« 第26節 清水戦プレビュー | トップページ | エコパ遠征あれこれ(清水戦編) »

2011.09.17

【第26節 清水戦】

オフィシャルより

11.09.17
Jリーグ第26節vs清水エスパルス
9月17日(土)にエコパスタジアムで行なわれました、Jリーグ第26節vs清水エスパルスの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第26節 
清水エスパルスvs浦和レッズ 
2011年9月17日(土)14:04キックオフ・エコパスタジアム
試合結果
清水エスパルス1-0(前半0-0)浦和レッズ
得点者:63分 大前元紀(清水)
入場者数:21,524人
試合速報


「茨の道」

アウェー4連戦の出端を挫かれた痛い敗戦。これでリーグ戦3連敗。

荒れたピッチを考慮したのかは別として、指揮官はスカウティングの結果、マゾーラを1トップの頂点に据え、カウンターでスピード勝負という選択をした。

ただ、ボールスピードが生かされないピッチに、お互い四苦八苦するなか、マゾーラが3度のビックチャンスを決め切れずに、徐々にバランスを欠いていく事になってしまった。

前線からのアタックが乏しくなり、その結果自由に後方からボールを放り込まれると、一気にラインが下がってしまい、相手の飛び出しにも対処せねばならず、結果的に幾度となく決定機を与えてしまった。

今日はミスがミスを呼んだ敗戦だと思う。ミステイクな先発布陣、失点の起因となってしまった軽い守備。そしてパワープレーにもかかわらず、上がっているスピラが自らクロスボールを入れるという、乏しき戦術・・・。

指揮官曰く、「勝点1が妥当」、「この難局を乗り切れば明るい未来が待っている」と切々と説いたようだが、ならばその方策はあるのだろうか。チャンスがあった、良かっただけでは勝点は全く転がりこんでこない。

大宮戦での良い流れをチーム自ら寸断させてしまった厳しい敗戦。自分達もそうだか、クラブも相当の覚悟を持たないと、この先も茨の道である。

Cimg6014 Cimg6019 Cimg6025

|

« 第26節 清水戦プレビュー | トップページ | エコパ遠征あれこれ(清水戦編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/52755031

この記事へのトラックバック一覧です: 【第26節 清水戦】:

« 第26節 清水戦プレビュー | トップページ | エコパ遠征あれこれ(清水戦編) »