« 【第29節 大宮戦】 | トップページ | 迷走再び »

2011.10.17

本物のFW

大宮戦で敗れてから、ペトロやクラブ(特に社長)の発言が右往左往しているようです。

その1つとして大宮戦直後のペトロのコメント。

「正直なところ、自分たちのFWというポジションの選手が何点を取っているかというと、2点くらいしか取っていません。そういうところがシーズンを通して、大きな問題だということを改めて今日、感じてしまいました。
(中略)
今までの試合であれば、調子のいい原口、柏木、ここ数試合であれば梅崎と、FWでない選手が活躍して点を取っているということもありましたが、やはり本物のFWの選手たちが点を取らないと、世界中のどのチームであっても試合に勝つのは難しいのではないかと思います。その中で自分たちは、残りの5試合、全力で戦い抜いていい結果を求めるしかないと思います。
選手個々の名前を挙げて批判しているのではありません。自分のスタイルはそうではないですが、点を取っていないというのは数字上でも現実に表れていますので。浦和レッズにはもっと点の取れるFWが必要だと思います」
(レッズオフィシャル)


「本物のFW」って何でしょうね?

もちろん得点を奪うことこそFWであるわけですが、例えばケネディのような長身FWや、佐藤寿人のようなピッチを縦横無尽に動き回るFWとその種類は多種多様です。

ペトロの真意はわかりませんが、おそらくデスポトビッチの事を言っているような気がします。彼はここまでリーグ戦で無得点。ここぞという試合で結果が出ないのはチームにとって大誤算でもあるわけです。しかしカップ戦ではコンスタントに奪っているところをみると、やり方一つなのではと思います。

コンスタントに得点を奪えるFWがいれば、さぞやこれほど悩まなくてすんだかと思いますが、それは結果論。

点が取れないから勝てない・・・というのは、もはや泣き言にしか聞こえないわけです。ではそれでも得点を獲るためにどうすればいいのか。ただカウンターサッカーは好まない指揮官ですから、そのハードルは依然高いままだと思います。

|

« 【第29節 大宮戦】 | トップページ | 迷走再び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/53021106

この記事へのトラックバック一覧です: 本物のFW:

« 【第29節 大宮戦】 | トップページ | 迷走再び »