« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »

2011.08.27

第24節 C大阪戦プレビュー

リーグ戦中断前の最後の試合。明日はアウェー長居スタジアムにのりこみ、セレッソ大阪と対戦する。

セレッソは現在、6勝8分9敗の勝点26で第14位。前節はアウェーで横浜FMと対戦。

開始早々こそ流れを掴みかけたが、15分にパス交換から右サイドを突破され、鮮やかに先制点を許してしまう。以降もなかなかリズムを作る事ができず、前半終了直前にもゴール前のクリアボールを拾われ、追加点を許してしまった。

後半は一転してセレッソのペース。途中から出場した杉本がプロ初ゴールを決め、反撃の狼煙をあげる。しかし清武の負傷交代も響いてかあと1点が遠く、結局1-2で敗戦を喫した。

セレッソは来月からACL決勝トーナメントを控えているが、乾、ピンパォン、マルチネス、キムボギョンらと相次いで攻撃的な選手がチームを離れたり、怪我で離脱している。しかし敵将クルピ監督の若手選手の積極的な起用が功を奏し、杉本や清武、さらに扇原ら将来の日の丸を背負うであろう選手達がスタメンに名を連ねている。

もちろんベテラン陣も負けておらず茂庭がスタメンを張り、リザーブに播戸が控えて決して順位相当ほど侮ってはいけない。


一方のレッズは前節はホームで広島と対戦。

相手の流動性あるシステムに対し、指揮官はまず6人で守りを固めることに着手したが、その約束事までは決まっていないのか選手達が混乱し、2列目から飛び出してくる相手をオフサイドで切りぬけるのが精一杯だった。

後半に入り、54分に原口の鮮やかなゴールで先制したのは良かったが、そのわずか4分後に左サイドからクロスを簡単に放り込まれ、後方から待ち構えていた李に決められ同点。

その後、マゾーラ、マルシオを投入したものの、アタッカーに対してしっかり人数を掛けて対応する相手に対し成す術がなく、チャンスはさらに激減。アディショナルタイムに大ピンチを迎えたものの、加藤の好セーブでなんとか1-1のドローで終えるのが精一杯。これで引き分けも10試合目となった。


今のレッズは、攻守のバランスもそうだが選手のコンディションも良くない。それは指揮官の采配もそうだが、あまりにも原口や直輝、柏木に頼り過ぎている面も影響しているだろう。

そして明日は、その直輝と柏木が出場停止。いわば心臓といわれる2人を欠く正念場を迎える。前へ推進できる選手がいない中で、どのように試合の流れを掴むことができるかが勝負処になるだろう。もちろんマルシオや原口ら攻撃的な選手に期待するのはもちろんだが、それ以上に自信を失いかけている守備陣の奮闘、特にボランチに望みを託したいところだ。

共に順位が近い同士の降格圏を見据えてのサバイバルな一戦。これまで歯痒い内容が続いているが、まずは結果を出すことが大事。アウェーでの試合ながらしっかり勝点3を奪って、原口、柏木を代表に送り出し、しばしの休息に入りたい。


☆今季対戦
5/15 リーグ第11節(埼スタ) 
浦和1-1C大阪 【浦和】【C大阪

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第23節 (対広島 △1-1)
【C大阪】 Jリーグ第23節 (対横浜FM ●1-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.25

原口A代表へ

直輝も選ばれ、ゆくゆくは原口も・・・と思っていましたが、このタイミングで招集とはビックリしました。

怪我を抱えている中、試合出場は難しいかもしれませんが、ザッケローニ監督も期待している以上、W杯予選という舞台で何かきっかけを掴んできてほしいですね。

日本代表&U-22日本代表候補(レッズオフィシャル)

2014FIFAワールドカップ、アジア3次予選、第1戦vs朝鮮民主主義人民共和国・第2戦vsウズベキズタン、日本代表メンバーに柏木陽介、原口元気が選出されました。
また、U-22日本代表候補トレーニングキャンプメンバーに、濱田水輝、高橋峻希、山田直輝が選出されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.24

【第23節 広島戦】

オフィシャルより

11.08.24
Jリーグ第23節vsサンフレッチェ広島 8月24日(水)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第23節vsサンフレッチェ広島の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第23節 
浦和レッズvsサンフレッチェ広島 
2011年8月24日(水)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-1(前半0-0)サンフレッチェ広島
得点者:54分 原口元気、58分 李忠成 (広島)
入場者数:27,947人
※本日の広島戦で、J1・J2リーグ戦、ホームゲーム通算入場者数、950万人を突破しました。
試合速報


「兆しなきドロー」

妥当な結果。むしろ、アディショナルタイムに逆転弾を防いだ加藤のプレーに助けられた。

試合の流れに応じて変化する広島のシステムに対し、指揮官は6バックで守り、前線の4人にはエリアをケアしつつ打開しなさいという指示を出していたようだ。

だが、ピッチには勢いは感じられず、むしろ無難に仕事をこなした上での勝点1はそれなりの結果だった。特に2枚代えを敢行してからはさらに停滞。ボールをキープできても、縦への楔が全く入らずもどかしい時間が過ぎていくだけだった。

そして終盤はお互いカウンターの応酬になったが、走力溢れた選手を投入したところで、それを活かす術をもたなければただの博打に終わってしまう。

良く言えば相手に合わせたサッカー。悪く言えばその場限りの場当たり的なサッカー。どちらにしても自分達でコントロールできないのだから、今日の結果は今の力を推し量る上では、妥当なものだったと言える。

これで10試合目の引き分け。もうすぐシーズンの2/3を迎えようかという今、1試合1試合勝点を積み上げるための単発な戦術を淡々とこなしている様は先への兆しが見えず、それはすでにもどかしさそして歯痒さを越えている。

そんなレッズに秋風を感じてしまうのは、早計なのだろうか。

Cimg5642 Cimg5645 Cimg5649

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.23

第23節 広島戦プレビュー

夏場の連戦もいよいよ佳境。明日はホーム埼玉スタジアムにサンフレッチェ広島をむかえ対戦する。

広島は現在、9勝5分8敗の勝点32で第6位。前節はアウェーで鹿島と対戦。

連戦中の相手に対し、日程的にアドバンテージがあったが、セットプレーなど局面では相手を凌駕できず結局0-2で敗れ、2試合連続完封負けを喫した。

一方のレッズは前節はアウェーながら国立で甲府と対戦。

指揮官が変わったばかりの甲府に対し、局面でのチェックに苦しみ、ことごとく中盤でのボールロストを起点に攻め立てられた。1点を返したものの、前半での3失点は重くのしかかった。

後半は選手を替え2トップで臨むものの、守備に人数を割いてくる相手に対し、如何せんごり押しのドリブル一辺倒ではなかなか打開できず、結局2-3で敗戦。残留争いから抜け出すには、痛恨の1敗を喫した。

今のレッズは、いい試合と悪い試合と両極端でなかなか安定した試合運びができない。前節も相手の攻撃陣に最警戒をはかっていたものの、守備の手法がチームとして曖昧なのか、何度か受け渡しができずルーズになってしまう場面があり、相手はそのミスを見逃さずにゴールを割らせてしまっていた。

前回広島と対戦したときは、アウェーというせいもあったがほぼ守勢にまわり、スコアレスドローに終わった。もちろん佐藤寿人や李、ミキッチら広島の誇る切れ味鋭い攻撃は脅威だ。連戦が続き集中力の持続が難しいかもしれないが、それは相手も同じ条件。指揮官は1対1の局面での攻撃を好むだろうが、相手はそこに全力を注いでミスを誘い、反撃の起点を作り出す。

だからこそ、もう一度守備の再構築を行って相対すべきだと思う。相手は上位。それゆえ失点を喫しなければ勝点は拾えるのだから、まずはホーム埼スタで出直して残留という現実の目標達成へ向けて歩を進めてほしい。


☆今季対戦
6/15 リーグ第15節(広島ビッグアーチ) 
広島0-0浦和 【広島】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第22節 (対甲府 ●2-3)
【広島】 Jリーグ第22節 (対鹿島 ●0-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月14日 - 2011年8月20日 | トップページ | 2011年8月28日 - 2011年9月3日 »