« 迷走再び | トップページ | 第30節 横浜FM戦プレビュー »

2011.10.20

決断

ついにクラブが決断。だがその時期はむしろ遅かったようにも感じる。

もちろんクラブ上層部の意思欠如、優柔不断、その中での経営の迷走など、これまでの愚行の責任は往々にしてあるが、現場を預かるペトロやボヘルスも成績ゆえそれなりの責任はあるかと思う。

だからこそ橋本代表のコメントに対しては、いろいろ言いたい所ではあるが、今は堀さんには、この非常事態下で監督という任を引き受けてくれた事に本当に頭が下がる思いだ。

彼に代わる事で劇的にサッカーの内容が変わるとは思っていない。むしろこれまでの選手と首脳陣との溝を修復し、もう1度彼等とやり方を確認して試合に臨むという、メンタル面での立て直しが主であろうかと思う。

これこそ「ショック療法」と言うのかも知れないが、むしろ心配なのは上層部が本当に危機感を持っているのか・・・ということであるが、それは全てが終わってから追って分かってくる事であろう。

どうやら上層部は全てを堀さんに託したようだが、そう生半可なものではない。これは浦和レッズを取り巻く人達全員で闘うという「強く凄まじいまでの決意」を持たないと、この難局は絶対に乗り越えられない。

賽は投げられた。とにかく前を向いて闘っていくだけだ。


ペトロヴィッチ監督、ボヘルスコーチとの契約解除について
浦和レッズは、今シーズンより指揮を執っておりました、ゼリコ ペトロヴィッチ監督、及び、アドリエ ボヘルス ヘッドコーチとの契約を本日付けで解除しましたので、お知らせいたします。

堀 孝史ユース監督、トップチーム監督就任について
浦和レッズは、ゼリコ ペトロヴィッチ監督の契約解除に伴い、ユース監督の堀 孝史がトップチームの監督に就任することになりましたので、お知らせいたします。併せて、ユースチームの天野賢一コーチが、トップチームのコーチに就任いたしますので、お知らせいたします。

J1残留に向けて橋本代表
「残留するために全員で」堀 孝史新監督
(全てレッズオフィシャル)


浦和・堀新監督 練習後、囲み会見(1/2)
浦和・堀新監督 練習後、囲み会見(2/2)
(スポーツナビ)

|

« 迷走再び | トップページ | 第30節 横浜FM戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/53037852

この記事へのトラックバック一覧です: 決断:

« 迷走再び | トップページ | 第30節 横浜FM戦プレビュー »