« 天皇杯準々決勝 FC東京戦プレビュー | トップページ | 熊谷遠征あれこれ(FC東京戦編) »

2011.12.24

【天皇杯準々決勝 FC東京戦】

オフィシャルより

11.12.24
第91回天皇杯、準々決勝vsFC東京
12月24日(土)熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて行なわれました、第91回天皇杯、全日本サッカー選手権、準々決勝vsFC東京の試合結果をお知らせいたします。

第91回天皇杯、全日本サッカー選手権大会、準々決勝
FC東京vs浦和レッズ   
2011年12月24日(土)13:04キックオフ・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
試合結果
FC東京1-0(前半1-0)浦和レッズ
得点者:20分 石川直宏(FC東京)
入場者数:11,612人
※浦和レッズの2011シーズン全日程が終了となりました。
試合速報


「必然の終戦」

試合が終わると、青赤に染まったFC東京サポから歓喜のクリスマスソングが歌われる。そんな熊谷の地で今シーズンのレッズの闘いが幕を閉じた。

開始早々から、高い位置でプレッシャーを掛けてくる相手に押し込まれ、なかなかボールを前線に運ぶことができない。後方から縦へボールを繋ごうと意識しても、受け手との呼吸がまったく合わずミスが重なり、それを起点に逆襲を喰らう・・・。そんなやきもきした展開が続く中で、中盤からパスで翻弄されて最後は石川直宏のゴラッソなゴールが決まり先制点を奪われてしまった。

相手選手が「真ん中に人数がすごいいたけど、逆にトップに人がいなかった。」とコメントしていたように、レッズは仕掛けが単発で迫力がなく攻め手に欠いていた。しっかり要所要所で封じられ、攻撃が分断されてしまった。ただそれは今に始まったことではない。

後半こそサイドを起点に攻め立てているように見えたが、相手は守備に自信を持っており、1点を奪うと深追いはぜず、むしろレッズの出方をしたたかに見据えつつ最後まで守り切った。

厳しいJ2で揉まれた中で戦い方が確立された相手に対し、最後の最後まで迷走し続けたレッズ。その差は明らかで敗戦は必然だったのかもしれない。

自信もプライドも何もかも失ってシーズンが終わったが、それは補強や育成だけで解決できるものではない。それを痛切に感じた1年であったと思う。

Cimg7412 Cimg7414 Cimg7427

|

« 天皇杯準々決勝 FC東京戦プレビュー | トップページ | 熊谷遠征あれこれ(FC東京戦編) »

コメント

浦和の得点力の無いこと。見ていて面白くない。
柏木、原口などの若手ダメだよ。ロシアの本田を獲得したら。

投稿: サッカー好太郎 | 2011.12.24 17:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/53557636

この記事へのトラックバック一覧です: 【天皇杯準々決勝 FC東京戦】:

« 天皇杯準々決勝 FC東京戦プレビュー | トップページ | 熊谷遠征あれこれ(FC東京戦編) »