビスコカップ準々決勝。ACL出場チームが加わり、決勝戦まで3試合1発勝負のトーナメント戦となる。そしてレッズはアウェー長居スタジアムにのりこみ、セレッソ大阪と対戦する。

セレッソは、前の試合はアウェーで仙台と対戦。

ACLの敗退、さらに今や日本代表に成長した清武がケガでチームを離れ、バランスを欠いている中、中盤でのパスミスを起点にボールを奪われ、仙台の速攻にさらされてしまう。

そんな中、失点シーンはいずれもCKから。セットプレーにおいて連係不足により、失点を喫してしまう。最後にPKで1点を返すも万事休す。遠距離アウェーでの連戦による疲労も影響してか、結局1-2で敗戦を喫し、ホーム長居に戻ってくる。


一方のレッズは、前の試合はアウェーでガンバ大阪と対戦。

開始早々猛然と前線からアタックをかけるものの、じわりじわりと緩急つけるガンバの攻めに、主導権を奪われ、レッズのウィークポイントとされるDFの裏を常に狙い続ける。それが通されたのは28分。遠藤の縦パスからイ・グノに抜け出されゴールを決められてしまった。それ以降もガンバのペースが続き、ことごとく1対1の局面を作り出されたものの、GK加藤の好セーブに助けられた。

攻撃も個の一辺倒。まるで玉砕よろしくのごとく、フォローと押し上げがなく、相手ゴール前までボールが運べず、その結果CKが0だったというのがその乏しさを物語った。

結局その1点が決勝点となり0-1で敗戦を喫したが、それが両チームにとってとてつもなく大きな差を生んだ1点だった。


ガンバ戦から中2日ということで大阪滞在で調整を図ったレッズ。原口とスピラノビッチを代表で欠く中、普段は控えに甘んじている出場可能の選手達を呼び寄せ、総力を尽くしてカップ戦に臨むことになる。

その先の連戦が続く中で、日程を見据えた起用を図るのか指揮官の意図はわからない。ただガンバ戦でさらに露呈してしまった攻守バラバラな状況をしっかりと修正できなければ、誰が起用されても好転は期待できない。

崖っぷちな状況下において、今はチームとして何をコンセプトとしてゲーム運びをするのか。それがハッキリしない限り、ますます中途半端な試合が続き、最後の最後には厳しい結果が突きつけられるかもしれない。

明日は一発勝負のカップ戦ゆえ重要な試合には変わりないが、今後を見据える試合と考えても過言ではないだろう。


☆今季対戦
5/15 リーグ第11節(埼スタ) 
浦和1-1C大阪 【浦和】【C大阪
8/28 リーグ第24節(長居)
C大阪3-1浦和 【C大阪】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第28節 (対G大阪 ●0-1)
【C大阪】 Jリーグ第28節 (対仙台 ●1-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.03

大阪吹田遠征あれこれ

ナビスコを勝ち上がって、5試合連続アウェーになった4戦目の大阪吹田遠征を振り返ります~。

遠征が続いて自分自身の疲労がやや見え隠れする中、今回は日曜日夕刻の試合という事で、月曜日に休暇をとって、1泊2日で予定を組みました。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。5:42発野田線船橋行きに乗車。
Cimg6241 Cimg6242 Cimg6243

5:54船橋駅着。6:07発総武線快速に乗り換え。
Cimg6245 Cimg6246

6:31東京駅着。
Cimg6248


続きを読む "大阪吹田遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.10.02

【第28節 G大阪戦】

オフィシャルより

11.10.02
Jリーグ第28節vsガンバ大阪
10月2日(日)に万博記念競技場で行なわれました、Jリーグ第28節vsガンバ大阪の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第28節 
ガンバ大阪vs浦和レッズ 
2011年10月2日(日)17:04キックオフ・万博記念競技場
試合結果
ガンバ大阪1-0(前半1-0)浦和レッズ
得点者:28分 イ グノ(G大阪)
入場者数:20,053人
試合速報


「酷な願い」

わずか1点差の試合だったが、内容はそれ以上の完敗。とかく厳しい結果を突きつけられた。

指揮官や選手達は「あの1回だけ・・・」という表現をしたが、ガンバは常にレッズのウィークポイントであるDFラインの裏を狙い続けていた。それに対して、起点となる中盤の遠藤や二川をほとんど封じることができず、そのうちの1回がイ・グノの飛び出しを許し、失点を喫してしまった。

それ以外にも、易々と1対1の飛び出しからピンチを招いてしまう事もあり、それはGK加藤に助けられたが、いかんせん意思疎通を欠く場面が何度となく見受けられた。

とかくこの試合において、強豪のガンバ相手に攻めるのか守るのかはっきりコンセプトを決められなかった事が、攻守両面で精彩を欠く要因になってしまったといってもいいだろう。

特に攻撃においては、1人が単騎突破で攻めても、枚数をを掛けられてあっさりと奪われてしまったり、他の選手達が一歩、二歩と出足を躊躇してしまってフォローに行けず、結果的にボールを無闇に下げてみたりと、時間が無駄に浪費してしまう事もあった。


今のやり方、組み立て方では勝点3を奪うには到底難しい内容だったといえるが、今シーズンはこの体制、そしてこの選手達で最後まで闘い抜かなくてはならない。

そして今週から来週にかけては、カップ戦や天皇杯という公式戦を消化する中で、攻守の修正ができるかどうかがラスト6試合への見極めとなる。


現在リーグ戦は15位。降格圏はすぐそこに迫っている。指揮官が「攻撃的」という理想を追い求めるあまり、これまで培った攻守がバラバラになりかけている現状だ。それゆえ現実に即した戦い方も必要だと思うが、指揮官にはその術はなさそうだ。ならば最後は選手達に頼らなければならないが、それはあまりにも酷な願いである・・・。

Cimg6321 Cimg6325 Cimg6329

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »