« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »

2011.07.23

【第6節 甲府戦】

オフィシャルより

11.07.23
Jリーグ第6節vsヴァンフォーレ甲府
7月23日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第6節vsヴァンフォーレ甲府の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第6節 
浦和レッズvsヴァンフォーレ甲府 
2011年7月2日(土)18:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0(前半0-0)ヴァンフォーレ甲府
得点者:53分 平川忠亮、73分 柏木陽介
入場者数:31,369人
試合速報


「動機付け」

前半12分。リスタートから対応のまずさから、パウリーニョとの1対1を余儀なくされ、GK加藤が相手を倒してしまい一発退場。残留争いからの脱却は厳しい出だしとなった。

ただ、1人欠いた事がレッズにとって強烈な意識の動機付けとなったようで、特にボランチに位置した柏木や啓太が上下左右に動き回ってボールを動かし、味方を呼応し続けた。

ピンチの連続だった前半を切り抜けると、後半にゴラッソな2ゴール。数的不利を跳ね返すにはやはり個の力に頼らざろうえない部分はあるが、そこに至るまでの流れは、ボールも人も動いて、さらにこれまでなかった一歩前への踏み出しがゴールへの後押しになった。

直接対決を制した事はもちろんだが、10人で闘った今日の勝利はいろんな意味で大きかったし、得たものもあったと思う。まさに全員で掴み取ったものだと言っても過言ではないだろう。

Cimg5063 Cimg5075 Cimg5081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.22

第6節 甲府戦プレビュー

明日からリーグ戦は後半戦に突入。レッズはホーム埼玉スタジアムにヴァンフォーレ甲府をむかえ対戦する。

甲府は現在、4勝5分8敗の勝点17で第16位。前節はホームでG大阪と対戦。

開始早々から圧倒的にペースを握られ、立て続けに2失点を喫してしまう。しかし直後にハーフナーマイクのゴールで1点を返すと、30分にCKから同点に追いつき前半を終える。

後半も66分にCKから再び勝ち越しゴールを許すも、その2分後にPKを奪い同点。ホーム中銀スタジアムのボルテージが最高潮になったのはさらにその2分後の70分。ハーフナーマイクが、左足でこの日2ゴール目を決めて逆転。中2日という厳しい日程ながら、結局4-3で勝利し勝点を積み上げた。


一方のレッズは前節はアウェーで磐田と対戦。

直前に山田直輝の体調不良による欠場で、メンバー構成に苦慮したようが、彼がいない中でもボランチで久々にスタメン出場を果たした柏木が攻守に光り、前半29分にミドルシュートを放ち、貴重な先制点を奪った。

しかし、そこからなかなか追加点が奪えないのがレッズの現状。久々の1トップも、徐々にフォローが少なくボールも回らず孤立してくるようになり、逆に2列目のアタッカーの単独突破が目立つようになる。そして時間の経過と共に攻撃の威力がさらに低下していき、結果的に終盤でのボールキープもままならなくなった。

一方の守備陣は、スピラノビッチがFW前田との空中戦をことごとく制し、安定感みなぎっていたが、終了間際のアディショナルタイムにPKを与えてしまい、結局1-1の引き分けに終わってしまった。

そんな中、新加入のデスポトビッチが高崎に代わり途中から起用されたが、前を向いてからの力強いシュートに魅力があり、後は連携次第といったところだろうか。


明日は、前節負傷交代した原口や、体調不良で欠場した直輝らの出場は微妙であり、またここにきて達也も負傷との報があり、カップ戦を含んだ連戦を控え、メンバー構成が難しい状況になってきた。こういう夏場の連戦ゆえ新たなヒーローが出てきてほしいものだが、指揮官の戦略が今一つ読みきれず、なんとも歯がゆい状況である。

下位同士の直接対決、そしてホームゆえ勝点3は絶対条件であるが、甲府にはトップスコアラーのハーフナーマイク、さらに俊足とテクニックを兼ね備えたパウリーニョや、伊東、市川らのベテランを控え、さらに大宮時代からの敵将三浦監督が虎視眈々と勝点を狙ってる。

一番恐れているのは、第3節アウェー山形戦でのスコアレスドローの再現だ。あの時は山形はホームながら守備を固め、レッズのアタッカー陣に対し複数の人数を掛けて止めてきた。逆にレッズは動きながらボールを捌ける直輝を先発起用しながらも、指揮官はポジション固定を指示し、まずは守備の安定を図った。しかし逆に焦れてポジションを外し始めたレッズの裏をかき、空いたスペースを高速カウンターで攻め上がり、何度か肝を冷やされた。

甲府の指揮官も、相手の良さを消すことに長けているゆえ、どこまで自由に動きゴールを目指せるかがポイントになる。もちろん相手の怖さもあるが、それはノーガードの打ち合いになった時だと思う。むしろ過度な守備ほど危険だ。

まずは勝点3。そして浦和の礎を築いた森さんの墓前に今度こそいい報告ができるよう、ピッチで闘う選手達に期待したい。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第5節 (対磐田 △1-1)
【甲府】 Jリーグ第5節 (対G大阪 ○4-3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.21

過熱ぎみ

もちろん世界一という偉業は素晴らしいもの。

ただ、帰国してからは彼女達も信じられないぐらいのテレビ局やらの取材攻勢。おそらく戸惑いもあるでしょう。

しかし、これまであまり振り向いてもらえる機会さえなかった女子サッカーゆえ、アピールも重要かもしれません。

そして、すでに国内組の選手達は週末のリーグ戦へ向けて練習を開始したようです。

やっぱり本業はサッカーですから、プレーでアピールするのが一番だと思います。問題なのは、それを勝手に過熱気味になってるマスコミがどう伝えるかということ・・・。


☆「名古屋遠征あれこれ」と「山形遠征あれこれ(リーグ戦編)」、それぞれアップしました。お待たせしました~。

エコパ遠征あれこれ(磐田戦編)」はもうしばらくお待ちください~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.19

なでしこ 大輪の花咲かす

延長、PK戦の末、宿敵アメリカを破っての世界一。

おめでとうございます。

でも、大事なのはこれからだというのは、監督や彼女達が一番わかっているはずなので、しばらくは大変かもしれないけど、新たな戦いへ向けてしっかり充電してほしいですね。


女子W杯決勝戦
日本2(PK3-1)2アメリカ(JFA)
ハイライト映像(FIFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.18

エコパ遠征あれこれ(磐田戦編)

今年1回目のエコパ遠征を振り返ります~。


試合開始は19時。とりあえず開門時間までに目指そうということで、いつもの新鎌ヶ谷駅を出発。8:37発新京成線松戸行きに乗車。
Cimg4846 Cimg4848 Cimg4850

8:56松戸駅着。ここからJR常磐線各駅停車に乗り換え。9:09発小田急線直通、多摩急行唐木田行きに乗車。
Cimg4853 Cimg4854

往年の営団6000系ですな。
Cimg4859


続きを読む "エコパ遠征あれこれ(磐田戦編)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.07.17

【第5節 磐田戦】

オフィシャルより

11.07.17
Jリーグ第5節vsジュビロ磐田
7月17日(日)にエコパスタジアムで行なわれました、Jリーグ第5節vsジュビロ磐田の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第5節 
ジュビロ磐田vs浦和レッズ 
2011年7月17日(日)19:03キックオフ・エコパスタジアム
試合結果
ジュビロ磐田1-1(前半0-1)浦和レッズ
得点者:29分 柏木陽介、90+3分 前田遼一(磐田)
入場者数:18,623人
試合速報


「サイン」

今日は負けられない試合、いや勝たなければいけない試合だった。

選手達もその意を汲んでいたのか必死にボールに食らい付き、ハードに守り、攻撃の組み立てはまだまだながらもそれなりに形になっており、それが柏木の先制点につながったと言っても過言ではない。

終了間際まで何とか粘り、最後のカードとして暢久を投入したのは、「守り切る」という指揮官からサインだと感じたが、結果的にチーム全体の意識が一体となっていなかったのか、守備ラインがズルズル下がり、いくら掻き出しても前線でキープできずに、結果的にしたたかに時間を消化できなかった事は残念の一言に尽きる。

しかし、今日は直輝という切札を欠きながら、一時期の最悪だった状況からはやや改善しつつあるのかな・・・と感じた。しかし今日失った勝点2は決して小さくないし、これでリーグ戦は半分の17試合を終えて折り返すが、残留へ向けてまだまだ勝点は足りないのが現実である。

ロスタイムでのPKは、まさに豊田での名古屋戦の逆の展開。ただこういう試合こそ、次への切り替えがとても重要になる。残念ながら弔いに報いる事はできなかったが、次のホームで良き報告ができるよう、改めて浦和の底力に期待したい。

Cimg4999 Cimg5004 Cimg5009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »