« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »

2011.09.10

第25節 山形戦プレビュー

W杯予選による2週間のインターバルを挟んで、Jリーグが再開。明日はホーム埼玉スタジアムにモンテディオ山形をむかえ対戦する。

山形は現在、4勝5分15敗の勝点17で第17位。

前節はアウェーで仙台との東北ダービー。開始早々に先制点を奪われてから、12分にもPKで失点を重ねてしまう。その後は山形が主導権を握り30分にPKで1点を返す。

しかし後半は、守備を整備し直した相手に攻撃が停滞してしまい、リズムがつかめないまま逃げ切られてしまい試合終了。結局1-2で敗れた。


一方のレッズは前節はアウェーでC大阪と対戦。

前半こそスコアレスで切り抜けたが、後半は開始早々から相手のサイドからの崩しについていけず、先制点を奪われると、主導権が握れなくなってしまう。

またバックラインを上げようにも、中途半端なせいかあっさり裏を取られてしまう場面もあり、攻守にわたり不安定な時間帯が続いていた。

ようやく小島を投入し、果敢にボールを縦に入れるようになってから同点に追いついたが、終了間際に立て続けに失点を重ねて自滅。結局1-3で敗れた。

この試合では、レッズを率いてきた柏木、山田直輝が出場停止だったということもあったが、それを差し引いても内容に乏しいものであり、それは指揮官の目指すものと実際の引き出しの無さ、そして選手達の考え方がいずれもバラバラで勝点3を奪うには到底足りないものであった。

そして今節は高橋峻希が出場停止。おそらく平川がその穴を埋め、宇賀神が左サイドを務めると思われる。


前節のレビューではこの敗戦を振り返り『難題な宿題』と説いたが、2週間が経ちレッズは何かが変わるのだろうか。ただ「意識の差」、そして「一歩の差」だけでも流れが変わることもある。

今週はナビスコを挟んで、いよいよアウェー連戦の強行軍が始まる。まずは残留争いからの脱出を確実に目指すことで、目の前の試合、特に渦中のチームとの対戦は勝点3が絶対である。

逆に山形にとってはすぐ上の相手ゆえ、アウェーといえども勝ちにくるはずだ。ただ落ち着いて往なすほど今のレッズには余裕は無い。選手達個々の集中力、そして攻守の切り替えがポイントになるだろう。

まずは勝点3。残り10試合となるラストスパートの出だしを、良い結果で切りたいところだ。


☆今季対戦
6/5 ナビスコカップ1回戦第1戦(埼スタ) 
浦和2-0山形 【浦和】【山形
7/6 リーグ第3節(NDスタ)
山形0-0浦和 【山形】【浦和
7/27 ナビスコカップ1回戦第2戦(NDスタ) 
山形1-2浦和 【山形】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第24節 (対C大阪 ●1-3)
【山形】 Jリーグ第24節 (対仙台 ●1-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.09

なでしこ五輪出場決定!

北朝鮮戦は事前評通り、とても厳しかった相手。先制点を決めて、あとわずかということで同点に追いつかれ、この日の自力での突破はできませんでしたが、その後行われた中国-豪州戦で中国が敗れ、日本が2位以上を確保しロンドン五輪出場を決めました。

しかし彼女達にとってみれば、この予選突破は通過点だと思いますが、さらなるステップへ向けて頑張ってほしいと思います。


ロンドン五輪アジア最終予選
北朝鮮1-1日本(JFA)(スポーツナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.08

天皇杯タブー

毎年元日の恒例だった「天皇杯決勝戦」が今大会を最後に日程を年内に移行するとの事。

日程の問題というのは、年々言われ続けてきた問題であり、特にJリーグが終わってからの天皇杯への軽視傾向。さらに年明けの代表日程との絡みもあり、選手のオフ確保という難題に協会が立ち上がり、元日開催というタブーを廃しようやく目途がついたようです。

そもそも天皇杯の日程を年内に移行するということは、その末端にあたる都道府県の大会を前倒しなければならないということで、ある意味日本サッカー全体のカレンダーを変える一大事な出来事となる訳です。

Jサポ的見地としても、12月にCWC開催の影響で半月以上も試合日程が空き、さらに選手契約の関係上、クビになってしまう選手達を起用せざろうえない中で、翌年のACL出場権をかけて戦うという中途半端な大会になってしまったのも事実。

とかく「元日国立決勝戦」という伝統はなくなっても、JFA所属のプロアマ問わないチームNo.1を決める日本最大のトーナメント戦には変わりはないようなので、来年以降サッカーカレンダーと共に天皇杯がどう変わるのか、期待したいですね。

天皇杯、来年度から年内決勝へ…「元日の風物詩」今季限り(スポーツ報知)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.07

W杯3次予選 ウズベキスタン戦

久々に中央アジアでのアウェーを感じた試合。早々に先制点を許して、スタジアムのボルテージが最高潮になる中、何とか奪った岡崎の同点ゴールは貴重なもの。

それゆえ負けなかったことは大きく、勝点1は大きかったと思います。

力の差はあっても、やはりW敗予選は難しいですね。

2014年W杯アジア3次予選
ウズベキスタン1-1日本(JFA)(スポーツナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.05

五輪アジア最終予選 豪州戦

3連勝で、ほぼ王手といったところですかね。

身長差、体格差のあるオーストラリア相手に、チャンスを伺いながらの展開でしたが、むしろいくつかあったチャンスをなかなか決められなかったのは厳しいところ。

でも後半しっかり決めて守り切れたのは大きかったですね。

やはり中1日の日程は、試合をこなすごとにパフォーマンスが落ちているのが、それとなくわかります。選手起用や交代のタイミングが、今後の勝負の行方を左右しそうですね。


ロンドン五輪アジア最終予選
日本1-0オーストラリア(JFA)(スポーツナビ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.04

ヒートアップJ2 第4節

J1は代表戦でお休み。そんな中でも、J2は試合が行われています。

今週末は木曜日から日曜日にかけて、大震災で日程が変更された「第4節」の試合が行われました。

注目は「FC東京対栃木」との首位攻防戦。結果はお互い譲らずスコアレスドローでしたが、それなりに見ごたえがありました。

なかなか一歩抜け出すチームがなく、上位6チームが勝点3以内にひしめき合うという混戦状態。

J2は残り15試合。まだまだわかりませんね。

順位は以下の通りです。

1位 F東京 勝点42 得失差18 総得点32
2位 栃木 勝点42 得失差12 総得点31
3位 徳島 勝点41 得失差11 総得点33
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
4位 千葉 勝点40 得失差09 総得点34
5位 札幌 勝点40 得失差08 総得点26
6位 鳥栖 勝点39 得失差15 総得点33

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月28日 - 2011年9月3日 | トップページ | 2011年9月11日 - 2011年9月17日 »