« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »

2011.05.28

【第13節 新潟戦】

オフィシャルより

11.05.28
Jリーグ第13節vsアルビレックス新潟
5月28日(土)に埼玉スタジアムで行なわれました、Jリーグ第13節vsアルビレックス新潟の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第13節 
浦和レッズvsアルビレックス新潟 
2011年5月28日(土)14:01キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ1-1(前半1-0)アルビレックス新潟
得点者:22分 エジミウソン、70分 鈴木(新潟)
入場者数:25,272人
試合速報


「見えぬ出口」

埼スタホーム3連戦というアドバンテージで、3試合連続の引き分け。

久々のセットプレーからの先制点で勢いづくも、つまらない失点をとめる事ができない。まるで勝ち方を忘れたかのように守りきれずに、再び勝利へのチャンスを失ってしまい、勝点1を死守するのがやっとだった。

この日臨んだシステムは4-4-2。決して悪い流れではなかったと思う。しかし指揮官のポジション固定の采配が影響しているのか、高い位置でボールを奪っても、速攻が遅攻に変わりやきもきしてしまう展開が続いた。

また、後半に高崎から原に交代すると、それとなくエジミウソンだけにボールが集まるようになり、バランスを崩し運動量の低下も拍車をかけ、攻め手に欠いたように思えた。

さらに敵将黒崎監督は、レッズのポジション不備をしっかりと見抜いており、後半からはボランチの啓太やDFラインに圧力をかけはじめ、バックパスを選択せざろう得ない状況からキーパーの曖昧なキックへの流れが読まれていたように思えた。


中断明けから7試合目。1試合1試合ごとに結果を踏まえて、反省と修正を繰り返しているのかもしれないが、それがなかなか見えてこないのが不安である。攻撃の連動性の薄さしかりパスミスもそうだが、特に守備面でバイタルエリアを簡単に空けてしまうところに、チーム全体の連携のなさが表れている。

選手個々の能力は高いと思うが、それがチームのシステムの枠に固執され、十分に発揮されていないのが現状であろう。この壁は思っていたよりも相当厚いものと覚悟しなければならないかもしれない。

図らずも次週はカップ戦。ここで流れを変えることができればいいのだが、相手の良さを消すのが得意な敵将が控えている。しかし今はその裏を突くほど指揮官に余裕があるとは思えない。

勝点1を地道に拾っているようでも、ますます上が遠のいてしまう現実を受け止め、見えぬ出口に光が差し込めるよう、カップ戦といえどもまずは結果が欲しいところだ。

Img_1393 Img_1395 Img_1400

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.27

第13節 新潟戦プレビュー

リーグ戦ホーム3連戦も最後。明日はホーム埼玉スタジアムに、アルビレックス新潟をむかえ対戦する。

新潟は現在2勝3分2敗の勝点9で第9位。前節はアウェーでガンバ大阪と対戦。

開始早々から相手に圧倒され失点を許してしまい、リズムをつかめずさらにシュート0本のまま前半を終える。しかし後半前線を3トップに変更すると流れが一変。22分に同点に追いつき追い詰めたかと思いきや終了間際に再び失点を許し万事休す。結局1-2で破れ連敗を喫した。

一方のレッズは前節はホームで鹿島と対戦。サイドチェンジを多用して攻め上がる相手に苦慮しわずか13分で失点。レッズも反撃を仕掛けるも、いかんせん二の次、三の次の攻撃が振るわず、ことごとく鹿島の守備網に阻まれてしまう。

後半、選手を入れ替えるもサイドの守備が甘く、面白いようにパスを振られバイタルエリアをがら空きにしてしまい、増田に決められてしまい0-2。3枚目のカードに高崎を起用し、2トップにすると鹿島イレブンの混乱もあってかパスが繋がりはじめ、その中から高崎のゴールが生まれた。

そこから一気呵成の流れ。角度のないところからマゾーラの強烈なシュートが決まり同点。さらに攻め込むチャンスはあったものの、そのマゾーラが警告2枚で退場。流れは一気にしぼんでしまった。

1人欠いた状況ではリスクが大きく結局2-2の引き分け。まるで竜巻が通り過ぎたかのごとく一瞬の同点劇だったが、全体的にみれば何一つ解決できないままの内容だった。


いろいろな報道を見る限り、明日はシステムを4-4-2に変えるようだ。ただしそれは始まってみないとわからない。たとえシステムを替えたところで、選手達の動きが今までと同様あれば、システムを変える意味がない。

ホーム3連戦の3試合目。ドローが続くが最後に何とか光明が差し込んでくるのか。流れが変わってくれることに期待して明日も選手達共に闘っていきたい。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第12節 (対鹿島 △2-2)
【新潟】 Jリーグ第12節 (対G大阪 ●1-2)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.26

天皇杯とかナビスコカップとか

本日、JFAより「第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会」の概要及び組み合わせが発表されました。

今大会もJリーグクラブは2回戦から参戦。元日の決勝まで一発勝負のトーナメント戦が行われます。

今年の日程をみると、去年色々と批判のあった1回戦と2回戦の間が十分空けてあってこれでしたら、2回戦も少しは面白くなるのではないかと思います。

また、JリーグからはACLの日程に絡んで、J1第31節とJ2第33節の日程変更、そしてナビスコカップが10月29日(土)に開催が決定した旨、発表がありました。

これで秋口の日程も大まかに埋まってきました。あとはレッズがしっかりと結果を残してくれればいいんですがね・・・(笑)

第91回天皇杯全日本サッカー選手権大会
9月3日(土)全国各地で開幕!Jリーグ勢は2回戦より登場
(JFA)

2011Jリーグ ディビジョン1 第31節、ディビジョン2第33節試合日程変更について
2011Jリーグヤマザキナビスコカップ 決勝 開催日 決定のお知らせ
2011Jリーグ 後半日程発表について(いずれもJリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.25

2011 ACL ROUND16(その2)

今夜はACL“ラウンド16”の2日目。

F組2位の名古屋とH組2位の鹿島が、それぞれ韓国の地で試合を行い、いずれも完敗。ノックアウトステージへは、昨夜ガンバに勝ったセレッソ大阪のみが進出を決めました。

“ラウンド16”は一発勝負。それゆえアウェーとはいえ、勝利が絶対条件でしたが、得点も奪うことができず厳しい結果となりました。


2011ACL ROUND16
FCソウル(KOR) 3-0 鹿島アントラーズ(JPN)(鹿島アントラーズ
水原三星ブルーウィングス(KOR) 2-0 名古屋グランパス(JPN)(名古屋グランパス

FC Seoul 3-0 Kashima Antlers
Suwon Bluewings 2-0 Nagoya Grampus (いずれもAFCオフィシャル(英語版))

Img_1352 Img_1357 Img_1360

Img_1350 Img_1356 Img_1359

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.24

2011 ACL ROUND16(その1)

今日から始まったACLのラウンド16。

そのうち、今夜はグループE1位のガンバ大阪と、グループG2位のセレッソ大阪との大阪ダービーが万博で行われました。

攻撃的な印象がある両チームでしたが、お互い守備が強くなかなかゴールが割れません。しかし後半43分にセレッソが高橋のゴールで貴重な先制点をあげ、これが決勝点となり、結局1-0でガンバを破り、クラブ史上初のベスト8に進出しました。

ガンバは、現在の大会方式になってからラウンド16では3大会連続で敗戦。クラブW杯への再挑戦も同じ大阪の壁に道を閉ざされてしまいました。

明日は名古屋、鹿島がそれぞれアウェー韓国の地で試合を行います。


2011ACL ROUND16
ガンバ大阪(JPN)0-1 セレッソ大阪(JPN)(ガンバ大阪)(セレッソ大阪

Gamba Osaka 0-1 Cerezo Osaka(AFCオフィシャル(英語版))

Img_1330 Img_1332 Img_1335

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.23

におい

どんなにおいなんだろう・・・。気になる…(笑)

浦和の原「においかぎました」カズと対戦(日刊スポーツ)
 

 浦和に「カズ旋風」が巻き起こった。22日、さいたま市内でJ2横浜FCと練習試合を行った。FW原一樹(26)は「CKの時に、カズさんが自分にマークについてくれてうれしかった。取りあえずにおいをかぎました。かっこいい」。MF青山も「マッチアップが多かったので、なるべくたくさん触ろうと思っていました」と明かした。(以下略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月15日 - 2011年5月21日 | トップページ | 2011年5月29日 - 2011年6月4日 »