« 第29節 大宮戦プレビュー | トップページ | 本物のFW »

2011.10.15

【第29節 大宮戦】

オフィシャルより

11.10.15
Jリーグ第29節vs大宮アルディージャ
10月15日(土)に埼玉スタジアムにて行なわれました、Jリーグ第29節vs大宮アルディージャの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第29節 
浦和レッズvs大宮アルディージャ 
2011年10月15日(土)16:03キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ0-1(前半0-0)大宮アルディージャ
得点者:84分 ラファエル(大宮)
入場者数:34,654人
試合速報


「待ったなし」

試合後、雨上がりに靄で霞むスタジアム。まるでレッズの行く末を暗示しているような天候だった。

「さいたまダービー」はお互いの意地とプライドがぶつかり合うものであったが、この日は残留争いが1つのポイントであり、その戦いに敗れたレッズは甲府に抜かれ、いよいよ自動降格圏に足を踏み入れてしまった。

ナビスコカップでの2試合で、新たな攻撃の流れが掴めたと思われたが、この日は大宮の強固な守備意識に、選手間の距離が離れて、なかなか前を向いて攻撃を仕掛けることができなかった。

53分にデスポトビッチがGKと1対1のビックチャンスを決められなかったのもそうだが、66分に彼から原口に交代し2トップから実質1トップに変わったのも大きなポイントになったと思う。原口を投入したことで、中盤のバランスが窮屈になり、小気味よくダイレクトでパスをつなぐ展開が少なく、むしろドリブルで打開していくしかチャンスが無くなった。

また相手選手曰く、「デスポトビッチが下がって助かった」というコメントを残しているゆえ、レッズとしてはターゲットが少なくなったのもそうだが、相手にしてみたら2列目に揃ったドリブラーだけに対応を注視すればいいだけという楽な展開にさせてしまったというのは指揮官の失策といっても過言ではないだろう。


指揮官が試合終了後に今季限りでの退任を表明した。ただこの時点までくるともはや泣き言にしか聞こえない。そしてこの表明がチーム全体に劇薬となるのかはわからないが、そういう事態になった以上はしっかりと「残留」という責務を果たすべきだと思う。

今日の敗戦で、まさに“待ったなし”の状況となった。自力での残留は潰えたが、まだ全てが決まったわけではない。昨年最終節でやられた「神戸」や今年の「甲府」などは、ギリギリの状況下から勝利への強い執念を放ち勝ち続けてきた。では、レッズがそのような立場になって、強い執念を持って順位が上のチームにプレッシャーをかける事ができるのだろうか。

これから、レッズにとって真価が問われる日々が続く・・・。

Cimg6618 Cimg6622 Cimg6629

|

« 第29節 大宮戦プレビュー | トップページ | 本物のFW »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/52997398

この記事へのトラックバック一覧です: 【第29節 大宮戦】:

« 第29節 大宮戦プレビュー | トップページ | 本物のFW »