« 宿題 | トップページ | 【第34節 柏戦】 »

2011.12.02

第34節 柏戦プレビュー

ついにリーグ戦も最終節。明日はホーム埼玉スタジアムに、柏レイソルをむかえ対戦する。

柏は、現在22勝3分8敗の勝点69で第1位。前節はホームでセレッソ大阪と対戦。

他チームの結果如何で優勝が決まる可能性があったこの試合。選手達は優勝へのプレッシャーこそコメントにはなかったが、プレーの端々にはどこか動きが堅く、なかなかゴールを決めることができずに前半を終える。

しかし、後半から北嶋に変えて田中順也を投入し、攻撃にスイッチを入れはじめた矢先の48分にCKから上本に先制点を許してしまう。だが指揮官は決して慌てることなく、パクから水野を投入してさらに攻撃的になり、ついに65分にレアンドロ・ドミンゲスがゴールを決め同点に追いつく。

その後も立て続けにセレッソゴールを脅かすも、最後まで割ることができず結局1-1の引き分けに終わり、優勝は最終節までもつれ込んだ。


一方のレッズは、前節はアウェーで福岡と対戦。

こっちも勝てば残留に大きく近づくとあって開始から攻め立てるもなかなかゴールが決まらない。28分に負傷のセルヒオから達也が投入されるが、流れは変わらず逆にアビスパのショートパスの繋ぎから、岡本に先制ゴールを許してしまう。

何とかサイドからの攻撃に活路を見出し、アディショナルタイムに平川のクロスを起点に柏木がシュートを放ち、相手に当たるという幸運も手伝い同点に追いつく。

後半は一進一退の攻防だったが、62分に柏木からのロングボールを梅崎が受けたところに末吉がPA内で倒してしまいPKの判定。そして一発退場を喫してしまう。そのPKをマルシオ・リシャルデスがきっちり決めついに勝ち越しを果たす。

その後は相手より1人多いものの、前線からプレスをかける相手に手を焼いたものの、結局2-1で勝利。翌日に甲府が勝利したことで残留確定とまでは至らなかったが、J1残留へ向けて大きな大きな勝点3を得た。


明日は福岡戦で負傷したセルヒオは欠場。達也も先発では厳しく。FWの駒がかなり逼迫している中で試合を迎える。得点力不足が露呈している中でさらに厳しい局面を迎えるが、1トップとはいいつつも2列目の選手達がしっかりFWと共に攻撃に絡めることで数少ないであろう得点のチャンスを決めてほしいところである。

また、いろんなポジションから得点を奪える相手に対し、どこで網を掛けるのかはっきりしたいところ。特にレアンドロ・ドミンゲスばかりに注意を払っていると、サイドから酒井やジョルジ・ワグネル。さらに前線から北嶋と次から次へと選手が飛び出してくるので、どこまで相手を追い込み簡単にフィニッシュに持ち込ませない事が重要になってくるだろう。

“ほぼ”残留を決めた中でのラストゲームだが、実はまだ何も決まってはいない。レッズの選手達は、プレッシャーから解き放たれのびのびとプレーができるのか、それとも逆に舞い上がって何もできなくなってしまうのか、それは選手達の心境の変化に懸かっていると言っても過言ではない。

特に柏にしてみたら悲願の初優勝が懸かるが、レッズとしては2年前の鹿島同様、自分の庭で相手の歓喜に沸く姿は絶対に見たくない。それはレッズに関わる全ての人達の想いでもあるだろう。とかく自分達の手で残留を掴むのもそうだが、全力で優勝を阻止する意地もみせてほしいのである。


今年はまだ天皇杯が残っているが、ひとまず明日で一区切り。今シーズン最後の埼スタで赤き選手達のプライドをしっかり胸に刻みこんで共に闘っていきたい。


☆今季対戦
5/7 リーグ第10節(国立) 
柏3-1浦和 【】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第33節 (対福岡 ○2-1)
【柏】 Jリーグ第33節 (対C大阪 △1-1)

|

« 宿題 | トップページ | 【第34節 柏戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/53390370

この記事へのトラックバック一覧です: 第34節 柏戦プレビュー:

« 宿題 | トップページ | 【第34節 柏戦】 »