« 2011年5月22日 - 2011年5月28日 | トップページ | 2011年6月5日 - 2011年6月11日 »

2011.06.04

ナビスコ杯1回戦第1戦 山形戦プレビュー

明日から「ヤマザキナビスコカップ」が開幕。東日本大震災の影響でレギュレーションが変更となり、予選リーグ方式からトーナメント方式に変更となった。

H&Aの1回戦、その初戦としてホーム埼玉スタジアムに、モンテディオ山形をむかえ対戦する。

山形は、リーグ戦では1勝2分5敗の勝点5の第17位。前節はアウェーで甲府と対戦。開始から優位に試合を進めるも、21分に中盤でボール奪われてカウンターを浴び失点。しかし、5分後にスローインからの流れで今季初スタメンとなった伊東が同点ゴールを決めた。

後半も雨が降り続く中、一進一退の攻防が続いたが、お互い決め手に欠き結局1-1の引き分けに終わった。

昨年まで田代、増田とチームを支えていた中堅がレンタル終了に伴いチームを離れ、大幅な戦力ダウンとなったが、昨シーズン苦しめられた組織力は健在である。長身FWの長谷川を中心に、古橋や廣瀬といった2列目の選手を掴まえられるかがポイントになるだろう。

一方のレッズは、前節はホームで新潟と対戦。システムを4-4-2に変更し、前線の窮屈さは少しながら解消されたように見え、待望のセットプレーからの先制点もあった。しかし、システムを変えようが元々の戦術であったポジション固定の弊害からか、時間を追うごとに動きが鈍くなり、後半セットプレーから相手をあっさりフリーにしてしまい失点。その後も何度もカウンターを浴びながらも、ギリギリで凌ぎ切り結局1-1の引き分け。ホーム3連戦というアドバンテージにわずか3引分け、勝点3という如何ともしがたい厳しい結果となった。

決してこれまでの4-3-3が悪いとは思わないし、4-4-2も絶対的にいいとは思えない。流動的に動けないからボールが回らないし、選手間の距離が長くなってしまう。ただ、そこに指揮官の考えが全く反映されてこないのが不安でたまらない。ピッチで躍動すべき選手達にとっても指揮官にとっても、戦術向上には難しい道程である。


明日はGKに加藤順大が起用されることが明言されている。カップ戦ゆえ若手の活躍の場と言いたいところだが、どうやら今のレッズにはそんな余裕が見られない。実力のある主力を起用し続けることで、タイトル奪還へ向け一気呵成に行く心積もりなのであろう。

スタートダッシュに失敗したレッズにとって、まずは勝利が欲しいところ。しかし忘れてならないのは、リーグ戦とは異なりH&Aゆえ、「アウェーゴール」が重要なポイントになる。攻撃重視も大事だが、まずはつまらない失点を減らして、次へ繋げていきたいところだ。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第13節 (対新潟 △1-1)
【山形】 Jリーグ第13節 (対甲府 △1-1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.03

アメリカ経由水戸行き

元鹿島でかつ日立市出身なので、まあ違和感はないけど、ちょっとびっくりしましたね。

鈴木 隆行選手 加入のお知らせ(水戸オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.02

聖杯

震災の影響により、大会方式が全く変更になった「ヤマザキナビスコカップ」が5日に開幕。

トーナメント方式になり、H&A180分の戦い方、そしてアウェーゴール数が勝敗を分ける重要なファクターになりそうです。

今年のナビスコカップのキャッチコピーは、


「この国に、聖杯を超える強さの証明はない。」


リーグ戦や天皇杯に比べると、地味と言えば地味なカップ戦ですが、やはりJリーグを語る上では大事なタイトルの1つでしょうね。

大会メインビジュアル/デザインコンセプト(Jリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.01

キリンカップ2011 ペルー戦

久々の国際Aマッチとなる「キリンカップサッカー2011」の初戦。新潟は雨だったようですね。

新しい3-4-3のシステムは、観てて興味はありましたが、いかんせん攻守の繋がりが悪くてなかなか得点に結びつかず。

後半は本田が入って、従来の4-2-3-1にシステムを戻しましたが、コンディションが悪いせいか結局スコアレス。最後は逆襲をくらってヒヤヒヤしましたが・・・。

南米選手権を辞退したことで、W杯予選までの代表戦はあと2試合。来週火曜日のチェコ戦でさらにパフォーマンスが上がることを期待したいですね。

キリンカップサッカー2011
日本0-0ペルー
(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.31

見解の相違

先週末の新潟戦後の、「監督、GM、代表」の3者会談と、その後行われたのトレーニングマッチ後の指揮官の発言がちょっと物議を呼んでいるようですな・・・。

特にTM後の山田直輝に対するコメントがかなり手厳しかったようですね。

オフィシャルのレポートを読む限りだと、ペトロが酸っぱく指導してきた「ポジション固定」を、逸脱する事のないようにプレーすれば、もっと大きな選手になるでしょう・・・という読み方をすればいいでしょうか。

もちろん怪我明けという事を割り引いても、彼がポテンシャルの高い選手だというのは、皆が承知の所。それゆえどこまで彼の実力をペトロは知っているのか、ちょっと疑問符がつき見解の相違を感じます。

試合に向けて誰を起用するのかを決めるのは指揮官の仕事ですが、これまでの練習レポートを見る限り、レギュラー組とサブ組でしっかりと分けているようですね。

こうすることで、今後のチーム編成に支障がでなければいいのですが・・・。


「難しい時期だからこそ、全員が一緒になって戦う」 ペトロヴィッチ(5/29レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.29

時間変更

1時間キックオフが繰り下がるんですね。

この日はナイトゲームなんで、新幹線使って帰ろうかと思っていたんですが、こりゃ最終ギリギリかもなあ・・・。

とりあえず計画見直さなきゃいかんですな(笑)


7/17磐田戦、キックオフ時間変更(レッズオフィシャル)

7月17日(土)にエコパスタジアムで開催される、Jリーグ第5節、ジュビロ磐田戦のキックオフ時間について、18時から19時に変更になることが発表されました。

2011Jリーグディビジョン1 第5節
ジュビロ磐田vs浦和レッズ
7月17日(土)19:00キックオフ・エコパスタジアム

変更理由
同日に近隣施設で開催される大規模イベントの影響および、第2節同様の理由で周辺企業の駐車場が十分に確保できず、試合運営に著しく支障をきたす為。


7/3(日)神戸戦と7/17(日)浦和戦のキックオフ時刻変更(磐田オフィシャル)

≪第5節 7月17日(日)浦和レッズ戦≫
同日に近隣施設で開催される大規模コンサートイベントの影響により、コンサート来場者とサッカー観戦来場者が最寄の駅(JR掛川)で合流する為、キックオフ時間をずらすことで少しでも双方の来場者のアクセス状況を緩和する策として、上記キックオフ時間に変更することと致しました。
また、エコパスタジアム開催時に実施する「パーク&ライド」で使用するヤマハスタジアム周辺駐車場についても、第2節のキックオフ時間変更理由同様に確保出来ない為。


で、その大規模コンサートイベントとはこれですな。
ap bank fes '11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月22日 - 2011年5月28日 | トップページ | 2011年6月5日 - 2011年6月11日 »