« GM解任 | トップページ | 【ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦】 »

2011.09.13

ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦プレビュー

リーグ戦から中2日。明日はナビスコカップ2回戦が開催。第1戦はホーム埼玉スタジアムに大宮アルディージャをむかえ対戦する。

大宮は1回戦はシードでカップ戦としては初戦。リーグ戦前節はアウェーでG大阪と対戦。

コンディションが整わない相手に対し、チャンスもあったが前半終了間際に先制点を許してしまう。後半も決して圧倒的に攻められていたわけではなかったが、確実にチャンスを仕留められ結局0-2で敗戦を喫した。

ただ、この日はボランチの上田が出場停止で欠場。決してベストメンバーでなかったという点に注意したい。


一方のレッズは、リーグ戦前節はホームで山形と対戦。

開始わずか2分で、ロングボールから競り合いに敗れ、そこから繋がれたボールに要警戒だった山崎に決められあっさり先制点を許す。その後、守備シフト敷いてきた相手に対し、なかなかパスが縦に入らず横に繋ぐ場面が多くなってくる。またポジション固定で選手同士の距離がそれなりに離れているせいか、ショートパスもサイドチェンジも安易で、最後まで攻め切ってるという雰囲気は全くもって感じられなかった。

その自信のなさがプレーの質の低下を生み、さらに指揮官の戦術の引き出しの少なさも相まって、ますます相手の守りやすい展開になり、そのまま時間が過ぎていき結局0-1で敗戦。降格争いから抜け出すことができず、不安要素を抱えたままカップ戦を迎えることになった。

試合後の選手個々のコメントは一様に複雑な心境を吐露していた。まずチームとして何をコンセプトに戦うのかはっきりしていない以上、ますます混迷を極めるだけだ。ある選手は守備からと説き、指揮官は攻撃的にと説くのだから、何とも言い難しである・・・。


リーグ戦14位と15位の対戦。お互いそのような状況下において、カップ戦に対する意識というのは複雑であろうと思う。ただそんな中でも「ダービーマッチ」という事で、あえてそこを踏み台にしてなんとか“勝ち癖”をつけて週末のリーグ戦へ弾みをつけたいのは双方同じ想いだと思う。

そして、原口や直輝はこの試合を最後に五輪予選へ向け一時チームを離れる。もちろん彼等も調子が上がらない中、チームに還元したい想いは十分に伝わるだけに結果が欲しいところだろう。


明日は、カップ戦ゆえ「アウェーゴール」を見据えるならば、安易な失点は避けたいところ。ただ今のままでは単純に“立て直せ”と言うだけでは難しい。果たして指揮官は戦い方を変えてくるのかどうかは不明だ。

ならば、前述したように選手達が守備からと説いているのだから、理想を一旦置いてでもまずは失点を防ぐというコンセプトを決めたほうが試合に臨みやすいと思うのだが、あくまでタイトルにそして勝利にこだわり過ぎると、ますます墓穴を掘ってしまいそうで、そこだけが心配である。


☆今季対戦
6/11 リーグ第14節(NACK) 
大宮2-2浦和 【大宮】【浦和

☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第25節 (対山形 ●0-1)
【大宮】 Jリーグ第25節 (対G大阪 ●0-2)

|

« GM解任 | トップページ | 【ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/52724040

この記事へのトラックバック一覧です: ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦プレビュー :

« GM解任 | トップページ | 【ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦】 »