« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月2日 - 2011年10月8日 »

2011.10.01

第28節 G大阪戦プレビュー

カップ戦から中3日。明日はアウェー万博記念競技場にのりこみ、ガンバ大阪と対戦する。

ガンバは現在、16勝6分5敗の勝点54で首位。前節はホームで甲府と対戦。

立ち上がりからハードワークでマークを仕掛けてくる相手に対し、なかなか攻撃の糸口を見いだせず前半はスコアレスで終える。後半もお互い牽制し合いながらの展開だったが、61分に武井を投入し、さらに攻めに転ずるのを待ったかのごとく、相手のカウンターが一閃。敵将に守備の盲点を見透かされて先制点を許してしまう。

その後も甲府の組織的な守備に成す術がなく、終了間際にも失点を許し、結局0-2で敗戦。今シーズン初の完封試合を喫してしまった。


一方のレッズは、前の試合はナビスコカップでアウェーで大宮と対戦。

リーグ戦の狭間。かつ第1戦での2点リードという状況下を考慮して、指揮官は先発を鹿島戦から6人入れ替えて臨んだ。とかくこの日は前線からの守備意識が強く、相手が攻撃を仕掛ける前にボールを奪取する機会が多く、それを起点にカウンターで攻めきる時間帯が多かったように思う。

それが功を奏し、前半23分までに2点を奪い、2回戦の勝ち抜きをほぼ手中に収めた。直後に原口を下げマゾーラ、ハーフタイムに永田から坪井をそれぞれ投入し、今後へ向けての調整を計ったが、後半は全く前線からのアタックが効かなくなり、ズルズルとラインが間延びしてしまって、73分に1点を返されてしまう。

特に途中から起用されたマゾーラの守備意識が低く、それを補うべく2列目以降の選手達の負担が大きくなっていたように感じた。試合は2-1と逃げ切り、準々決勝への進出を決めたが、チーム全体の共有意識が保てない不安が残ってしまった。


明日は首位の対戦。その攻撃力は半端ない事はすでに承知済である。そのような状況下において、連戦が続く中で強い守備意識だけで乗り切れるかどうかわからない。ただそんな中でも勝点3を目指すには、それなりのリスクも必要になるゆえ、大宮戦のような高い位置でボールを奪ってカウンターを仕掛けられるかがポイントになる。

残留争いに巻き込まれた今、わずか「1」の勝点でも貴重である。前節強豪鹿島相手に何度もピンチを迎えるも、何とか踏ん張って勝点1を持ち帰ってこれたのだから、明日も自信を持って相手の懐に飛び込んで90分間闘ってほしい。


☆今季対戦
7/2 リーグ第2節(埼スタ) 
浦和1-1G大阪 【浦和】【G大阪

☆前試合の結果
【浦和】 ナビスコカップ2回戦第2戦 (対大宮 ○2-1)
【G大阪】 Jリーグ第27節 (対甲府 ●0-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.29

Jリーグ発CWC直行

ACL準々決勝で唯一日本勢で残っていたC大阪が敗戦。

これで今年のCWCは、初めて日本チームが開催国枠での出場が決まりました。

開催国枠は、今シーズンのJリーグ優勝クラブが参戦。ある意味ごほうび的なものになりそうですね。

そしてCWCのドローを見ると、バルセロナとの対戦は遠いですな・・・。


FIFAクラブワールドカップ2011(日テレ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.28

【ナビスコ杯2回戦第2戦 大宮戦】

オフィシャルより

11.09.28
ヤマザキナビスコカップ2回戦、第2戦vs大宮アルディージャ
9月28日(水)にNACK5スタジアム大宮で行なわれました、ヤマザキナビスコカップ・2回戦、第2戦vs大宮アルディージャの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ヤマザキナビスコカップ2回戦、第2戦
大宮アルディージャvs浦和レッズ 
2011年9月28日(水)19:00キックオフ・NACK5スタジアム大宮
試合結果
大宮アルディージャ1-2(前半0-2)浦和レッズ
得点者:6分・23分 デスポトビッチ 、73分 金澤 慎(大宮)
入場者数:8,982人
※2戦合計(浦和レッズ4-1大宮アルディージャ)で浦和レッズが準々決勝進出
試合速報


「二面性」

2-1で勝利し、トータルスコア4-1で準々決勝進出。

開始早々に先制し、終始安定した試合運びをしたかのようにみえたが、お互いリーグ戦を控えているゆえ、メンバー規定との絡みから、まさに手の内を探るような状況だったといってもおかしくない90分間だった。

ただそんな中でも、前半は相手の攻撃をそつなくいなし、マンマークからゾーンに変えたことで、ある程度の守備の余裕を感じ取ることができた。また攻め手においても、指揮官の掲げる常に主導権を握るサッカーから、これまであまりなかった懐深いところからの手数を掛けないカウンターでゴールに向かう姿勢が何度か見られた。

しかし後半にメンバーを代えると内容が一変。なかなかボールを奪うことができなくなり、ズルズルとラインが間延びし、結果的に73分に金澤にミドルシュートを決められた要因にもなった。特に前半途中に原口から代わったマゾーラの守備意識が低く、結果的に他の選手達の動きに影響を及ぼしていたといっても過言ではない。

今後、代表や出場停止などで主力メンバーが欠場する機会が多くなるゆえ、彼のような控え選手にチャンスが回ることがあろうかと思うが、守備への共有意識を保てない限り、逆に失点への引き金を引きかねない恐れもある。

ただ、もちろんこれは今に始まったことではなく、練習において主力とそれ以外のメンバーを分けて練習させ、共有意識を希薄させてしまった指揮官の責任も大きいと思う。

今日はある意味二面性で両極端なサッカーを見せられた試合。それは相手が大宮だったから・・・という見方もできる。しかしカップ戦ベスト8は結果の証ゆえ素晴らしいことで、今後に向けては、メンタル面でいえばポジディブに捉えていいだろうが、内容を凝視すれば手放しで喜ぶには程遠い。

今後は過密日程との睨みあいになる。選手を入れ替えてそつなく試合をこなせればいいのだが、そんな余裕は指揮官にはないだろう。現状ではまだまだ不安の方が上である。

Cimg6214 Cimg6222 Cimg6236

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.27

ナビスコ杯2回戦第2戦 大宮戦プレビュー

リーグ戦の狭間で試合で行われるナビスコカップ。明日はアウェーNACK5スタジアムにのりこみ、大宮アルディージャと対戦する。


大宮は前の試合はアウェーで柏と対戦。

独特の雰囲気が漂う日立台であるが、開始5分にCKから先制すると、勢いを持続したまま首位を虎視眈々と狙う柏を相手に主導権を握る。後半に相手が布陣を変えるもののさらに追加点を上げボルテージが上がる。

その後1点を返され、さらにPKを献上するもGK北野が止め、最後は77分にカウンターからとどめの3点目を奪って試合終了。残留へ向けて大きな勝点3を奪った。


一方のレッズは前の試合はアウェーで鹿島と対戦。

開始から勢い良く相手ゴールへ迫るものの、それも最初だけ。終始鹿島の猛攻に耐え切った印象で、チャンスらしいチャンスがあったのは前半終了間際の小島のプレーのみだったといっても過言ではない。

選手達で決めたのかどうかは別として、守備をマンツーマンからゾーンに変えたことで、攻守の切り替えはそれなりにうまくいっても守備の受け渡しは曖昧で、何度も相手をフリーにさせてしまったプレーが見られた。

攻撃も個に頼らざろう得ない状況は変わらず、元気や直輝に期待が掛かったが、五輪代表からのコンディション不良が目立ち、なかなか攻撃の形が作れずゴールが遠い。

そんな中、最後まで守り通し、結局試合はスコアレスで終了。何とか勝点1を奪った。


今のレッズは、攻守が噛み合わないもちろんだが、残留争いの窮地に立たされているプレッシャーを指揮官ではなく、若い世代の選手達が真正面から受けている状況が何とも歯がゆい。

だからこそ彼らにとって結果が欲しいところだろうが、指揮官の打つ手さえも功を奏しない中で、選手達は己の力でこの低迷を打破していかなければならない。ただ鹿島戦では「まずは守備」というコンセプトで臨んだゆえの結果が出ただけにその価値はあったと思う。

そんな中での明日のカップ戦。選手起用の予想は難しいところである。ただ総力を注ぐのは週末のガンバ戦ゆえ、第1戦で奪った2点のリードをどのように起用に生かすのか注目されるが、果たして指揮官はどういう決断を下すのか・・・。

いろんな意味で難しい試合ではあるが、週末を見据えた上での戦い方に注目したい。


☆今季対戦
6/11 リーグ第14節(NACK) 
大宮2-2浦和 【大宮】【浦和
9/14 ナビスコカップ2回戦第1戦(埼スタ)
浦和2-0大宮 【浦和】【大宮

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第27節 (対鹿島 △0-0)
【大宮】 Jリーグ第27節 (対柏 ○3-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.25

鹿島遠征あれこれ

先週のエコパに続いてアウェー連戦。さっそく振り返ります~。

鹿島の遠征といえば、ここ数年は18きっぷの時期でしたが、今回は9月末。限られたルートの中から、興味のあるルートを見つけてさっそく準備をしていざ出発。

北総線の千葉ニュータウン中央駅まで相方に車で送ってもらい出発。
Cimg6058 Cimg6060

8:12発アクセス特急成田空港行きに乗車。やってきたのは京急ステンレス車両。
Cimg6062 Cimg6064 Cimg6067

印旛沼の先に見える筑波山を眺めつつ、8:32空港第2ビル駅着。
Cimg6073 Cimg6074 Cimg6075


続きを読む "鹿島遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月18日 - 2011年9月24日 | トップページ | 2011年10月2日 - 2011年10月8日 »