« 2011年7月24日 - 2011年7月30日 | トップページ | 2011年8月7日 - 2011年8月13日 »

2011.08.06

【第20節 神戸戦】

オフィシャルより

11.08.06
Jリーグ第20節vsヴィッセル神戸
8月6日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第20節vsヴィッセル神戸の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第20節 
浦和レッズvsヴィッセル神戸 
2011年8月6日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-3(前半0-2)ヴィッセル神戸
得点者:14分・19分 吉田孝行 (神戸)、47分 田中達也、77分 マゾーラ、90+3分 大久保嘉人
入場者数:32,231人
試合速報


「連鎖」

終了間際のPKを決められて敗戦。

ただ、今日はPK以前の問題。前半早々のミスの連鎖で失点を招いたのがすべてだったと思う。

レッズがやろうとしていたバックラインを下げるための放り込みを逆に仕掛けられてしまい、そこに前線の選手がかき回す事でさらにプレッシャーを掛けられ、ミスを誘発された。

下げられたバックラインは、警戒するあまりなかなか上げられず、それが攻撃にも帰結しまい失点以降はチャンスらしいチャンスがなかなか生まれなかった。

指揮官は後半開始から攻撃よろしく、中盤を省略しFW4人を並べて博打のようなサッカーを仕掛けた。その結果、同点に追いつきあたかも采配が的中したかのような雰囲気だったが、それも諸刃の剣。

敵将は決して慌てず大久保や森岡を投入し、攻撃には攻撃というサインを出し、ぽっかり空いたレッズの中盤を衝いてボールを展開され、足元から揺さぶられた。

リスクを負うのだから致し方ないという見方もあろうが、残りの時間を考えても後半開始から力技だけでは限界がある。

ただ今日は失点の要因は明らかなのだから、同じミスを繰り返すことがないよう、確認し修正して次へ臨むことが大切だと思う。

Cimg5374 Cimg5384 Cimg5388

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.05

第20節 神戸戦プレビュー

8月に入って最初の試合。明日はホーム埼玉スタジアムにヴィッセル神戸をむかえ対戦する。

神戸は現在、6勝4分9敗の勝点22の第13位。前節はホームで甲府と対戦。

以前神戸で指揮していた三浦監督を取り巻く因縁めいた試合であったが、前線から連動した守備が功を奏してか主導権を握り、開始早々の11分に先制点を奪う。さらに24分にベテランの吉田が追加点を決め前半を終える。

後半も早々から神戸のペース。49分にも得点を奪い3-0としてほぼ勝負は決したかに見えたが、甲府が直後の52分、58分に立て続けにゴールを奪い、一気に反撃ムードになり窮地に立たされたが、82分に田中英雄がゴールを奪い結局4-2で勝利し、ホーム連勝を飾った。

ここ4試合は10得点と攻撃力が上がっており、特に開始15分で先制ゴールを奪うことで勢いがつき、勝点3を手繰り寄せている。またベテラン吉田が好調で相方のポポ、ボッティ、そしてパクとの組み合わせは決して侮れない。


一方のレッズは、前節はアウェーで川崎と対戦。

開始早々から攻め手豊富な川崎が主導権を握るも、10分に柏木からのロングパスからマルシオが猛然と前線に走り相手DFプレッシャーを掛けることでオウンゴールを誘発し、先制点が転がり込んだ。その後は終始川崎の猛攻に耐えながら90分間守り切り1-0で勝利し、今シーズンリーグ戦初の連勝とアウェー戦初勝利なった。

2列目の真ん中に山田直輝を起用することで、特にマルシオや柏木との相性が良く、小気味よくパスを繋いで押されている展開の中でも何度かチャンスを作る機会があった。また、新FWデスポトビッチも、相手選手と競り合う場面は多かったが、それに屈さず味方のフォローを待って、攻撃を展開していた。

2点目を決めきれないという不安要素もあるが、逆に守備陣は試合を重ねるごとにつまらないミスが減りつつあり、最後に敗戦を喫した6月中旬のホームでの清水戦以降、公式戦9試合で5勝4分、特に失点が「4」と、夏場の連戦をいう事情を踏まえても、しっかりと結果に表れ始めたと思う。

ただ如何せん、序盤に勝点を落とし過ぎであり、それゆえようやくエンジンがかかり始めたという印象は強い。上とは到底離れつつあるが、次節からの対戦は、目下勝点が近い同志との対戦ゆえ、簡単に落とすわけにはいかない。


ようやく指揮官が求めていた布陣に、ピースが揃い始めた。あとは選手間で連動して、試合の主導権を握れるかがポイントになるだろう。

神戸との対戦といえば、今年の開幕戦というのもあるが、むしろ昨年の埼スタでの最終節の方がインパクトが強い。あの時のスタジアムの雰囲気は今でも忘れないし、もうあのような無様な試合は見たくない。ここまで半年間で積み上げてきたレッズの力、そして結果がフロックでなければ、明日はそれなりの内容と結果に期待したい。


☆今季対戦
3/6 リーグ第1節(ホームズ) 
神戸1-0浦和 【神戸】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第19節 (対川崎 ○1-0)
【神戸】 Jリーグ第19節 (対甲府 ○4-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.04

訃報

いつもマリノスと対戦する時は、憎き守りの壁だった。

だけど、その裏には熱いキモチを持ったサッカー大好きな男。

それが松田直樹だった。


昨年12月の最終戦でサポーターを前に言った言葉が忘れられない。

「俺、サッカーマジ好きなんすよ!」

本当に本当にお疲れさま。御冥福をお祈りいたします。

松田直樹選手逝去のお知らせ(松本山雅FCオフィシャル)
松田直樹選手の訃報に接して(横浜F・マリノスオフィシャル)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.03

王座決定戦

今宵はエコパで「スルガ銀行チャンピオンシップ」がやってたんですね。

中継がないかと思ったら、「BS12」で生中継をやっていたとの事。完全に見逃してました・・・。

結果は90分で決着がつかず、PK戦にもつれ込んで結局磐田が勝利。昨年のFC東京に続いて日本勢が優勝カップを奪いました。

地味な大会とはいってもこれで4回目。ナビスコカップ同様、継続は力なりというところでしょうか。とりあえずスポンサー様に感謝ですね。


スルガ銀行チャンピオンシップ 2011 SHIZUOKA
Jリーグヤマザキナビスコカップ / コパ・スダメリカーナ王者決定戦

ジュビロ磐田2(PK4-2)2インデペンディエンテ(アルゼンチン)
磐田オフィシャル】【Jリーグオフィシャル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.08.02

後半日程発表

本日、Jリーグより9月からの第25節以降最終節までの試合開始時刻などの詳細の発表になりました。

レッズ絡みですと、9月の連休初日にあたる第26節のエコパが14時KOだということにはややビックリ。

しかし、それ以上にこの第26節からカップ戦を含めてアウェー4連戦+αというのは、今後を見据える意味でとても重要なポイントになるでしょう。

とりあえずまた遠征計画でも立てましょうかね~。

Jリーグ、第25節~最終節(9月~12月)日程発表
浦和レッズ試合日程(いずれもレッズオフィシャル)

2011Jリーグ 後半日程発表
J1リーグ日程
J2リーグ日程(いずれもJリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月24日 - 2011年7月30日 | トップページ | 2011年8月7日 - 2011年8月13日 »