« 第32節 仙台戦プレビュー | トップページ | U-22バーレーン戦 »

2011.11.19

【第32節 仙台戦】

オフィシャルより

11.11.18
Jリーグ第32節 vsベガルタ仙台
11月19日(土)に埼玉スタジアムにて行なわれました、Jリーグ第32節vsベガルタ仙台の試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第32節 
浦和レッズvsベガルタ仙台 
2011年11月19日(土)14:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-0(前半0-0)ベガルタ仙台
入場者数:30,891人
試合速報


「安全運転」

大雨のせいか、ピッチが予想以上に水分を含み、所々でボールの回転が不規則になる。そのおかげでチャンスを迎えることもあったし、逆にピンチを招くこともあった。

しかし選手達は慌てる事なく、“安全運転”で試合運びをしていたように感じた。無理に深入りすることなく、そこからの無用なボールロストを防ぐために選んだ手法。それは決して悪くはないし、結果的に完封できたのだから、守備についてはこれまでよりはある程度改善できていると思う。そんな中でも久々に起用されたDF坪井のプレーには頭が下がる想いである。

一方で、リーグ戦最小失点を誇る堅守の壁を打ち破るには、縦へボールを入れた後が勝負所となるのだが、リスク回避のせいかなかなか縦に入れるチャンスが少なく、サイドからの攻撃に終始していたように思えた。案の定その機会が増えると、逆にバイタルエリアからのチャンスが激減し、ゴールに結びつくプレーが少なくなった。

ただ、そんな展開でも達也が体勢を反転させシュートを放ったり、柏木がミドルシュートを放ったりと、少ないチャンスの中でも得点を奪おうという気持ちが随所に表れていた。


お互い決め手を欠く中で奪ったのは「勝点1」。しかし同時刻KOの甲府が敗れた事で、この「勝点1」が次節へ向けての大きな上積みとなった。これで勝点差が“3”に広がったが、最後まで何が起こるかわからないのがサッカー。それゆえまだまだ油断は禁物なのである。

Cimg6860 Cimg6864 Cimg6871

|

« 第32節 仙台戦プレビュー | トップページ | U-22バーレーン戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/53281970

この記事へのトラックバック一覧です: 【第32節 仙台戦】:

« 第32節 仙台戦プレビュー | トップページ | U-22バーレーン戦 »