« 2011年9月4日 - 2011年9月10日 | トップページ | 2011年9月18日 - 2011年9月24日 »

2011.09.17

【第26節 清水戦】

オフィシャルより

11.09.17
Jリーグ第26節vs清水エスパルス
9月17日(土)にエコパスタジアムで行なわれました、Jリーグ第26節vs清水エスパルスの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第26節 
清水エスパルスvs浦和レッズ 
2011年9月17日(土)14:04キックオフ・エコパスタジアム
試合結果
清水エスパルス1-0(前半0-0)浦和レッズ
得点者:63分 大前元紀(清水)
入場者数:21,524人
試合速報


「茨の道」

アウェー4連戦の出端を挫かれた痛い敗戦。これでリーグ戦3連敗。

荒れたピッチを考慮したのかは別として、指揮官はスカウティングの結果、マゾーラを1トップの頂点に据え、カウンターでスピード勝負という選択をした。

ただ、ボールスピードが生かされないピッチに、お互い四苦八苦するなか、マゾーラが3度のビックチャンスを決め切れずに、徐々にバランスを欠いていく事になってしまった。

前線からのアタックが乏しくなり、その結果自由に後方からボールを放り込まれると、一気にラインが下がってしまい、相手の飛び出しにも対処せねばならず、結果的に幾度となく決定機を与えてしまった。

今日はミスがミスを呼んだ敗戦だと思う。ミステイクな先発布陣、失点の起因となってしまった軽い守備。そしてパワープレーにもかかわらず、上がっているスピラが自らクロスボールを入れるという、乏しき戦術・・・。

指揮官曰く、「勝点1が妥当」、「この難局を乗り切れば明るい未来が待っている」と切々と説いたようだが、ならばその方策はあるのだろうか。チャンスがあった、良かっただけでは勝点は全く転がりこんでこない。

大宮戦での良い流れをチーム自ら寸断させてしまった厳しい敗戦。自分達もそうだか、クラブも相当の覚悟を持たないと、この先も茨の道である。

Cimg6014 Cimg6019 Cimg6025

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.16

第26節 清水戦プレビュー

ナビスコカップから中2日。明日はアウェーエコパスタジアムにのりこみ、清水エスパルスと対戦する。

清水は現在、8勝9分8敗の勝点33で第10位。前の試合は、ナビスコカップでホームに新潟をむかえ対戦。

開始早々、体調不良で欠場したボスナーに代わり、岩下と平岡のCBコンビの裏を衝かれ、先制ゴールを許してしまう。しかしここから敵将曰くバックラインを高めに保ち、シンプルにボールを繋ぐようになり、失点からわずか10分後に高木のクロスから大前が決めて同点に追いついた。

後半は一進一退の攻防が続くも、新加入のユングベリが投入されると、中盤からの押し上げに迫力が増し、74分にそのユングベリのパスからアレックスが決めて逆転。それが決勝点となり結局2-1で勝利し、公式戦5試合ぶりの勝利を飾った。

清水は、ゴトビ監督が就任してから若手、中堅、ベテランの選手起用のバランスが良いがなかなか突出した結果が出ていない。そして後半戦への巻き返しを期すべく大型補強を敢行したが、カップ戦以前の10試合は、3試合連続4失点を含む3勝3分4敗と決して調子が上がっているとは言い難い。ただ前回対戦時にはセットプレーで失点を喫している以上、油断することはできない。


一方のレッズは、前の試合はナビスコカップでホームに大宮をむかえてのさいたまダービー。

その前の山形戦の敗戦がよほどだったのか、この日は選手間の距離がコンパクトでかつ自らしっかりとアピールをしながらボールを要求してピッチ内を動きまわる事で、パスが効果的に働き、何度かチャンスが生まれた。

しかし最後のシュートチャンスが今一つで、なかなか即得点に結びつくことはなかったが、しかしPKとセットプレーから2点を奪い、5試合ぶりの公式戦勝利を飾った。

この日のポイントとしては、もちろん選手達が連動ある動きを魅せたというのもあったが、セルヒオの1トップと小島のボランチ起用が新たな流れを生んだと思う。しかし指揮官としては、これがリーグ戦を見据えたターンオーバーなのか、単純に惨敗からの流れを変えたかったのか、明確な意図が読みきれないところがある。それゆえ原口と山田直輝、そして濱田を欠く中で、果たして誰を起用するのか期待と不安が入り混じる。

大宮戦のようなサッカーが果たして指揮官の理想だったのかは別として、そのまま空いたポジションに単純に選手を当てはめるというのは、コンセプトが定まらない今の状況下ではある意味危険な賭けと言える。また重要なポジションにベテランを起用させるのも、もちろん大事かもしれないが、逆にそれがウィークポイントを相手に晒してしまうという危険もある。

レッズにとって、明日からカップ戦を含めてアウェー4連戦が始まる。しかもカップ戦を除けば、すべて前半戦では勝っていないチームとの対戦ゆえ、最も厳しい闘いが予想される。残り9試合となり、今後さらに降格圏に近づくのも離れるのも、選手達の力をはじめ指揮官の手腕が問われる。

まだ危機は脱していない。貪欲にそして時には冷静にプレーに徹する事が大事だと思う。


☆今季対戦
6/18 リーグ第16節(埼スタ) 
浦和1-3清水 【浦和】【清水

☆前試合の結果
【浦和】 ナビスコカップ2回戦第1戦 (対大宮 ○2-0)
【清水】 ナビスコカップ2回戦第1戦 (対新潟 ○2-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.15

日程&カップ戦改革

“分かりやすい仕組みにする”という主張はそれとなく分かります。ただ、そうなる事でこれまでスタジアムに行けなくなってしまう層もいるかと思うので、日程改革と同時にテレビやラジオ、そしてネットを駆使した中継の充実をこれまで以上に図ってほしいと思いますね。

一方ナビスコカップは、その後の記事で、昨日のJ1実行委員会で大半のクラブが試合数減少を理由に反対意見が多く継続審議となったとのこと。

確かにJ1ではホーム開催は、リーグ17試合+カップ戦最低1試合の計18試合。これまでは、予選リーグで3試合は確保され最低20試合でしたから、そういう意見が出るのも納得。ただ、来季は原則土曜開催になるので、2試合分の穴埋めは、クラブの努力次第ということになるんでしょうね。

J2を含めたトーナメントは、これまで99年から3シーズンだけ行われていましたが、個人的にはこちらの方がカップ戦らしくていいですね。そして同様のトーナメント戦となる「天皇杯」との差別化を図るために、たとえば組合せ抽選をテレビで公開するとか、それなりのショーアップは必要かと思います。


J1、土曜日開催へ=J2日曜、ナビスコ杯は水曜-来季日程
J1の土曜開催了承=ナビスコ杯は継続審議―実行委(いずれも時事通信)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.14

【ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦】

オフィシャルより

11.09.14
ヤマザキナビスコカップ2回戦、第1戦vs大宮アルディージャ
9月14日(水)に埼玉スタジアムで行なわれました、ヤマザキナビスコカップ・2回戦、第1戦vs大宮アルディージャの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ヤマザキナビスコカップ・2回戦、第1戦 
浦和レッズvs大宮アルディージャ 
2011年9月14日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0(前半0-0)大宮アルディージャ
得点者:52分 マルシオ リシャルデス、65分 原口元気
入場者数:13,036人
試合速報


「意識の変化」

日曜日の惨敗劇から3日後。レッズはメンバーを入れ替え、大宮相手に2点を奪い第1戦に先勝した。

レッズは、特別何かを仕掛けた訳ではないと思う。これまで出来た事が出来なくなってしまっただけなのだから、曖昧だった意識を一旦リセットして、柏木を中心に自由に動き回りスペースを作る事で、シンプルかつワイドに効果的なパスが展開され、何度かチャンスを生んだ。

しかし、得点に結び付いたのはPKとセットプレーのみ。バイタルエリアを崩してのチャンスメイクの数としては相手の方が多く、水際で加藤の好セーブに助けられた事は忘れてはならない。それに、効果的なパス回しが出来ても、フィニィッシュが決まらなければ元の木阿弥。それは今だけに限らない積年の課題でもある。

今日は、セルヒオが1トップで体を張ってボールを収められたのは大きい。これには2列目の選手達はだいぶ助けられたのではないか。トップで競り負けて奪いに行くのと、収めたくれたボールを繋ぎに行くのでは意識が全然異なる。それだけに、次に向けてしっかりとコンセプトがあればいいのだが、定まらないまま選手が入れ替わる事で、パッタリとそれが実践できなくなってしまうのが、今のレッズの不安要素でもある。

それゆえ、最悪からは脱したかのように見えるがまだまだ。ただカップ戦としては、しっかり結果を残して前半90分を折り返す事ができたのは大きいと思う。

Cimg5924 Cimg5932 Cimg5945

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.13

ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦プレビュー

リーグ戦から中2日。明日はナビスコカップ2回戦が開催。第1戦はホーム埼玉スタジアムに大宮アルディージャをむかえ対戦する。

大宮は1回戦はシードでカップ戦としては初戦。リーグ戦前節はアウェーでG大阪と対戦。

コンディションが整わない相手に対し、チャンスもあったが前半終了間際に先制点を許してしまう。後半も決して圧倒的に攻められていたわけではなかったが、確実にチャンスを仕留められ結局0-2で敗戦を喫した。

ただ、この日はボランチの上田が出場停止で欠場。決してベストメンバーでなかったという点に注意したい。


一方のレッズは、リーグ戦前節はホームで山形と対戦。

開始わずか2分で、ロングボールから競り合いに敗れ、そこから繋がれたボールに要警戒だった山崎に決められあっさり先制点を許す。その後、守備シフト敷いてきた相手に対し、なかなかパスが縦に入らず横に繋ぐ場面が多くなってくる。またポジション固定で選手同士の距離がそれなりに離れているせいか、ショートパスもサイドチェンジも安易で、最後まで攻め切ってるという雰囲気は全くもって感じられなかった。

その自信のなさがプレーの質の低下を生み、さらに指揮官の戦術の引き出しの少なさも相まって、ますます相手の守りやすい展開になり、そのまま時間が過ぎていき結局0-1で敗戦。降格争いから抜け出すことができず、不安要素を抱えたままカップ戦を迎えることになった。

試合後の選手個々のコメントは一様に複雑な心境を吐露していた。まずチームとして何をコンセプトに戦うのかはっきりしていない以上、ますます混迷を極めるだけだ。ある選手は守備からと説き、指揮官は攻撃的にと説くのだから、何とも言い難しである・・・。


リーグ戦14位と15位の対戦。お互いそのような状況下において、カップ戦に対する意識というのは複雑であろうと思う。ただそんな中でも「ダービーマッチ」という事で、あえてそこを踏み台にしてなんとか“勝ち癖”をつけて週末のリーグ戦へ弾みをつけたいのは双方同じ想いだと思う。

そして、原口や直輝はこの試合を最後に五輪予選へ向け一時チームを離れる。もちろん彼等も調子が上がらない中、チームに還元したい想いは十分に伝わるだけに結果が欲しいところだろう。


明日は、カップ戦ゆえ「アウェーゴール」を見据えるならば、安易な失点は避けたいところ。ただ今のままでは単純に“立て直せ”と言うだけでは難しい。果たして指揮官は戦い方を変えてくるのかどうかは不明だ。

ならば、前述したように選手達が守備からと説いているのだから、理想を一旦置いてでもまずは失点を防ぐというコンセプトを決めたほうが試合に臨みやすいと思うのだが、あくまでタイトルにそして勝利にこだわり過ぎると、ますます墓穴を掘ってしまいそうで、そこだけが心配である。


☆今季対戦
6/11 リーグ第14節(NACK) 
大宮2-2浦和 【大宮】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第25節 (対山形 ●0-1)
【大宮】 Jリーグ第25節 (対G大阪 ●0-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.12

GM解任

山形戦後の深夜にネット記事などで伝えられた「柱谷GM解任」の一報。

そもそも橋本代表がGM解任を決めたのは、試合前だということで、結果にかかわらず決めていたみたいですね。

ただ、タイミングが微妙だし、当の柱谷氏本人もなぜ解任されたか良くわからないという状況。

しかし、解任自体は現に結果が出でいない訳ですから、それは当然の結果だと思います。

でも、“トカゲの尻尾切り”ではないですが、もしクラブがこれで幕引きを企てているのならば、ますます不信感は拭いきれない訳ですよ・・・。


山道守彦の強化部長就任について
浦和レッズが輝くために仕事をしていきたい(山道強化部長)(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無敗突破

地元中国との試合。すでに五輪出場を決めリザーブ中心のメンバーで臨みましたが、見事に結果を出して勝利。特にこの中国戦は力量差以上に、アウェーの雰囲気に飲まれないかやや不安でしたが、それはまったく心配なかったようです。

これで"4勝1分”でアジア最終予選を突破。お疲れさまでした。


ロンドン五輪アジア最終予選
日本1-0中国(JFA)(スポーツナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.11

【第25節 山形戦】

オフィシャルより

11.09.11
Jリーグ第25節vsモンテディオ山形 9月11日(日)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第25節vsモンテディオ山形の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第25節 
浦和レッズvsモンテディオ山形 
2011年9月11日(日)18:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-1(前半0-1)モンテディオ山形
得点者:2分 山崎雅人 (山形)
入場者数:27,709人
試合速報


「危機意識」

開始わずか2分での失点。

ハイボールを競ったあと、警戒していた山崎にあっさり決められてしまうのだから、集中を欠いていたと言われても致し方ない失点だったが、これが最後まで尾を引いてしまった。

アグレッシブに主導権を握ると指揮官もGMも話していたが、実際はボールを持たされ、ポジション固定に伴うエリア張りつきと相まって遅攻となり、攻撃に転ずる時にはすでに相手の網が張り巡らされている・・・という悪循環に陥った現状がピッチに表れていた。

早々の達也の負傷交代というアクシデントもあったが、その後もボールを繋ぐ事ができなかったのは、そういうオプショナルに対応できる戦術を兼ね備えていない指揮官の手法の無さもあるが、それ以上に試合後の選手個々のコメントを見る限り、ポジションによって主張している内容がバラバラゆえ、これで勝点3を奪おうというのは虫の良すぎる話であったのではないかと思う。

危機意識の欠如は、誰かがどこかで感じていても、それがプレーにそして結果に現れない限り、ズルズルと落ちていくだけだ。むしろ山形の方が降格への危機感を背にこれまで以上に努力を惜しまずにプレーに徹したゆえ、それなりの結果がついてきたのだろう。

同じやり方を続けることで、どこかで戦術が結実するだろう・・・と見守ると、気が付けばリーグ戦終盤に突入。指揮官は「まだ9試合ある」とコメントしていたが、“まだ”ではなく“あと”9試合しかないのだ。

今週は水曜日にカップ戦を挟む日程。クラブがタイトルに固執するのであっても、この雰囲気のままでは勝てないだろう。ならば思い切ってメンツを変えるのも一考かもしれない。指揮官の言うコンディションが100%の選手を起用しても、力を発揮できないのであれば全く意味がないのだから。

Cimg5906 Cimg5913 Cimg5917

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月4日 - 2011年9月10日 | トップページ | 2011年9月18日 - 2011年9月24日 »