« 第30節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | オレオとリッツ »

2011.10.22

【第30節 横浜FM戦】

オフィシャルより

11.10.22
Jリーグ第30節vs横浜F・マリノス
10月22日(土)に日産スタジアムで行なわれました、Jリーグ第30節vs横浜F・マリノスの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第30節 
横浜F・マリノスvs浦和レッズ 
2011年10月22日(土)14:04キックオフ・日産スタジアム
試合結果
横浜F・マリノス1-2(前半1-0)浦和レッズ
得点者:4分 大黒将志(横浜FM)、50分 原口元気、61分 梅崎 司
入場者数:27,527人
試合速報


「プレッシャーと一体感」

示されたアディショナルタイムは“4分”。リーグ戦においてこれまで8試合勝ちなしのチームにとって、それはとても長く感じた。

最後はFKやCKの雨あられの状態であったが、DF陣しかりGK加藤がゴール前にしっかり鍵をかける事で、敵将が長身のキム・クナンを投入したり、栗原を前線に上げてパワープレーになっても、最後までしっかりと守りきった。

今日は、戦術的に何かが劇的に変わったわけではない。“キモチ”で奪った勝点3だと思う。最初こそ選手達の動きが硬く、早々に先制点を許してしまったが、時間た経つごとに落ち着いてきて徐々にペースを掴み、後半の逆転劇を呼び込んだ。

前節、自動降格圏に順位を下げてしまったレッズにとっては監督解任劇直後の試合。とかく最大級の「プレッシャー」が圧し掛かる中で逆転勝ちを果たし、レッズとしての「一体感」が戻ってきたように感じた。それは試合終了後の選手や首脳陣、そして関係スタッフらの表情が全てを物語っていると思う。

しかし、まだ依然として降格圏を彷徨っているわけだし、このプレッシャーは当分続くだろう。ただそんな中で来週はナビスコカップ決勝戦を迎えるわけだが、今日の勝利が何よりの良薬として、多少なりともリラックスして臨んでほしい。

Cimg6662 Cimg6675 Cimg6682

|

« 第30節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | オレオとリッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/53055337

この記事へのトラックバック一覧です: 【第30節 横浜FM戦】:

« 第30節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | オレオとリッツ »