« ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦プレビュー | トップページ | 日程&カップ戦改革 »

2011.09.14

【ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦】

オフィシャルより

11.09.14
ヤマザキナビスコカップ2回戦、第1戦vs大宮アルディージャ
9月14日(水)に埼玉スタジアムで行なわれました、ヤマザキナビスコカップ・2回戦、第1戦vs大宮アルディージャの試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ヤマザキナビスコカップ・2回戦、第1戦 
浦和レッズvs大宮アルディージャ 
2011年9月14日(水)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
試合結果
浦和レッズ2-0(前半0-0)大宮アルディージャ
得点者:52分 マルシオ リシャルデス、65分 原口元気
入場者数:13,036人
試合速報


「意識の変化」

日曜日の惨敗劇から3日後。レッズはメンバーを入れ替え、大宮相手に2点を奪い第1戦に先勝した。

レッズは、特別何かを仕掛けた訳ではないと思う。これまで出来た事が出来なくなってしまっただけなのだから、曖昧だった意識を一旦リセットして、柏木を中心に自由に動き回りスペースを作る事で、シンプルかつワイドに効果的なパスが展開され、何度かチャンスを生んだ。

しかし、得点に結び付いたのはPKとセットプレーのみ。バイタルエリアを崩してのチャンスメイクの数としては相手の方が多く、水際で加藤の好セーブに助けられた事は忘れてはならない。それに、効果的なパス回しが出来ても、フィニィッシュが決まらなければ元の木阿弥。それは今だけに限らない積年の課題でもある。

今日は、セルヒオが1トップで体を張ってボールを収められたのは大きい。これには2列目の選手達はだいぶ助けられたのではないか。トップで競り負けて奪いに行くのと、収めたくれたボールを繋ぎに行くのでは意識が全然異なる。それだけに、次に向けてしっかりとコンセプトがあればいいのだが、定まらないまま選手が入れ替わる事で、パッタリとそれが実践できなくなってしまうのが、今のレッズの不安要素でもある。

それゆえ、最悪からは脱したかのように見えるがまだまだ。ただカップ戦としては、しっかり結果を残して前半90分を折り返す事ができたのは大きいと思う。

Cimg5924 Cimg5932 Cimg5945

|

« ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦プレビュー | トップページ | 日程&カップ戦改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/52730435

この記事へのトラックバック一覧です: 【ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦】:

« ナビスコ杯2回戦第1戦 大宮戦プレビュー | トップページ | 日程&カップ戦改革 »