« 第19節 川崎戦プレビュー | トップページ | 後半日程発表 »

2011.07.30

【第19節 川崎戦】

オフィシャルより

11.07.30
Jリーグ第19節vs川崎フロンターレ 7月30日(土)に等々力陸上競技場で行なわれました、Jリーグ第19節vs川崎フロンターレの

試合結果をお知らせいたします。

2011Jリーグ・ディビジョン1 第19節 
川崎フロンターレvs浦和レッズ 
2011年7月30日(土)19:03キックオフ・等々力陸上競技場
試合結果
川崎フロンターレ0-1(前半1-0)浦和レッズ
得点者:10分 オウンゴール
入場者数:20,047人
試合速報


「守備構築」

今シーズン公式戦初めての“ウノゼロ”での勝利。

内容とスタッツを見れば川崎の圧倒。縦への早い動き出ししかり、個の際立った動きしかり川崎の十八番である、スピードとパスの融合された正確無比な攻撃は脅威であったが、レッズは守備陣を中心にピッチの11人全員が守備への意識を研ぎ澄ませ最後の最後までゴールを割らせなかった。

また、新加入のデスポトビッチがトップで張り、相手と競ることでそう易々と簡単に相手へボールを繋がる事がなく、数的不利を生むような高速カウンターを繰り出される機会が少なかったように思えた。

攻めに転ずればシュートはわずか5本と少なかったのは、圧倒された内容ゆえ致し方なかったのかもしれない。ただ、得点に繋がった場面として、猛然と前線へ走るマルシオへ正確なロングフィードを上げた柏木のパスしかり、PA直前まで展開できるチャンスが幾度なくと見られただけに、そこからワンチャンスを仕留めるためにシュートを放つのか、確実性を求めるためにパスを選択をするのかは、選手個々の考え一つといえるだろう。

守備組織を構築でき相手を押さえられれば負けることはない。ただこれは引きこもりとは違い、難しいチームプレーでもある。指揮官が提唱するポジション固定は、今のレッズにおいて守備ではその強さは存分に発揮できても、攻め手を失ってしまういわば“諸刃の剣”だ。

両立できるまでは、まだ時間がかかるかもしれないが、ひとまず暑い7月の連戦を4勝3分で乗り切り、その間わずか3失点と立て直した守備は賞賛に値すると思う。

Cimg5333 Cimg5342 Cimg5351

|

« 第19節 川崎戦プレビュー | トップページ | 後半日程発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/52348426

この記事へのトラックバック一覧です: 【第19節 川崎戦】:

« 第19節 川崎戦プレビュー | トップページ | 後半日程発表 »