« 【第4節 川崎戦】 | トップページ | 【第5節 磐田戦】 »

2011.07.16

第5節 磐田戦プレビュー

猛暑の中での連戦。明日はアウェー、「エコパスタジアム」にのりこみ、ジュビロ磐田と対戦する。

磐田は現在、7勝4分5敗の勝点25で第7位。前節はアウェーでセレッソ大阪と対戦。

前半こそ相手に主導権を握られるものの、何とか凌ぎきりスコアレスで折り返す。

後半早々に先制点を許すものの、サイドを起点に執拗に攻め続けると、63分に金園のゴールで同点に追いつく。その後パスを繋がれて勝ち越しを許すも、3分後に攻め上がる駒野が同点のゴールを決める。そして結末はさらにその3分後の80分。運動量の落ちたセレッソを攻め立て駒野を起点に山田が逆転ゴールを決め、結局3-2で勝利しアウェーで貴重な勝点3を奪った。


一方のレッズは、前節はホームで川崎と対戦。

この日は川崎の出方を警戒してか、これまでの2トップから1トップに変更。まずは失点をしないよう心がけたようだが、攻撃力あふれる相手に何度となくピンチを喫してまう。しかし相手のシュートミスに助けられて前半をスコアレスで終わる。

前半をシュート0で終わったレッズは、後半開始早々にマルシオから山田直輝に交代。動きながらパスを捌く彼が入ることで、この日ボランチで久々にスタメンで起用された柏木が生きるようになり、57分にその柏木から直輝、そして最後に原口へショートパスが繋がり、右足を振りぬくと弾道の低いシュートがゴールに突き刺さり、待望の先制点を奪う。

さらに79分。柏木のCKから、スピラノビッチのヘディングシュートのこぼれ玉を永田が決めて追加点。その後は前ががりになる相手に攻め込まれるも、落ち着いて守りきり結局2-0で勝利し、久々のリーグ戦3勝目を果たした。

もちろん相手との試合間隔の差による疲労もあったが、劣勢の中でわずかなチャンスを生かし、一気に自らのペースに持ち込んだ直輝の起用と原口のゴールは、今のレッズにとってなくてはならないものである。

その原口にとって、明日はポジションからして代表の駒野と対峙する事になる。彼の攻め上がりを封じ込めることで磐田としてチャンスの芽をつぶすことができる。それゆえを彼を自由にさせないことも原口の仕事となるだけに、とても重要なポイントになるだろう。そしてもちろん駒野だけではない。FWの前田そしてブレイク中のルーキー金園にもDF陣は気をつけたいところだ。


前節、上位の川崎に勝利できたことは、これまで波に乗り切れなかったレッズにとってとても大切なものだった。残留を現実的な目標として切り替えるならば、今節でリーグ戦半分となる17試合を消化する中で、勝点を20に積み上げるための重要な一戦となる。

この勢いを持続できるのかどうか。その先の試合を見据えるならば、明日は大事な試金石となるだろう。


☆前試合の結果
【浦和】 Jリーグ第4節 (対川崎 ○2-0)
【磐田】 Jリーグ第4節 (対C大阪 ○3-2)

|

« 【第4節 川崎戦】 | トップページ | 【第5節 磐田戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/52225139

この記事へのトラックバック一覧です: 第5節 磐田戦プレビュー:

« 【第4節 川崎戦】 | トップページ | 【第5節 磐田戦】 »